六曜

ごんぎつね論争

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ごんぎつね
小学校の国語の教科書童話「ごんぎつね」の物語を読んだ小学生の女の子(投稿者の姪)の感想が、2ちゃんねるのスレッドで議論を呼んでいます。
ごんぎつねの童話の内容ですが、おぼえておられますか?
両親のいない小狐ごんは村へ出てきては悪戯ばかりして村人を困らせていました。
ある日ごんは、兵十が病気の母親のために用意したウナギをわざと逃がしてしまう悪戯をします。
ところが、その後母を失って落ち込む兵十を見て あのとき逃がしたウナギは、兵十が病気の母親のために用意していたものだと悟り、ごんは後悔し反省して償いのために魚や栗を兵十の家に届けはじめます。
しかし、そうとは知らない兵十はごんが、また悪戯をしにきたのだと勘違いし、ごんを火縄銃で撃ってしまいます。
そこではじめて兵十は、ごんが食べ物を運んでくれていたことに気付くというお話です。
ごんぎつね
私もこの話は、小学校の国語の授業で習いました。
私は、ごんぎつねを読んで「ごんは、かわいいそうだなぁ」と思いました。
多分みんなも同じ感想だと思います。
でも この投稿者の姪の小学生の女の子の感想は、
「やったことの報いは必ず受けるもの」
「こそこそした罪滅ぼしは身勝手で自己満足でしかない(兵十はごんの反省を知らないのだから)撃たれて当たり前 」

シビアな感想を抱いたようです。
この感想が学校で物議を醸しているそうで、2ちゃんねるのスレッド内でも大きな議論に発展しているそうです。
小学生の女の子が、そこまで考えれるのかとへんに関心してしまうと言うか 言われてみればそれはそれで筋は、通っていますけどね。
みなさんは、どう思いますか?

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ごんぎつね論争」への8件のフィードバック

  1. ゴンがかわいそうだと思う人は、ゴンの様な過去を持ってるってことでしょうか。
    私にはゴンがかわいそうでなりませんが、過去の罪が許されないなら撃たれる事で償うしかないのかもしれません。
    あるいはゴンは、そうなる事を予感して、なお且つ兵十の前に姿を現したのでしょうか?
    死を以て償ったゴンを、どうか許してやってください。

  2. まーきみ。さんへ
    まーきみ。さんらしいコメントありがとう御座いました。
    この小学生の女の子が、こういう感想を持つのは、今の学校のいじめ問題の影響が、あるのでしょうかね?
    もしこの小学生の女の子が、いじめにあっていたとしたら こういう気持ちを持つのも納得出来るような気がします。

  3. この女の子は悪さをした経験がない真面目な人なので罪を犯した人の気持ちが解らないのだと思います。この物語のテ-マは罪と罰
    たまに話題になる死刑制度を考える上でも参考資料なるかも

  4. 「ごんぎつね」全体図を見たら、因果応報ですよね。
    悪戯好きなごんぎつねの改心が、兵十に伝わらなかったのはかわいそう。
    でも兵十の思い込みは、他の村人だって思ってしまいます。
    兵十に見つかるタイミングが…もし、ずれてたら仲良くなって幸せに暮らす未来もあったかもしれない。
    フランダースの犬だって、みんなに認められるタイミングが悪く…最後にネロは天国に旅に出た。

  5. まーきみ。さんへ
    悪さをした経験がない真面目な人は、こういう考え方になってしまうんですかね。
    罪と罰をテーマに考えるなら裁判員になられた人に この物語の感想を聞くのもいいかもしれませんね。

  6. 性格がマイペース さんへ
    タイミングは、大切ですね。
    タイミングしだいで 人の人生もどう変わるかわかりませんからね。

  7. そうなんですよね!
    あの時のアレがって、気がつくのが遅いと、人生左右する事もあるんですよね。
    はぁ~ごんぎつね…深い

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!