ビットコインに価値が生まれた切っ掛け!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ビットコインは、2008年10月に、ナカモトサトシ(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文によって、提唱されました。

名前は、いかにも日本人の様な名前ですが、どこの国の人であるかもわかっていないという事です。

今やビットコインは、世界で流通するどこの国の政府も関与していない暗号通貨です。

本来ビットコインそのものにはなんの価値も持たない仮想通貨でしたが、現実世界で初めて使われたのは、2010年5月の事でした。

当時1ビットが1セント以下のレートだった時、Laszlo Hanyeczという名前のプログラマーが2枚のピザを 1万ビットコインで取引を成立させたのが最初でした。

この取引は、ほんのお遊びでの取引だったようですが、今やビットコインは、ビットコインの将来を信じている人達や一攫千金を狙う人達の需要と供給で価格が決まり世界で通用する仮想通貨でありどこの国の政府からの補償も無い自己責任の暗号通貨となりました。

ビットコイン自体が有限で2100万枚しかありませんので金の性質をデジタル化したようなものなので、「デジタルゴールド」とよばれることもあります。

ビットコインは、ブロックチェーンシステムで安全性が保たれ「分散型通貨」でもあり1個のサーバーが潰れたからなくなるお金でもありませんし「暗号通貨」なのでコピーが出来ない技術で作られているのでセキュリティ面もしっかりした暗号通貨でもあります。

英国の調査によると 大企業の56%がこのブロックチェーンの活用を検討いているという信頼性の高いシステムでもあるようです。

スポンサーリンク

今や ビットコインをはじめ いろんな仮想通貨が、仮想通貨取引所で取引されています。

東京オリンピックの年には、1ビットが、1千万円になるという情報もあります。

またそれ以上に値上がりするという情報もあります。

あなたは、信じますか?

信じる信じないは、あなた次第です!

ビットコインをはじめ仮想通貨は、自己責任の通貨でありますから購入される際は、自分でよく調べてから購入して下さい。

仮想通貨

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!