六曜

岸田文雄首相が尖閣諸島「石垣市の上陸申請を認めなかったワケ」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

岸田文雄首相は12日の衆院代表質問で、沖縄県石垣市が尖閣諸島の字名「登野城」から「登野城尖閣」に変更に伴う行政標柱ぎょうせいひょうちゅう設置のため上陸許可を求めた申請を、政府が不許可としたことに関し「総合的に勘案した結果、上陸を認めないこととしている」と説明したそうです。

岸田文雄首相も首相の立場としては、中国と問題を起こしたくないでしょうからね!

「触らぬ神に祟りなし」とも言いますからね。

でももう祟られていますけどね。

日本国民からすると政府に対して弱腰と言いたくなりますよね。

でも許可して中国が、強硬に出てきた場合、日本は現行の防備で中国からの侵攻を自力で防げるのですか?

という事になりますよね。

もし日本政府が、尖閣諸島の字名変更に伴う行政標柱設置のため上陸許可を求めた申請を、許可したら中国は、黙ってはいないと思います。

今まで以上に日本に対してプレッシャーをかけてくるでしょうね。

日本に中国からのプレッシャーを 跳ね返す力はないという岸田文雄首相は考えたんでしょうね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そりゃそうですよね。日本は、軍隊もないし憲法9条もあるしアメリカ抜きでは、日本は自力で中国に対して対抗できるのか?と考えたら無理っぽいと考えますよね。

中国は日本と違って他国へ侵攻する法整備も軍備も整っていますからね。

アメリカとしても日本から尖閣の事で中国を刺激するような事はするなという事を言われているのかもしれませんしね。

いや絶対に言われてるんでしょうね!

そんな事を考えると岸田文雄首相も許可は出せないという考えになりますよね。

もしこの状況を打開したいのであれば憲法9条を破棄して日本も世界が持つよな普通の軍隊をもち自分の国は自分で守れるようにするんだというように日本国民も腹をくくらないと政府の弱腰は、続くでしょうね!

良い例が、竹島ですね。

竹島は、戦後日本は軍隊を解体され自国を守れない状況のときに竹島は、韓国に奪われてしまいましたから軍隊が、無いという事は、領土を奪われるという良い例となっています。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!