Canon EOS M10

YouTube撮影用カメラ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ブログの企画( 私YouTuber(ユーチューバー)になります! )として動画をYouTubeに投稿して行き登録者数1000人と年間動画総再生時間4000時間をクリアしてYouTube審査に合格する事ができるか?をテーマにしてこの様子をブログで紹介してみよという企画を考えています。

そこで今回は、YouTubeの動画撮影用のカメラをどうしようかなと考えています。

最初は、iPhoneで撮ろうかなと思っていましたが、 iPhoneのカメラの解像度がフロントカメラとバックカメラで違う という事なんですよね。

バックカメラの方が、解像度がよくてフロントカメラは、解像度が落ちるようです。

解像度の良いバックカメラで撮影すると自分の姿をモニターする事ができないのでちょっとやり難そうな感じがします。

かと言ってフロントカメラにすると解像度が落ちるということなんですよね。

その理由は、 フロントカメラは自撮りなどに使われることが一般的ですので自分の顔などをメインに、近い距離のものを映すのが前提になっています。そのため解像度がそれほど高くなくても鮮明な写真が撮れるためフロントカメラの解像度は落としてあるようです。

もしYouTube撮影を前提で撮る場合は、絶対フロントカメラを 使って自分を映し確認しながら撮る方が撮り易いですよね。

iPhoneのフロントカメラで撮ると解像度が落ちるという事なのでカメラは、デジカメまたは、ビデオカメラを使う方が良いかなと思いました。

どうせならできるだけ綺麗な画像で動画が、撮れる方が良いと思いますので。

私が、YouTubeを観るにしても荒い画像より綺麗な画像で観たいと思いますしね。

スポンサーリンク

そこで思いついてのが、次女が持っているデジタルカメラを貸して貰う事を思いつきました。

次女が持っているデジカメは、ミラーレス一眼カメラの キャノンEOS M10です。

これならモニターも被写体方向に反転させる事もできますのでね。

そして次女にも貸し貰える同意も取れました(^^)

これで撮影用のカメラが決まりました。

ただこのデジカメには、照明を取りつるところが無いようです。

照明は、別の場所に設置しないとダメですね(^^;)

やはり家の中で自撮り撮影するときは、照明がないと顔に影ができて印象が悪く映る可能性もありますからね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「YouTube撮影用カメラ!」への1件のフィードバック

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!