六曜

現代中国語の7割は日本語

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近よく李姉妹りしまいのYouTubeチャンネルを見ています。

李姉妹りしまいは、日本在住の中国人姉妹YouTuberです。

最初は、普通に日本語を話していたので中国人とだとは思わず日本人YouTuberかと思って見ていました。

すると片方の女性は、中国語がうまいので日本人と中国人でYouTubeをやっているのかなと思うようになりました。

よくよく調べてみるとYouTubeチャンネルに姉妹と書いてあったので中国人の姉妹だということがわかりました。

今回紹介するのはその中国人YouTubeが紹介していた和製漢語の動画のことを 紹介したいと思います。

もともと漢字と言うのは中国から日本に伝わってきましたが、日本人はその漢字を使いこなしてくると和製漢語を作るようになりました。

中国語(古典中国語および白話)の造語法に基づきつつも、ときには日本語特有の要素(和臭)を交えてつくられた造語で古くから例がありますが、特に幕末明治以降、西ヨーロッパ由来の概念を表すために翻訳借用語としてつくられたようです。

「和製漢語」の意味する範囲は論者によって様々であり、統一見解はなく「共和のように、古典中国語に用例があっても、日本人が新たに近代的概念・意味を加えて使用するようになった場合も和製漢語に含めることがあります。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

たとえ純漢語であっても日本で何らかの意味変化をしているため、意味の拡張だけで和製漢語に認定することには慎重な立場もあるようです。

和製漢語は特に近代以降中国に逆輸出されたものも少なくありません。

中国が近代化を遂げる過程で特に日清日露戦争前後に中国人留学生によって日本語の書物が多く翻訳されたことが大きいとされています。

中国語になった和製漢語の例どうして「意識」、「右翼」、「運動」、「階級」、「共産主義」、「共和」、「左翼」、「失恋」、「進化」、「接吻」、などがあります。

和製漢語が多すぎて中国人は、それらを使わないと日常会話ができないとまで言われているようです。

ある時、日本の知的財産権を侵害する中国に憤りを感じた日本人が「中国は日本に知的財産の対価を支払うべきだ」と言ったところ「それならば日本は中国に漢字の使用料を払え」と言い返されたそうです。

しかし、現代中国語の7割が日本から輸入された言葉だと知れば、少なくとも漢字の使用料に関しては、中国人も何も言えないでしょうね!

下記は和製漢語のほんの一例です(Wiktionary 和製漢語より)

暗示、意識、遺伝、入口、右翼、運動、栄養、演出、演説、鉛筆、温度、階級、会計、概算、回収、会談、概念、解放、科学、活躍、化膿、環境、関係、間接、簡単、幹部、議員、議院、議会、企業、喜劇、気質、基準、規則、基地、規範、義務、共産主義、協定、業務、教養、共和国、記録、金額、銀行、金融、空間、偶然、組合、軍国主義、計画、計器、景気、経験、経済、経済恐慌、警察、芸術、系統、経費、劇場、化粧品、決算、権威、現役、現金、原作、現実、現象、原則、建築、原理、講演、効果、抗議、工業、広告、講座、交際、光線、交通、肯定、公認、高利貸、効率、小型、国際、克服、故障、固定、債券、財閥、債務、作者、作家、雑誌、左翼、紫外線、時間、茂樹、施行、施工、市場、指数、思想、実感、実業、失効、実績、質量、失恋、指導、支配、資本、社会、自由、宗教、集団、終点、就任、主観、出発点、出版、蒸気、乗客、商業、証券、条件、常識、承認、消費、情報、私立、資料、進化、人権、信託、新聞記者、人民、信用、心理学、侵略、制限、政策、清算、生産、精神、性能、積極、絶対、接吻、繊維、選挙、宣伝、総合、想像、速度、体育、退化、大気、代議士、対局、対象、体操、代表、立場、棚卸、単位、探検、単純、蛋白質、知識、抽象、直接、定義、出口、哲学、電子、電車、伝染病、電波、電報、展覧会、電流、電話、動員、投資、独裁、図書館、内閣、内容、日程、任命、熱帯、年度、能率、背景、派遣、覇権、場所、発明、反響、反射、反対、反応、悲観、悲劇、美術、必要、否定、否認、批評、備品、評価、標語、広場、舞台、物質、物理学、不動産、文化、文学、分子、分析、分配、文明、方案、方式、放射、方針、法人、法則、方程式、法律、保険、母校、保障、本質、漫画、蜜月、密度、民族、民放、無産階級、明確、目的、目標、唯物論、輸出、要素、拉致、理想、理念、了解、領海、領空、領土、理論、倫理学、類型、冷戦、歴史、労働組合、労働者、論理学
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!