我が家の昭和レトロ 『三島由紀夫』

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昭和の時代に 流行したモノや ごく当たり前の様に 目にふれて使っていたモノまたは、当時なんの関心も無かったもモノ までが、何十年も経つと それらがとても懐かしく感じられてしまいます。また それらに触れると昭和のあの頃の想い出が、頭の中に蘇ってきます。

という事で 我が家にある昭和を探してみました。

今回は、週間サンケイで 「総終版・三島由紀夫のすべて」本誌独占「最後の絶叫」という週刊誌が、出てきました!

たぶん私の父が、購入したモノでしょう!

私の父は、自衛隊の募集相談員をしていましたので三島事件には、興味を持っていたと思います。

週刊サンケイ

そしてページを開いてみると何と 5分40秒完全録音のソノシートレコードが、付録として付いていました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

ソノシートレコードを見ると 「フジテレビニュース部FNNニュースから」と書かれています。

ソノシートレコード

ソノシートレコード

1970年(昭和45年)11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内の東部方面総監室を占拠後(三島事件)、バルコニーから演説する際に撒布された『檄』(げき)は、三島由紀夫の最後の声明文。原稿用紙にして9枚ほどの長さの10段落の文章で、B4の紙2枚に三島の肉筆でびっしり書かれている。三島の死後、様々な誌面や三島論で引用されることの多い声明文である。
同書は、当日に市ヶ谷会館にて、ジャーナリストの徳岡孝夫と伊達宗克にも封書に同封されて託された。三島は、徳岡孝夫と伊達宗克へ託した手紙の中で、「同封の檄及び同志の写真は、警察の没収をおそれて、差上げるものですから、何卒うまく隠匿された上、自由に御発表下さい。檄は何卒、何卒、ノー・カットで御発表いただきたく存じます。」と、檄の全文公表を強く希望した。
『檄』は事件の後、朝日新聞で一部分がカットされた以外は新聞各紙に全文掲載されたが、直後にいち早く全文掲載したのは、週刊誌『サンデー毎日』だけだという。
【ウィキペディアより】

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!