GO:MIXER

私YOUTUBER(ユーチューバー)になります!その4「GO:MIXERが届きました!」

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

iPhone6とデジタルピアノをLINEケーブルで繋いでピアノで演奏する様子をiPhone6で撮影しながら周りの音が入らないようにピアノの音だけを映像に取り込む何か良い方法がないかを探していました。

それをネットで探していると 私の求めている製品がローランドから出されていました。

ローランドの「GO:MIXER (ゴー・ミキサー)」というスマホ用のミキサーです。

この GO:MIXER は、iOSとアンドロイド両方に対応していていますので私の使ってるiPhone6でも簡単にデジタルピアノの演奏を撮影しながら同時にピアノの音だけを一緒に録音できる製品である事が、製品説明動画で確認ができましたので直ぐにAmazonで注文しました。

Amazonに出品されていた価格は、10,131円でしたのでその商品を購入しました。

GO:MIXER

標準価格は、 11,000円前後だと思います。

この GO:MIXER の製品コンセプトは、 動画共有サービスやSNSに「演奏してみた」「歌ってみた」動画をアップしているアマチュアのミュージシャンに向け られて作られた製品ということもあり簡単にスマホで楽器の音を取り込みながら撮影ができるようになっています。

GO:MIXER が、届きましたので早速デジタルピアノに繋いで試してみました。

箱をあけるとiPhone用のケーブルとアンドロイドのケーブルが同梱されていました。

GO:MIXER

繋ぎ方は、デジタルピアノのLINE OUTのⅠとⅡから2本のLINEケーブルで GO:MIXER のキーボードのRL入力へ繋ぎミキサーのUSBからライトニングケーブルでiPhone6に繋ぎます。そしてミキサーのモニター端子へiPhoneのイヤホンをさしてピアノの音を聞きます。

GO:MIXER

実際に撮影するとバッチリ周りの音が入る事なくピアノの音だけを録音して動画の撮影ができました。

これでまた一歩前進です。

せっかくなので GO:MIXER の説明をしておきます。

ROLAND GO:MIXER スマートフォン用 オーディオミキサー

スポンサーリンク

GO:MIXER を実際に手に取ってみると小さくて軽くズボンのポケットにも入りますので持ち運びにもとても便利です。

GO:MIXER は、スマートフォンの電源を供給して使うタイプとなっていますのでACアダプターや電池は必要ありません。

なのでデメリットとしては、 GO:MIXER に電源を供給しながら使用するのでスマホのバッテリーの減りが通常より早くなります。

YouTubeライブ配信で使う場合は、途中でスマホのバッテリー切れを起こす可能性もありです。

GO:MIXER へのインプットは、キーボード入力に最適なTSフォンタイプ入力を1系統、ミニステレオ入力を2系統、入力1には、センターキャンセルも装備されています。

TSフォンタイプ入力とギター入力を装備(ハイインピーダンス入力に対応)、アウトプットには、スマートフォンへステレオ出力USB(Bタイプ端子)とヘッドフォン用のミニステレオアウトを装備しています。

iOSとアンドロイドに対応する2種類のケーブルが、標準で付属されていますので 買ってすぐに使えます 。

iOS には、MFI認証取得のライトニングケーブルを アンドロイド用には、マイクロUSB OTGケーブルが、付属されています。

アンドロイドスマホには、 ステレオ録画を可能にする専用アプリが用意されているそうです。

ただしアンドロイドでは、機器によって制限があるので使えないスマホもあるという事ですので購入する際は、互換表を確認する必要があるようです。

以上 GO:MIXER の説明 でした。

 

私YOUTUBER(ユーチューバー)になります!その5「百均で材料調達700円でピアノの俯瞰撮影を実現!」

YouTubeマイ動画視聴回数の多い順位

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「私YOUTUBER(ユーチューバー)になります!その4「GO:MIXERが届きました!」」への1件のフィードバック

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!