からゆきさん

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

からゆきさん

からゆきさん(唐行きさん)って知ってますか?

19世紀後半に、東アジア・東南アジアに渡って、娼婦(売春婦)として働いた日本人女性のこと言います。

とくに長崎県島原半島・熊本県天草諸島出身の女性が多く、その海外渡航には斡旋業者(女衒)が介在していました。

唐行きさんの「唐」は、ばくぜんと「外国」を指す言葉だったそうです。

からゆきさんとして海外に渡航した日本人女性の多くは、農村、漁村などの貧しい家庭の娘たちでした。

貧困が、こういう悲劇を生むんですね。

彼女たちを海外の娼館へと橋渡ししたのは嬪夫(ピンプ)などと呼ばれた斡旋業者、女衒たちでした。こうした女衒たちは貧しい農村などをまわって年頃の娘を探し、海外で奉公させるなどといって、その親に現金を渡し女衒たちは彼女たちを売春業者に渡すことで手間賃を得てました。

こうした日本人女性の海外渡航は、当初世論においても「娘子軍」として喧伝され、明治末期にその最盛期をむかえましたが、国際政治における日本の国勢が盛んになるにつれて、彼女らの存在は「国家の恥」であるとして非難されるようになり1920年の廃娼令とともに海外における日本人娼館も廃止されました。

多くが日本に帰ってきましたが、更生策もなく残留した人もいたようです。

第二次世界大戦後、からゆきさんの存在「戦前日本の恥部」として一般に知られることは少なかったようですが、1972年の山崎朋子『サンダカン八番娼館』の出版によって広く知られるようになり、以後、からゆきさんについてのルポルタージュや研究書が現れました。

からゆきさんの主な渡航先は、中国、香港、フィリピン、ボルネオ、タイ、インドネシアなどアジア各地で特に当時、アジア各国を殖民支配していた欧米の軍隊からの強い要望があった所へ多く派遣されました。

昔は、欧米の軍隊から日本人娼婦(売春婦)の要望が強かったんですね!

また、さらに遠くシベリア、満州、ハワイ、北米(カリフォルニアなど)、アフリカ(ザンジバルなど)に渡った日本人女性の例もあるそうです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

20世紀後半、逆に日本に渡航し、ダンサー、歌手、ホステス、ストリッパーなどとして働いた外国人女性は(唐行きさん)を文字って「ジャパゆきさん」と呼ばれていました。

からゆきさんの労働条件ですが、からゆきさんとして有名な北川サキさんの、大正中期から昭和前期のボルネオの例では、娼婦(売春婦)の取り分は50%で その内で借金返済分が25%、残りから着物・衣装などの雑費を出すのに、月20人の客を取る必要があったようです。 「返す気になってせっせと働けば、そっでも毎月百円ぐらいずつは返せたよ」というから、検査費を合わせると月130人の相手をしていた様です。

(フィリピン政府の衛生局での検査の場合、週1回の淋病検査、月1回の梅毒検査を合わせると、その雑費の二倍が娼婦負担にさせられていたという事です。)

普段の客はさほど多くなかったということですが、港に船が入ったときが、どこの娼館も満員で、一番ひどいときは一晩に30人の客を取ったという娼婦もいたとか。一泊10円、泊まり無しで2円。客の一人あたりの時間は、3分か5分、それよりかかるときは割り増し料金の規定だったそうです。

一人あたりの時間は、3分か5分ですかぁ!

現地人を客にすることは好まれず、かなり接客拒否もできたようですが しかし、月に一度は死にたくなると北川サキさんは、感想を語り、そんなときに休みたくても休みはなかったということです。

もし今の慰安婦問題の様に 「からゆきさん」も問題になったとしたら 「月に一度は死にたくなると感想を語り、そんなときに休みたくても休みはなかった」という事から 今の慰安婦問題からこれも性奴隷だと認定されたでしょうね!

ウィキペディア参考
『サンダカン八番娼館 望郷』(サンダカンはちばんしょうかん ぼうきょう)は1974年の日本映画。熊井啓監督。東宝、俳優座製作。

原作はノンフィクション作家・山崎朋子の『サンダカン八番娼館-底辺女性史序章』(初版1972年)。このノンフィクション作品は、明治時代に天草からボルネオのサンダカンにいわゆるからゆきさんとしてわたった女性への聞き取り調査を基にしている。

映画でも、太平洋戦争後、天草で貧しい暮らしをおくる元からゆきさんの姿と、その回想のなかで語られる過去のボルネオの娼館での暮らし、そして現在のボルネオに残るからゆきさんの墓を訪ねるくだりなどが原作に忠実に描かれている。戦後、「戦前期日本の恥部」として一般に知られることが少なかったからゆきさんの実像を描き出したとして、原作・映画とも、さまざまな問題を投げかけた話題作であった。元からゆきさんを演じた田中絹代は、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。

サンダカン八番娼館 望郷【期間限定プライス版】 [DVD]

サンダカン八番娼館 望郷 [DVD]

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!