六曜

5月25日でマイナンバー通知カード廃止!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

マイナンバーカードを持って居る人って 国民全体のたった16%ほどしかまだ持っていないということです。

残りの国民は、紙でできたマイナンバー通知カードのままということです。

そんな中で令和2年5月25日で法律の改正により、マイナンバー通知カード廃止となることが1年前の2019年5月にすでに決定されていました。

なので2019年の5月から2020年5月25日までに マイナンバー通知カードからマイナンバーカードに移行しましょうという期間だったんですね!

それでは、マイナンバー通知カードが廃止されたらどうなるのか?

廃止されると、通知カードの再交付申請及び住所・氏名等券面変更等の手続きができなくなります。

ということで廃止といっても 住所の変更が無い!とか氏名の変更が無い!というこの条件にあてはまらなければ これからも通知カードは使えるという事ですね!

あと新しく生まれた子には、マインバーだけが送られるということです。

あと、マイナンバーカードの申請は引き続き可能です。

スポンサーリンク

通知カード廃止後であっても、通知カードに同封された交付申請書を持っている場合は、スマホやパソコンでマイナンバーカードのオンライン交付申請が可能です。(改姓や転居等で通知カードの記載事項に変更がある場合でも可能です。)

それでは、これからのマイナンバー通知カードのデメリットとしてはどんなことがあるのでしょうか?

住所など変更があった場合は、通知カードをマイナンバーを証明する書類として利用できなくなります。

なので住所が変わればマイナンバーと住所が紐づけられないのでこれを使ったサービスが受けられなくなります。

ということは、今回のような10万円の給付が受けられなくなるという事ですね!

令和2年5月25日以降 もし住所が変わる場合はマイナンバーカードを早く作っておく方が良いですね!

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!