「告白」を読み終えて

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

「告白」
は、本を読むのは、けっこう遅い方なんですが、この「告白」は、なんか一気に3日で読んでしまいました。
この小説「告白」は、自分の子供を 教え子に殺された女性教師が、犯人に対して復讐するお話です。
このあとは、ネタバレしないように(^^;)
最初読む前に 目次を見ると ごとに なんか短編小説の様な感じのサブタイトルが、付いていました。
「第一章 聖職者」では、森口先生の一人芝居的な感じで教室で生徒を前に たんたんと話し始め 衝撃的な「告白」を生徒の前で話す場面が、あります。
そして第一章の最後は、これで終わり!?って感じました。まだ話は、続くんですが、短編小説を読んだ感じでした。
そして 第二章以降は、この「告白」各登場人物が、ごとに入れ替わり その登場人物の視点で 話が繰り返される感じです。
なので 第一章は、森口先生の視点での話し それ以降の章は、少年Aの視点での話し 少年Bの視点での話しとこんな感じです。
なので大まかな内容は、最初にわかっているので それぞのは、同じ話の繰り返しとなる場面が多いですが、それぞれの登場人物の視点で書かれていますので なぜあの時少年Aは、ああいう言葉を 言ったのかとか ああいう行動をとったのかという疑問が その少年Aの視点での話しになった時に その謎が解けるという面白さは、あります。
こんな形式の小説なので先読みすると やっぱり最終章は、森口先生の視点に戻るんだろうなという事は、想像が、付きました(笑)
さて こういう形式で書かれている小説を 映画では、どういう風に 表現するんだろうかという興味を持ちましたので映画も見てみたいなと思いました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「「告白」を読み終えて」への2件のフィードバック

  1. 世の中こんなには病んでいないと願います
    私は読後、後味が悪くてしばらくへこみました

  2. MINT さんへ
    MINT さんも読まれましたか(^^)
    ネタバレコメントになりますが、復習の為に 直接関係のない人までが、犠牲になってしまったことは、なんかやりきれない感じですよね。
    でもホントに犯人を苦しめるには、こういう精神的ダメージを与える方法の方が、効果的かなと思いました。そして著者の湊かなえさんも少年法について 強い憤りを持っておられるのかなと思ったしだいです。

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!