霊柩車が通るときは親指隠せ

日本の迷信「霊柩車が通るときは親指隠せ」

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

子供の頃「霊柩車が通るときは親指隠せ」ってよく言っていました。

隠さないと「親が早死にする」という理由だったと思います。

でも なぜ「霊柩車が通るときは親指隠せ」と言うようになったのでしょうね?

霊柩車れいきゅうしゃとは、皆さんもご存じのとおり葬送において遺体を移動させるために用いられる自動車の事です。

英国の霊柩馬車れいきゅうばしゃに起源があるとされ日本では神道や仏教の建物様式を模した宮型霊柩車と呼ばれる独特の霊柩車が用いられています。

霊柩車れいきゅうしゃの歴史は、日本では大正時代からだという事ですが、親指を隠すというのは、江戸時代からあったようです。

スポンサーリンク

昔は、亡くなって間もない遺体にはまだ成仏していない魂が宿っているとされ、その魂が親指の爪から出入りするとされていました。

その魂が、入ってこない様にするための防御策として親指を隠すようになったようです。

親指というのは、邪悪なものに狙われやすい指なんだそうです。

まあこれは、迷信であり科学的根拠はありませんが、気にされる人は、おまじないとしてやっても害はありませんのでする分にはかまわないと思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!