海

日本の迷信 お盆に海で泳ぐと海中に引きずり込まれる!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

よく親からお盆に海で泳ぐと海中に引きずり込まれるから お盆には泳がれんって言われませんでしたか!

うちの親は、言っていましたね。

迷信でしょうけど なぜこんな事を言う様になったのでしょうかね?

ちょっとネットで調べてみました。

するとお盆の時期は、「土用波の発生」「離岸流が起こりやすい」「有毒クラゲの大量発生」そしてこれは、お客さんから聞いた話ですが、サメも多くなるようです。

こういった危険が、ちょうどお盆の時期と重なる様です。

8月は、台風が発生しやすいのでその影響でうねりの強い高さ2〜3mの「土用波」が起きるという事です。

そして「離岸流」とは、海岸から沖に向かって流れる強い引き潮のことで、一度巻き込まれたら大人でも逆らうことはできない怖い波です。

スポンサーリンク

このような怖い波に突然巻き込まれることでパニックを起こし、溺れてしまう原因になります。

そして川でも お盆の時期には危険があるようです。

川は、自分たちがいる場所とは離れた別の上流地域で大雨が降ると 川の水の量が急激に増え勢いを増して洪水のように一気に押し寄せてくる「てっぽう水」に襲われる危険があります。

また川で泳ぐ場合は、水温が低いため心臓に負担がかかり体力を奪われ、流れに飲まれて溺れてしまう危険があります。
また少し深い川になると 川の上と下で流れの違う層ができて下の方の流れが強くて足を引っ張られる様な感覚になる事があるようです。

お盆の時期は、海にしろ川にしろこの様な危険があるので 戒めとしてお盆の時期には、泳がない様になったのかもしれませんね!

今回の「日本の迷信」は、「お盆に海で泳ぐと海中に引きずり込まれる!」でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!