六曜

池袋暴走死亡事故!逮捕されず容疑者扱いされなかった加害者への風当たり!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

東京・池袋で 87歳の男性が運転する乗用車が 暴走し母子がはねられて母子2人が死亡するという悲しい事故が起きました。

運転していた加害者は、病院より運転を止められていたにも関わらず運転をしての事故だったようです。

加害者によると「アクセルペダルが戻らなかった」と説明しているようですが、警察の調べでは、車に異常は見られなかったという事でした。

この事故を起こした加害者が、ネットよりバッシングを受ける原因となったのは、今回の事故により自分も入院する事になりそのため警察も加害者を逮捕をしなかったことにあります。

逮捕されなかった事により新聞やテレビニュースでの報道では、加害者を 「容疑者」という呼称を使わず多くのマスコミ各社は「…さん」や「…元院長」といった一般的な呼び方で報道をした事です。

この二つの要素が、世間に不信感を抱かせる結果となりました。

そのため池袋暴走死亡事故のニュースを見た人達は、死亡事故を起こしているのに「なぜ逮捕されないの?」「なぜ容疑者と言わないの?」という不信感を持ちました。

普通は、事故を起こせば逮捕されニュースでは「容疑者」として報道されるものと世間一般ではそう思われていたからです。

私もそう思っていました。

この不信感から世間が池袋暴走死亡事故に関心を集めるきっかけとなりました。

そして第2報のニュースで事故を起こした男性が、元官僚であったという事が報道されました。

池袋暴走死亡事故を起こした加害者に対して 「なぜ逮捕されないの?」「なぜ容疑者と言わないの?」 という不信感を持っていた人達は、「元官僚」である事を知り 人間というのは不公平感を一番嫌いますから 「元官僚」だから逮捕されないんだという不公平感の思い込みからバッシングに繋がったんだと思います。

スポンサーリンク

一般庶民からすれば「官僚」は特権階級的存在という意識があり裏で本人の都合の良い事ができるんだという想像をしてしまうんだと思います。

だからネットでは、元官僚の加害者に対して「上級国民」と揶揄されていました。

もし今回の池袋暴走死亡事故で警察が「加害者を逮捕」して新聞やテレビニュースで「容疑者」として報道されていればネットでバッシングされる事もなく事故を起こした加害者も今のように注目を集める事もなく起訴され裁判で裁かれるという普通の流れで事が進んで行ったのだと思います。

その証拠に大津の園児死傷事故の加害者は、 池袋暴走死亡事故の加害者のような注目はされていません。

最初の報道の中で「なぜ逮捕されないのか」 「なぜ容疑者と言わないのか」という不信感を抱かせる疑問についての説明を 丁寧 に していれば世間も「元官僚」だから特別なんだという想像はしなかったのかもしれません!

警察が逮捕しなかった理由については、「証拠隠滅の恐れが無い」「逃亡の恐れが無い」「高齢である」この理由で逮捕せず任意での取り調べになっているという事です。

報道関係が、「容疑者」としなかったのは、逮捕されていない場合は、「容疑者」としないという取り決めがあるようです。

これらの事が、世間一般に知られていなかった事が「元官僚」だからというバッシングに繋がったんですね!

もしこれが、「元官僚」ではなく「元会社員」とか「自営業」だったらまた「元官僚」とは、違った風当たりになっていたかもしれませんね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!