六曜

「令和」に待った! 元号差し止め求め提訴する面倒さい面々!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

4月1日には、 新元号は「令和」と決まり5月1日に施行されます。

その新元号に西暦との照合が面倒になるなど、国民生活の隅々に及ぶ不便が懸念されるとして 3月27日、天皇の即位のたびに元号を制定するのは憲法の精神に反するとして、国に元号制定の差し止めを求める訴訟が東京地裁に起こされました。

原告は矢崎泰久さん(86歳)と弁護士の山根二郎さん(82歳)、会社役員で元国家公務員の北原賢一さん(70歳)の3人が訴訟を起こしたという事です。

元号の制定を違憲とするこうした訴訟は初めてのことだという事です。

弁護士の山根さんの主張は、「元号の制定は国民が個々に有する『連続した時間』を切断・破壊するものだ」と述べています。

頭の良い方の言われる事は、私のような凡人にはよく理解できません!

これを わかり易く説明するとこういう事のようです。

すなわち、国民は西暦を時間の尺度とする「世界史の時間」に自分の個人史の時間を重ね合わせて生きている。元号の制定はこれを「天皇在位の時間」に閉じ込めてしまうものであり、それは日本国憲法第13条が保障する個人の尊厳を侵害するとの主張である。世界中で日本にしか残ってないとされる元号制によって自己存在の根源をなす時間の意識を損なうことはアイデンティティ(自己同一性)を基底とする人格権への重大な侵害である!

ということだそうです。これもやっぱり理由がよくわからんですね(^^;)

元号の制定はこれを「天皇在位の時間」に閉じ込めてしまうものであり、それは日本国憲法第13条が保障する個人の尊厳を侵害すると主張しているようです。

元号が、天皇の時間というのであれば 「世界史の時間」西暦 は「キリストの時間」になるんじゃないですかね?

キリストの紀元の 「キリストの時間」 西暦であれば 日本国憲法第13条が保障する個人の尊厳を侵害することにはならないんでしょうか?

それは、おかしいですよね!

「天皇の時間」元号は、駄目というのであれば「キリストの時間」西暦も否定するべきではないでしょうかね?

スポンサーリンク

また 世界中で日本にしか残ってないとされる元号制によって自己存在の根源をなす時間の意識を損なうことはアイデンティティ(自己同一性)を基底とする人格権への重大な侵害である!

これも凡人には、わけがわかりません。

世界中で日本にしか残ってないとされる元号制 だからこそ日本の文化として大切に守っていくべきモノじゃないのと思うのですがね!

なぜ 元号制によって「自己存在の根源をなす時間の意識を損なう」ことになり「アイデンティティ(自己同一性)を基底とする人格権への重大な侵害」になるのかもよくわかりません。

あなたは、わかりますか?

元号制によって「自己存在の根源をなす時間の意識を損なう」ってどういう事?

元号制は、 「アイデンティティ(自己同一性)を基底とする人格権への重大な侵害」 ってどういう事?

私には、理解不能です。

ただ単にこの人達は、元号を言い訳に本当は天皇制が嫌なだけなんじゃないですかね!

それならそれで元号が、どうのこうのという姑息な事を言わずに「天皇制反対」と主張する方が潔いのではにですかね!

日本には、言論の自由が認められていますからどっかの国の様に処刑される事はありませんからね(笑)



LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!