ヤフオク

出品者は、入札者が入札している金額がわかるんですか?

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ヤフオク

先週来店されましたお客様と話ていましたらヤフオクの話になりました。

お客様は、出品経験がないということでよくヤフオクを見ては、欲しいモノがあると落札されているという事です。

私は、お客様とは逆で 出品ばかりで落札の経験はあまりありません。

その事をお話しすると お客様より質問を受けました。

「出品者は、入札者が入札している金額がわかるんですか?」という質問でした。

どういうことかというとヤフオクをされた事のある人ならわかると思いますが、例えばデジカメが出品されていて スタート価格が5000円で出品されていたとします。

Aさんが、このデジカメを10000円までなら落札しても良いと思い入札金額に10000円の金額を入れます。

Aさんは、他に競う入札者が居なければオークション終了期日が来れば入札金額に10000円の金額を入れていますが、スタート価格の5000円でデジカメを落札する事が出来ます。

しかし他に入札者が、加わるとそこから競りが始まり5000円の価格が上がっていきます。

しかしAさんは、最初に10000円を入れてますので Aさんは、10000円を越えるまでは、何も操作しなくても自動で入札金額が、上がっていきます。

この時Bさんは、Aさんはいくらの金額を入札しているのか知りたいと思います。

お客様が、質問された事は、「Aさんが入札している10000円という金額は、出品者側にわかるのか?」という質問です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

残念ながら入札者が、いくらの金額を入札しているかは、出品者側ではわかりません。

もしこれが、わかれば出品者は、サクラを使って入札金額を引き上げる行為ができますからね。

と 答えるとお客様も納得されていました。

今度は、私の方からお客様へ質問させて頂きました。

「落札者としたら商品の発送は、元払いと着払いどちらが良いですか?」とお聞きしてみました。

すると 元払いの方が、商品が届いた時に支払いの手間がなくて良いと言われていました。

以前、私がヤフオクをしていた頃は、元払いでやっていましたが、今回からは、着払いにしています。

ヤフオクのシステムが、変わって直接本人とのやり取りが、なくなったので 説明文に発送するときの箱のサイズを書いていれば こちら側がどこから発送するかわかりますので 落札者側でいくらかかるかがわかりますし 発送するときに 送料を払う手間も省けます。

またいったんヤフオクが、中間に入り相手に商品が、届いてからの支払いになりますので送料を いったん出品者が、建て替えなくてはならなくなりますのでね。

「ヤフネコ!」を使えば送料を建て替えなくてもいいのですが、コンビニまで商品を持って居てから発送しなくてはなりませんので「ヤフネコ!」よりかは、クロネコで送る方が、私に取っては楽ですね。

また自宅から発送が、できますので入金確認後の発送が早くなりますので落札者にとっても良いと思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!