六曜

チャットGPTを駆使して書いた小説が芥川賞を受賞!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

芥川賞に決まった九段理江さん(33歳)が、対話型生成AI「チャットGPT」を駆使して受賞作「東京都同情塔」を書いたと発言したことで海外からも注目されています。

チャットGPTを使って小説を書くことについて、私が思う事は次の通りです。

小説を書くためにチャットGPTを活用することは、非常に面白くて創造的な試みだと思います。

このAIモデルは、様々なジャンルやテーマに対して文章を生成できるため、小説のキャラクターやストーリーテリングを考える際に役立つと思います。

ただし、欠点もあると思います。

チャットGPTはあくまでプログラムですから人間の作家さんのような感情や直感を持たないため、キャラクターの深層心理や複雑な人間関係を描くのはちょっと難しいのではないでしょうか?

また、自動生成された文章はチャットGPTのスタイルがあるので その作家さんの個性や文体を再現することは難しいと思います。

その作家さんの書いた作品をチャットGPTが、学習すればその作家のさん個性を再現できるようになるのかぁ?

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

チャットGPTの重大な欠点は、情報の正確性だと思います。

間違った情報を学習してしまってる可能性もありますよね。

またネットの情報を学習していますのでチャットGPTの文章をそのまま使うと著作権に引っかかる可能性もあるかもしれません。

まぁアイデアの種を提供してくれる存在として利用するのであれば、チャットGPTは素晴らしいツールだと思います。

最終的には、作家さんの創造力とチャットGPTの能力を組み合わせて、新しい形の小説を生み出すことができるようになれば最高ですね!

これは、作家さんが、いかにチャットGPTを上手く使いこなせるかにかかってるのではないでしょうか!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!