核融合発電

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

一昨日の愛媛新聞に 核融合発電の記事が掲載されていました。

愛媛新聞

この核融合発電の話は、以前カットに見えられた四国電力のお客様より2〜3年前だったか話を聞いていた事があり 原発に変わる新しい核融合発電が研究されてると話されていてこれが実現すると今の原発よりも安全に電力を供給できる様になるという事を話されていました。

発電の原理は、原子力発電は、核分裂によって起こる熱を利用して水蒸気を作りタービンを回し発電されるものですが、核融合発電は、核融合によって同じ原理で発電されます。

どっちにしても 核分裂核融合違いだけで「核」というくらいですから事故が起きれば放射能による被害は出るんでしょうと思いましたがこの時点では、核融合についてあまり理解していませんでした。 

一昨日の愛媛新聞の記事によると 核融合発電は海水から燃料が取れて高レベル放射性廃棄物を出さずに膨大なエネルギーが得られるそうです。

発電する核融合炉では、電子レンジの様に電磁波を炉内に当てる事で燃料の重水素と三重水素(トリチウム)1億度以上に加熱高速原子核が飛び交うプラズマ状態を作りだし原子核が衝突する事でより重いヘリウムと中性子が生じその中性子を利用しエネルギーを発生させる仕組みだそうです。

核融合発電のメリットは、燃料の重水素とトリチウムは、海水から取れ燃料1グラムから石油8トン分のエネルギーを取り出せ原発と同規模の発電が出来るそうです。

日本は、周りを海で囲まれてますから燃料の海水は、豊富にありますね(^^)

スポンサーリンク

あと原発事故が起きた場合原発は、核分裂が連鎖的に反応が続いていき暴走しますが、核融合の場合反応で発生した中性子は次の反応に関係しないので連鎖反応は起きず、暴走はしないと考えられているそうです。

だから、何かあればプラズマがすぐに消えてしまうので、反応が勝手に止まるんだそうです。

デメリットとしては、原発は、一基で約3千億円に対し核融合炉は、数兆円かかるそうです。

将来技術が進めば価格も下がるのかもしれませんが、バカ高いですね!

でも原発の様な高レベル放射性廃棄物が出ないのは良いですね(^^)

果たして将来実用化されるんでしょうか?

私が思うには、この核融合発電は、未来への投資だと思います。
太陽光や風力の様な自然エネルギーでは、電力の安定性がなく 今、活躍している火力発電も化石燃料に頼っていますので この化石燃料も無尽蔵に有るモノではありません。
将来それが、無くなった時に原子力発電の代わりに どうやって電力を得るのか今の内から研究開発しておく必要が有ると思います。
核融合発電は、そうなった時の為に電力を得る一つの方法だとだ思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

※コメントを残すには、枠内をクリックしてください!