米

日本の迷信「ご飯を残すと目がつぶれる」

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

「ご飯を残すと目がつぶれる」と子供の頃親からよく言われた事ないですか!

家が、農業をされていたら尚更厳しく言われたんじゃないでしょうか。

私も子供の頃親から言われた経験があります。

ご飯を残したからと言って本当に目が潰れるという事はありませんが、お米を大切にする戒めからこの様に言われているんだと私は理解しています。

そこでこれについてネットで調べてみると諸説あるようです。

日本では、米は江戸時代まで税として収められ通貨そのものとしても扱われるほど貴重な存在だったので米の一粒でもお金と同じなので大切にあつかいなさいという戒めからそう言われる様になったとか

または、稲を育てて収穫するには非常に手間暇がかかる事から「米」は、漢字の成り立ちからもわかるように「米を収穫して食べるためには八十八もの手間がかかる」という事から米を大切にしなさいという戒めの意味からそう言われるようになった。

スポンサーリンク

「米は大切なモノである」という事を説いています。

目が潰れるということは、生きて行く上で物凄いハンディを負うことになります。

そこで「大事なものを粗末に扱うと自分に取って大事モノを失う」という意味から「ご飯粒を残すと目が潰れる」と言われるようになったのでしょうね。

今日の日本の迷信は、「ご飯を残すと目がつぶれる」のお話でした。

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!