役員改選

ちょっと気になる総会の年度について!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

役員改選

4月15日(日)は、理容組合宇和島支部の総会がありました。

役員の任期は、1期3年となっています。

そして今回は、3年に一度の役員改選がありました。

宇和島支部組合では、支部長1名、会計1名、監査2名を選挙で選びます。

副支部長は、支部長の任命となります。

私は、平成21年から今まで会計を3期務めました。

それまでに自治会の会計を7年務めていたんですが、組合の会計をしなくてはならなくなった事を理由に 自治会の会計をおろさせて頂きました。

 

そしてまた今回の選挙で「会計」に選ばれ4期目(10年目)を務める事となりました。

前々から疑問に思っていた事があります。

総会の年度の表記です。

スポンサーリンク

今回の決算は、平成29年4月から平成30年3月ですので年度で言えば29年度の決算報告になります。

そして予算案は、平成30年4月から平成31年3月の30年度の30年度の予算案となります。

もし30年3月までに 総会をしていれば29年度総会となるんだと思いますが、毎年決算は3月31日〆なので 総会は、30年の4月に入ってすれば30年度総会という事でいいなか?

大概、こういう場合は、30年度総会としていると思います。

総会と言うのは、年度が終わってからするモノなのか 年度初めにするモノなのか?

組合に入ったときなど そんな事考えもしませんでしたが、会計をやり始めてなんか気になる様になりました。

総会のあとで 懇親会をしている場合もあると思いますが、その時に総会で来年度の予算案を発表すると思います。

その中には、その時にする総会後の懇親会の予算も含まれています。

そうした場合総会が、終わった後でする懇親会の予算案が、もし総会で否決されたら 総会後の懇親会は、どうなるんだろうかといつも思っていました。(笑)

今まで否決された事をありませんでしたがね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!