陸屋根は雨漏りが起きやすいというが、また雨漏りが!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨年7月に寝室の天井近くの壁に謎のシミがあり もしかして雨漏りかと積水ハウスに調べて貰ったら陸屋根の何か所かに傷が見つかりアルミテープで応急処置をして頂いていました。

寝室の謎のシミ

昨日の朝は、雨が降っていて嫁さんに呼ばれて寝室に行ってみると「雨漏りがしている」という事で 昨年、応急処置をしてもらった場所かなと思いきや 昨年修理してもらったところは、雨漏りはしてなくて別の場所からの雨漏りでした。

今度は、クローゼット兼押し入れの戸の上から水滴が落ちてきて天井が漏れていました。

とりあえず雫が、床に落ちないようにタオルで応急処置をしました。

雨漏り

積水ハウスは、火曜日水曜日と連休なので 連絡しても木曜日になります。

とりあえず雨も止んでくれたので これ以上雨漏りもすることは無いのですが、修理が完了するまでは雨は降らないで欲しいものです。

前々から聞いていましたが、「陸屋根は雨漏りしやすい」といわれていましたが事実でしたね。

一般的な傾斜のある瓦屋根とは違い、傾斜がありませんから雨水に触れている時間も長く、雨漏りしやすいのも当然と言えば当然かもしれません。

陸屋根りくやねとは、傾斜がない屋根のことを指します。

ビルの屋上をイメージして頂くと分かり易いと思います。

陸屋根は他の屋根と違って、表面が瓦で覆われていません。

通常、屋根の表面は「瓦」や「スレート」、といった一次防水としての役割を持つ屋根材でカバーされていますが、陸屋根は、防水工事によって防水層を形成することで雨から建物を守っているだけです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

傾斜がない陸屋根は雨水にさらされる時間が長いので そのため雨が降った時に雨水が屋上に滞留する時間が他の瓦屋根よりも長く、長時間水分に晒されることによって屋根表面の劣化が早く進むようです。

陸屋根には傾斜が無いように見えますが、実際にはゆるやかな勾配こうばいが設けられています。

このゆるやかな勾配が設けられていることにより、雨水を排水口へと流す仕組みになっていますが、雨の量が多いと間に合いません。

なので普通の屋根と比較するとあまり水はけが良いとは言えません。

一番怖いのが、台風で何か物が飛んで来て陸屋根に傷がついてしまう事です。

瓦やねなら固いので大丈夫な物でも陸屋根は、表面が弱いので直ぐに傷がついてしまいます。

また陸屋根で雨漏りが起きてしまう原因は他にもあるようです。

陸屋根には雨水の排水口(ルーフドレン)や、屋根周囲のパラペット(壁)や笠木(かさぎ)など様々な部材で構成されております。これらに異常が起きたときも雨漏りが発生する恐れがあるそうです。

果たして今回の我が家の雨漏りは、何が原因なのでしょうか?

 

 

寝室の壁に謎のシミが!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ『アクマゲーム』

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

2024年4月7日(日)午後10時から南海放送で新番組『ACMA:GAME アクマゲーム』が始まりました。

興味のある番組は、予約録画をして後から見るようにしています。

今回の『ACMA:GAME アクマゲーム』は、予約録画しようか迷ったのですが、とりあえず予約録画をして観てみました。

このドラマを見て最初に思ったのが、デスノート的なドラマだなと感じました。

ドラマ1回目の内容は、主人公の照朝は、日本有数の総合商社・織田グループを経営する父親と2人で生きてきたが、その父親は「悪魔の鍵」と呼ばれる古びた鍵を照朝に託した直後、目の前で謎の男に殺害されれてしまいます。

敬愛する父の言葉を生きる指針として、父の死の真相に関わる「悪魔の鍵」の秘密を探るため世界を放浪していたところ、日本で謎の財産譲渡事件が相次ぐというニュースを聞き日本へ帰国することにしました。

その照朝の前に「悪魔の鍵」を狙う人物が現れ、「アクマゲーム」に挑むことになります。それは、人の命を奪い合う「究極のデスゲーム」でした。

こういった内容でドラマが展開して行きます。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

このドラマ「アクマゲーム」は、予約録画しておいて正解でした。

面白かったです。

『ACMA:GAME アクマゲーム』は、2013年~17年に『週刊少年マガジン』(講談社)に連載された、原作・メーブ氏、作画・恵広史氏による同名漫画を、超大型プロジェクトとして完全実写化したドラマだそうです。

今までテレビで観て来たドラマもそうでしたが、漫画が原作のドラマって面白いですね。

「アクマゲーム」の全体の内容は、13年前、父・清司を謎の組織に殺され、全てを失った照朝は、99本集めると、この世のすべてを手にすることができると言われる「悪魔の鍵」を賭けて争う、命がけの「アクマゲーム」に挑む。照朝は時に人の命を奪い合う“究極のデスゲーム”に翻弄(ほんろう)されながらも、仲間とともに鍵の謎に迫っていく。という内容だそうです。

実写化にあたって主人公の年齢を高校生から27歳の青年に変更しているそうです。

これからのドラマ「アクマゲーム」の続きが楽しみです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旧「プロジェクトX」が終了した理由!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

私が好きでよく観ていたNHKの番組、旧「プロジェクトX」は、2000年から2005年まで放送されていましたが、「やらせ」問題が発覚して番組が終了しました。

好きだった番組でしたのでとても残念でした。

昨日、Yahoo!ニュースを見ていると「元NHK職員が「新プロジェクトX」に警鐘を鳴らす」というタイトルで NHKの元職員の記事がに載っていました。

それを読むとNHKではよくある事として「ストーリーテリング」を重視するばかりに、「ニュースリポート」や「ドキュメンタリー」においても「脚色」を行うことがディレクターに求められるという事です。

ストーリーテリングとは、「自身の主張を相手により明確に伝えることができる手法」をいうようです。

大抵のディレクターは、最初は事実に即して番組を編集しているという事ですが、試写後に番組制作の統括チーフプロデューサーたちから「ここは、ストーリーが面白くないから、もっと面白くなるように ああしろ」と圧力がかかるそうです。

最初のうちは毅然と、「それは事実に反します」と返していても、「それじゃ番組になんねえだろ!」とチーフプロデューサーたちが声を荒げるうちに、屈してしまうんだそうです。

そこで屈しなければ「プロジェクトX」の制作者側も「プロジェクトX」の番組に登場できたかもね(笑)

また「宣伝のために出して欲しい」という企業の要望も有るんだそうです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

旧シリーズでも「何でも協力するから採用広報のためにもプロジェクトXに取り上げて欲しい」という企業からの要望は多数あったということです。

元NHK職員が心配している事は、新「プロジェクトX」も最初のうちは、ノーベル賞やアニメ、ゲーム等のメジャー級の逸話を題材にして問題無く構成できるとは思うが、回を重ねてネタが苦しくなってくると、かつてのように、「捏造」や「過剰演出」に追い込まれてしまうのではないかと心配しているようです。

新「プロジェクトX」では、旧「プロジェクトX」のような問題を起こして終わらないで欲しいものです。

もしネタが無くなったその時は、いさぎよく番組を終了させて 今回の新「プロジェクトX」のように また何年か後に放送を再開させれば良い事ですからね。

 

テレビ番組・「やらせ」と「演出」の境界線!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キラキラネームを改名する子供たち!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

平成の時代にキラキラネームってよく聞きましたね。

このキラキラネームが流行りだしたのは、1990年代半ば以降から増加し、2000年代前半から2010年代前半にかけて全盛期を迎えたようです。

ネットでキラキラネームについて調べてみると 一般的に考えて非常識な珍しい名前を指すという事でした。

具体的な例としては、難解な読み方や、一般的でない漢字を使った名前、外国人名をそのまま使った名前、創作物(アニメや小説の登場人物など)の名前を付けた名前をいうようです。

そういえば我が子に「悪魔」って付けようとして問題になっていた親がいましたね!

キラキラネームを付けられた子の中には、自分の名前に悩んで自分の名前を改名する子も増えているそうです。

実例では、「王子様(おうじさま)」と付けられてこれを「肇(はじめ)」に改名した例も有るようです。

親が子供に名前をつける際の責任は重いですよね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

その子が、一生使う名前ですからね。

その名前のせいで学校でいじられたりする場合もあるかもしれませんし その子が大人になって その名前を抵抗なく使えるかという事もありますよね。

今では、子供にキラキラネームを付けてる場合、親の教養の無さが露呈する名前だとされているようです。

ただ、どの名前が「キラキラネーム」なのかは個人の主観によるため、人によって定義は異なるという事です。

キラキラネームを付けられてる本人が、気に入っていれば それはそれで別に問題はないと思いますけどね。

総じて、キラキラネームは名前に関するトレンドや社会的な背景とともに、時代とともに変化してきた名前の一つだという事です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月5日の朝ドラ「虎に翼」の内容をプロットにおとしてみた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

中学生の頃は、漫画家に憧れていた時期がありました。

その頃は、SFが好きでSF漫画のストーリーをよく空想していました。

その頃に売られていた手塚治虫や石森章太郎や赤塚不二夫や藤子不二雄の漫画の入門書などを買って読んでいると漫画のストーリーの作り方が書かれていました。

その時に知ったのが、「しょうてんけつ」でした。

この「起、承、転、結」は、漫画だけではなく小説、映画を作る場合でもストーリーを作る基本となります。

 

起承転結とは、文章や物語を構成する以下の4つの要素のことです。

  • 起:物語の始まり。世界観や主題(テーマ)を示す。
  • 承:物語の続き。主題を展開し、詳しい状況を示す。
  • 転:急展開や逆転が起こる。クライマックス。
  • 結:エンディング。全体をまとめる。

このようなストーリーの設計図のようなものを 今ではプロットというようです。

YouTube動画を作っていて最近ストーリー性のある動画を作ってみたいなと思うようになりました。

映画やドラマを作るというのではなくこのブログで書いている「私の母の実家は松丸随一の豪商だった?!」をストーリー性をもたせた動画にしたらどうかなと最近そんな事を思うようになりました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

それで最近は、プロットに興味を持っています。

なので実際のドラマを逆にプロットに戻したらどんなになるかなと昨日4月5日に放送されたNHKの朝ドラの「虎に翼」をプロットにおとしてみました。

【起】
結婚こそ女の幸せだと考えている寅子ともこの母は、寅子が大学へ進学して法律を学ぶことを反対している。母は、早くお見合いを成功させ結婚させたいと願い「振袖を作るから甘いモノ屋さんで待っていなさい」と寅子に約束をさせる。

【承】
寅子が、母より先に約束の店へ行くと明律大学へ弁当を届けに行ったときに会った裁判官の桂場かつらばに偶然会い寅子は、大学女子部に行く事を反対している母をどうしたら説得できるか裁判官の桂場かつらばに教えを乞う。

【転】
裁判官の桂場かつらばもまた寅子に女が法律を学ぶのは、時期尚早だと言い更に男と同じ土俵に上がる前に「君のように甘やかされて育ったお嬢さんは傷つき泣いて逃げ出すのがおちだ!」と寅子に強く語る。それを聞いていた寅子の母が、憤慨ふんがいして「女の可能性の芽を摘んできたのは男達でしょう!」と裁判官の桂場かつらばに言い放ち寅子を店から連れ出す。

【結】
寅子の母は、スゴイ勢いで呉服屋を通り過ぎて法学専門書店に入って行き寅子に六法全書を買う。

ドラマは、この「起承転結」の繰り返しで「結」では、次回見たくなるような終わらせ方をしています。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪理容師のこだわり雑記帳