ビックリ!突発性難聴の薬に思わぬ効果が

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

突発性難聴になってから耳鼻咽喉科から薬を処方されてそれを飲んでいます。

すると ケガの功名というか副産物というか その 突発性難聴の薬に思わぬ効果がありました!

私が、40代の頃から五十肩いや40代なら四十肩というのか 夜寝る時にベットに横になって腕を動かすと肩が痛くてこれが四十肩なのかなと思っていました。

夜寝る時以外は、日常生活や仕事には痛みの影響はなく四十肩、五十肩は、ほっておいたら自然と治ると聞いていましたのでほおって置いたのですが、40歳から50歳になりそして今まで全然治る事なく寝る時には痛みが続いてました。

そして 突発性難聴の薬にドーピング検査に引っかかるというステロイド剤が、入った薬を飲みだしてから気が付くと寝る時に痛かった肩の痛みが無くなったことに気が付きました。

その時に思ったのが、今の飲んでいる薬の影響かなと思いました。

薬ケース

これってステロイド剤の効果なのかなと思いネットでキーワードに「五十肩」「ステロイド剤」で検索してみました。

スポンサーリンク

すると五十肩の治療に 「非ステロイド消炎鎮痛薬ののみ薬」や「貼り薬」などを使い、痛みが強い場合は、患部に「ステロイド薬を注射」しますと紹介されていました。

という事で 五十肩の治療には、「ステロイド剤」が使われているんですね。

私のステロイド剤は飲み薬です。

まだ 突発性難聴 のは、改善しませんが五十肩の痛みが取れ事は、得した気分です(笑)

ただ朝起きて腕を上に上げると痛みがありますので薬を飲んで薬の効果がある時だけの効果かもしれません。

なのでステロイド剤の薬を止めるとまた寝る時にも五十肩の痛みがでてくるのかなという思いもあります。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

百均の薬ケースを購入!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

耳鼻咽喉科で突発性難聴と診断されまして 毎日沢山の種類の薬を飲まなくてはならなくなりました。

薬

薬の袋が、四袋ありますので毎日3回そこの中から各種類の薬を取りだして飲むのも大変なので 素早く1回に飲む薬を取りだせるようにしたいと思いました。

すると嫁さんが、百均で薬ケースを買ったらと助言をしてくれましたので百均に行って薬ケースを買うことにしました。

薬ケース

百均に置いてあった薬ケースは、全体が半透明で日曜日から土曜日までの1週間分「朝」「昼」「夕」「寝る前」と1日4つに区画がわけられていて薬の収納ができるようになっています。

ただ心配だったのは、1週間分収納できるために1回の薬を収納できる枠が、小さくて1回に飲む量の多い時は薬が全部収まるかが心配でした。

取り合えず購入して早速収納してみました。

薬ケース

やはり1回に飲む量の多い朝は、全部の薬がはいりませんでした。

スポンサーリンク

そこで「寝る前」に飲む薬は有りませんので 朝飲む薬の入らない分は 「寝る前」 の枠に入れる事にしました。

でも薬のみを台紙から取り出してケースに収納すれば1回分の枠に薬を全部入ることができると思いますが、薬を取り出してケースに入れても良いモノなのよくかわかりませんので台紙のままケースに保管することにしました。

あとこの薬ケースは、錠剤を入れるタイプなので顆粒の薬は、収納する事ができませんので顆粒タイプの薬は、ゴムでまとめケースとは別にしておく事にしました。

これで 毎日別々の薬の袋から取り出して生なくても一度に取り出せ薬を飲む事が出来ますので楽です。

薬ケース

ただ欲を言えば顆粒の薬の入る場所も欲しかったです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

池袋暴走死亡事故加害者の逮捕は問題ではなくどう裁かれるかに注目!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今回の池袋暴走死亡事故で加害者が逮捕されない事を知って また退院後も警視庁は、逮捕せず任意で事情を聴く方針だと知って憤慨しました。

その理由は、加害者の経歴がニュースで明らかになり元官僚でりまた 叙勲受章者で あるという事を知ったため元官僚だから 叙勲受章者だから 逮捕されないのかという思いが沸き上がったためだと思います。

ネットでもこの事で元官僚である上級国民は逮捕されないのかと炎上していました。

そこでネットで逮捕について調べてみると刑事事件の手続きにおいて、警察などの捜査機関が被疑者の身柄を拘束する逮捕は必ずしも必須なものではないことがわかりました。

世間一般から見ると罪を犯した被疑者を逮捕することは、刑事事件においてある意味象徴的なものですが、実際は逮捕されることなく手続きが進むことも多いという事です。

その理由としては、警察が裁判所へ逮捕状を請求しても被疑者に 「逃亡の恐れがない」事や「罪証隠滅の恐れがない」という事だと逮捕状の請求が却下されてしまうからです。

その後は、書類送検という形で検察に書類が送られ検察が起訴するか不起訴にするかを決め起訴されれば、裁判となり そして判決が下されるといった流れになりますので逮捕されるかどうかが問題ではなく、被疑者がどこにいようと逮捕後と同じように事が進められるという事です。

スポンサーリンク

ただ死亡事故でも加害者が不起訴になる場合もあるようです。

その前例として被害者にも非があった場合と加害者に責任能力が無い場合です。

今回の池袋死亡事故で亡くなられた親子は、青信号で横断歩道を渡っていましたので被害者には非はありませんが、加害者についてどのように判断されるかだと思います。

今後、裁判でどのような判決が下されるかに注目したいと思います。

これだけ注目を集めた事件なので、メディアは必ず取材を続けて続報を伝えてほしいものです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

交通死亡事故の加害者が逮捕されない基準!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今回の池袋暴走死亡事故で 加害者が逮捕されないのは元官僚だからとか叙勲受章者だからということでネットでは炎上しています。

池袋死亡事故から交通死亡事故の加害者が逮捕されない基準ってなんだろうと考えてみました。

そしてこの事故から逮捕されない 理由について考えられる 基準 を7項目上げてみました。

  1. 元官僚である
  2. 叙勲受章者である
  3. 高齢である(87)
  4. 加害者もケガをして入院してる
  5. 事故を起こした事を認めている
  6. ドライブレオーダーのデータを警察に提出している
  7. イベント・データ・レコーダー(EDR) 装備車である(プリウス)

この事故が、元官僚でなく普通の会社員や自営業の人だったらどうだったんでしょう?

官僚でなくまた 叙勲受章者 でなくても3.〜7.が同じであれば逮捕されなかったのでしょうか?

事故が起きたとき、被疑者を逮捕するための必要条件についてを ちょっとネットから情報を探してみました。

すると被疑者を逮捕するには、(1)逮捕の理由と(2)逮捕の必要性が要件となるようです。

  1. 逮捕の理由は、「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある」ということです。
  2. 逮捕の必要性とは、 「明らかに逮捕の必要性がないと認めるときは、この限りではない」 ということです。その必要性とは、
    (1) 逃亡の恐れがない!              (2) 罪証隠滅の恐れがない!

(1)と(2)の恐れがなければ 刑事訴訟規則第143条の3
「逮捕状の請求を受けた裁判官は、逮捕の理由があると認める場合においても、被害者の年齢及び境遇並びに犯罪の軽重及び態様その他諸般の事情に照らし、被疑者が逃亡する虞がなく、かつ罪証を隠滅する虞がない等明らかに逮捕の必要がないと認めるときは、逮捕状の請求を却下しなければならない」と規定 されていて 逮捕されないようです。

なので池袋の交通死亡事故 の加害者は、上記のような理由で逮捕せず任意で取り調べるということになったようですね。

「弁護士ドットコム」というサイトで 松畑靖朗弁護士が交通死亡事故の加害者が逮捕されないことは良くあることだと説明されていました。

スポンサーリンク

逮捕の必要性とは、①逃亡の恐れと、②罪証隠滅の恐れ、があるかどうかによることになり、これらがあるか否かについては、「被疑者の年齢及び境遇並びに犯罪の軽重及び態様その他諸般の事情に照らし総合判断されることになります。
 交通死亡事故の場合でも、前科がなく、犯罪を認めて真摯に反省しており、任意保険に加入しており被害弁償も見込まれ、被疑者の年齢が高く、安定した職場ないし家庭環境にあり、酒酔い運転、無免許運転などの悪質性は伴わない交通死亡事故などの場合、上記①と②が明らかになく、逮捕の要件を充たさないものとして逮捕されない場合も良くあることなのです。

https://www.bengo4.com/c_2/c_1382/c_1056/b_541135/

という事で官僚でなく 叙勲受章者 でなくても この要件を満たしていたら交通死亡事故であっても逮捕されないようです!

この様な理由がある事など一般人は知りませんから何もしらず「逮捕はしません」と言われたら 警察の対応に不信感を抱くのは当然ですよね!

そこから逮捕されない理由について「元官僚だから」とか「 叙勲受章者 」だからとかいろんな憶測が飛び交う結果となります。

その結果加害者は、死亡事故を起こした事プラスα世間からバッシングを受ける結果となったようですね。

もし加害者の経歴が公表されず無職の容疑者としてニュースになっていればプラスαのバッシングまでは起きなかったと思います!

でも被害者の立場からしたらこの 「刑事訴訟規則第143条の3」 の対応は、全体納得いかないと思います。

これからのこういった交通事故のニュースの国民の見方が変わりそうですね。

事故が起きた場合 マスコミ各社は、「容疑者」という呼称を使っているのかそれとも使わず「…さん」「…元院長」といった一般的な呼び方をしているのか。逮捕するのかしないのか!というように。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

突発性難聴のホルモン治療始まる!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日は、診察を受ける日で耳鼻咽喉科たけだ医院へ行ってきました。

行くと先に防音室で「きこえの検査」を受けました。

ヘッドホンを付けて 片耳づつ音を聴いて聞こえたら手に持っているボタンを押して知らせます。

すると医師がグラフを見て右耳は、前回よりかは少し聞こえるようになっているという事でした。

ただ耳鳴は、続いて居ます。

そしてこのままほおって置いても治る事はないのでホルモン治療をはじめる事になりました。

今まで服用していた薬にステロイド剤が、加わるという事です。

医院長より何かスポーツの大会に出場する予定は無いかを聴かれました。

聴かれた時になんで?っと思いました。

聴かれた理由は、この薬を使うとドーピグ検査に引っかかるんだそうです。

スポンサーリンク

じゃぁこの薬を飲んでる間は、運動能力が上がるのかなと勝手に想像してました(^^;)

そしてこの薬の服用をはじめると副作用もあるそうで頬が浮腫む感じになるとかまた止める時は、急に止めるとショックを起こすので徐々に止めて行かなくてはならないそうでその時は薬の量を段々減らして止めるようです。

ネットで調べてみると突発性難聴は、 早期に治療を開始するほど聴力の改善が良いようです。

遅くとも難聴発症後2週間以内に開始することが望ましいということです。

1ヶ月以上経った場合は、改善することは殆どないということで この事から私の場合は、早期治療になりますから改善する確率は高そうです。

という事で飲む薬も沢山あります。

ステロイド剤は、 朝昼夕で 飲む量が変則的で朝5錠、昼1錠、夕2錠となっています。

間違わない様に気を付けなくては!

とりあえず指示通り薬を飲んで改善することを祈るしかありません。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪理容師のこだわり雑記帳