日本に緑色の毒グモがいた!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

親から
「朝のクモは、殺しては、いけない!夜のクモは、殺しても良い!」
こんな事を 聞かされた経験は、ありませんか?
このクモは、よく家にいる「アシダカグモ」の事です。
あの茶色い足の長いやつです。 気持ち悪いので 画像は、載せません!
いったい何故 朝のクモは、殺しては、いけないのか?
何故夜のクモは、殺してもいいのか?
この事を ネットで検索していたら 日本にも 毒を持ったクモが、居るという記事に目がとまりました。
今まで 日本には、毒グモは、いないと思っていましたので ビックリでした。
何年か前に 外国から 日本に侵入してきた セアカゴケグモ(毒グモ)が、問題になりましたが、これとは、違う日本在来の毒グモが、いるそうなんです。
その 毒グモの 名前が、「カバキコマチグモ」だそうです。
樺黄小町蜘蛛(カバキコマチグモ)
樺黄小町蜘蛛カバキコマチグモ、学名:Chiracanthium japonicum)
日本全土に生息するフクログモ科コマチグモ属に属するクモ。
体長は10~15mmほどで、雄の方が小ぶり。オレンジ色の体色からカバキの名前がある。足には黒色の毛が密生し先端は黒い。黒く大きな顎を持つ。在来種でもっとも強い毒を持ち、咬傷事故が問題になる数少ないクモだそうです。
孵化(ふか)した子グモたちが母グモの体を食い尽くすことでも知られているそうです。
本題と ずれてしまったんですが、
「朝のクモは、殺しては、いけない!夜のクモは、殺しても良い!」
これの ホントの理由は、何なんでしょうね?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「日本に緑色の毒グモがいた!」への6件のフィードバック

  1. ふじまさんへ
    ふじまさんのとこでは、夜のクモのことは、言われなかったですか。
    これも調べてみると 地域によって逆を言うところもあるみたいです(^_^;)
    そうそう昔、幼稚園だったか小学生だったかその頃
    ふじま君の 家に遊びに行った時に ふじま君の長靴の中に
    クモが、入っていてそれを知らずに ふじま君が、履いてあわてて脱いだら長靴の中から 大きなクモが、逃げて行ったのを覚えています(;゜0゜)

  2. ふじまとこてて…
    家は、真向かいでしたがなwww
    そう、あの長靴から出てきたタランチュラに足を噛まれた瞬間から、世界で唯一、あの種族だけが苦手になりました?

  3. ふじまさんへ
    私も あれいらい靴を はく時に 何か入って無いか気になる様になりました(^^;)

  4. 昭和の家では、でっかい蜘蛛が天井とか走り回ってましたね。
    庭には必ずジョロウグモがいて、友達のとこの蜘蛛と大きさを競ってました。
    ワタクス、ハエトリ蜘蛛は好きです。
    役に立ちます(^_^)v

  5. まあくんさんへ
    家に 住むクモは、ハエトリグモだけに して欲しいですね(^_^;)

まあくん にコメントする コメントをキャンセル