六曜

2033年旧暦問題

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

2033年旧暦問題ってご存じでしたか?

ブログで六曜についての記事を書くのにネットで調べていたら2033年旧暦問題というのに遭遇しました。

この2033年旧暦問題とは、西暦2033年秋から2034年春にかけて、日本の旧暦の月名が天保暦の暦法で決定できなくなる問題のことで1844年(天保15年)に天保暦が制定されて以来、このような不都合が生じるのは、2033年秋 – 2034年春が最初であるという事です。

旧暦(天保暦)の日付の確定の方法は、

(1)新月と新月の間を1か月とする。
(2)「その月が何月か」は春分、夏至など太陽の動きから算出される「中気」の日で決める。春分のある月が2月、夏至は5月、秋分が8月、冬至は11月とする。

など複数のルールがあるようです。

スポンサーリンク

ところが、2033年秋に、「ルールを全て満たそうとすると、『9月の次の月が11月』になってしまう」といった不具合が生じてしまうのだという事です。

これは1844年に天保暦が導入されて以来、初めての異常事態だということです。

とは言ってもこれは、旧暦の話なので 明治維新後の1872年以降は太陽暦が使用されているため日常生活に支障が生じることはありません。

ただ現在でも大安や仏滅でおなじみの六曜がカレンダーに記載されるなど日常の生活に深く溶けこんでおり、火葬場や葬儀社は、六曜の友引の日を定休日にしている場合が多いので 2033年旧暦問題が、起こると六曜を決める事ができなくなりますので 火葬場や葬儀社の定休日が、決められなくなるという不都合もおきますね。

まあ一応解決方法としては、旧暦を決めるルールを変更して対処する案が幾つかあるようですのでそれでどうにか対応させるのでしょうね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!