宇和島に15mの津波が!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今日のブログは、近所に住んでおられる人で 消防署を定年退職されました中田義秀さんが、是非皆さんにお伝えしたい事が、あるという事ですので これより下記は、中田さんよりのメッセージを紹介致します。
【中田義秀さんよりのメッセージ】
中田義秀消防士
消防署勤務時代の中田義秀さん
私は、消防士をしていました中田義秀と申します。
今回は、セイコウさんのブログを おかりして私個人からの南海地震についてのメッセージを 伝えさせて頂きます。
私は、消防署に勤めていた時に南海地震の警防活動をしていました。
その時に海抜20m以上の場所に津波より避難する一時避難場所を 宇和島市500箇所に設定しました。
最近宇和島に昔から住まわれている高齢者5~6名の人から明治時代に宇和島の上保田まで津波が、来たとの話を聞きました。
その大きさは、約15mぐらいの大津波だった様です。
今度、南海地震が、起きた時には、過去宇和島にも この大きさの津波が、来たという事を 想定に入れておかなくてはなりません。
しかしながら 津波に対する市のリーダーや市民の危機意識が、とても低いというのが、今の現状の様ですのでせっかく設定した避難場所もこれでは、意味を持たなくなります。
もし津波が、来た時には、「ここは大丈夫だろう」という希望的観測は、せずとにかく避難場所へ避難してください。
南海地震はいつ何時に起きるかわかりません。皆さんは、自宅または、会社や職場地区の避難場所が、何処にあるかご存知でしょうか?
もし知らない方が、おられましたら市役所や消防署または、自治会に問い合わせ いざという時に非難できるように把握しておいて下さい。
また家族でもこの事についてしっかり話し合い 子供さんが、一人で外に遊びに出ている時などに もしもの事が起きた場合には、高台へ避難するようにと 日頃から子供さんに教えておいて下さい。
一時の迷いが、あとで取り返しの付かない事となりますので 日頃よりしっかりと危機意識を 持っていざという時には、素早く避難行動が、取れる様にしておきましょう。
まだまだお伝えしたい事は、御座いますが長くなりますのでここまでで留めておきます。
最後までお読み頂ありがとう御座いました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「宇和島に15mの津波が!」への8件のフィードバック

  1. 避難所がどこにあるかさえわからないのが現実(★`-ω-)ゞ いざって時、間違いなくパニックですね(★`-ω-)ゞ

  2. セイコウさん、貴重なお話をアップしていただきありがとうございます。
    以下、田中様へ
    3・11津波警報の時、宇和島ではわざわざ海の近くに見物に来た人も多数見かけました。
    一方、愛南町では、多数の方が防災無線の呼びかけに、救難袋を持って速やかに高台に避難し、解除までおられました。
    中田様にはこれからも、ご指導を宜しくお願いします
    ところで、うちの近くも高齢者が増え、救急車にお世話になる事がしばしばあります。
    その折、道が狭い事もありますが救急車の方向転換を見ていていささか不安になる事が何回かありました。
    どうか、救急隊員各位に於かれましては、運転技術の向上にもご尽力いただきたいと思います。

  3. 貴重な情報です。
    いろんな説がありますが、防災現場を退職された方からの情報は非常に信憑性が高いです。
    ここらは瀬戸内海という感じですが、よく考えると宇和島は太平洋なんですよね。
    20m以上というと、山の多い宇和島でも限られた地域になるのでは?
    私が住んでた運転区横だと10mも無いと思います。
    赤染様はセーフですね。
    松山は内海だし佐田岬という堤防があるので津波は来ないという人がいます。
    私はこれこそ想定外になる話しだと思っています。

  4. 結婚する前の避難所は知ってましたが、結婚して引っ越してからは、どこが避難所なのか わかりません(-_-;)
    調べておかないと いざという時、困りますね(^^;)

  5. ぼやっき さんへ
    早速 避難場所確認して もしもの時は、子供さんだけの時でも 逃げられる様に 子供さんにもしっかり教えておきましょう。

  6. まーきみ。さんへ
    中田さんへ まーきみ。さんのコメントをお伝えしておきます。(^^)

  7. まあくんさんへ
    日本は、周囲を海で囲まれている国ですから 海に面している 市や町の場合想定外の津波もあるかもしれないと想定しておく方が、いいでしょうね。

  8. 未来さんへ
    生まれてくる子供さんの為にも 避難場所は、把握しておきましょうね(^^)

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!