「事件・事故」カテゴリーアーカイブ

大谷選手のテレビの会見を観て安心した!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日の朝、テレビで大谷翔平選手の記者会見の様子が、放送されていました。

ただ質疑応答は無しという事でした。

私も大谷選手が、どういう事を話すのか興味がありましたので大谷選手の記者会見をテレビで観ていました。

大谷選手の話しを聞いていて大谷選手は嘘は言っていないと感じましたので私的には安心しました。

これからも大リーグで頑張って欲しい選手ですからね。

 

そうなるとやはり水谷一平通訳が、どうやって大谷選手のパソコンを操作して大金をカジノの胴元に送金したのかという謎が知りたくなります。

私も銀行や仮想通貨取引所などにネットバンキングを利用してパソコンから送金したり自分の口座に振り込んだ事が有りますから自分以外の人が、それをするのは難しい事はわかります。

まず銀行のネットバンキングを利用する場合は、銀行から貰ってるトークンというパスコードを発行するアイテムを使って行います。

これは、6桁のパスワードが、60秒ごとに生成され60秒以内にパスコードを入力しないとならないという使い捨てパスワードになっている二段階認証に使われるトークンというアイテムです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そして仮想通貨取引所のビットフライヤーでは、SMSに6桁のパスコードが送ってくる方式になっています。

またもう一つの仮想通貨取引所コインチェックでは、「Google Authenticator」というアプリで発行されるパスコードが必要です。これも先ほど説明した銀行のトークンと同じ機能を持っています。

なのでネットバンキングを利用して送金する場合は、IDやパスワードの他に こういった二段階認証または、二要素認証が必要になります。

なので大谷翔平選手が、関わっていないとなると 水原一平通訳は、これらの認証を どうやってクリアーしていたのかです。

もし水谷通訳が、大谷選手の資金管理の一切を任されていて銀行のトークンを水谷通訳が持っていたとしたら可能でしょうね。

あとSMSやアプリによる認証であれば大谷選手名義のスマホをもう一台用意してそれを水原通訳が持っておく必要がありますね。

とりあえず会見も出来た事だしあとの事は、捜査当局に任せて大谷選手は、野球に専念できると良いですね。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラモデルの笠木シヅ子と大谷翔平選手の不幸!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今日のブログ記事は、今朝ドラのモデルとなっています笠木シヅ子とドジャースの大谷翔平選手の不幸についてなんですが、結論から言いますと どちらも信頼していた人に裏切られたという事です。

渡米前の笠木シヅ子に大きな災難が降りかかっていました。
シズ子の芸能活動を公私から支えてきたマネージャーの山内が、シズ子が貯蓄してきた350万円を横領していたことが発覚します。

山内は吉本穎右えいすけの計らいによってシズ子の仕事の一切のマネージメントを仕切るようになります。

吉本穎右えいすけは、シズ子の娘の父親です。

山内は、シズ子と穎右の旅行にも同行するなど、シズ子は絶対の信頼を置いてきました。

やり手の業界人で仕事一筋であった山内でしたが、いつしか賭けマージャンなどのギャンブルにのめりこむようになっていき、当時は合法であったヒロポンにも手を出すようになっていました。

1951年に覚せい剤取締法が施行される前はヒロポンは合法であり、芸能界にも蔓延していたそうです。

歌手としてシズ子と同時代に活躍し、第3代日本歌手協会会長であったディック・ミネによれば、シズ子もヒロポンを常用していたという事です。
山内は、それらの浪費によって多額の借金を背負いシズ子の貯金に手を出したものででしたが、絶対の信頼を置いていた山内に裏切られたシズ子は大きなショックを受け、泣く泣く山内を解雇しました。

それに似た事件が、 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手(29)の通訳を務めていた水原一平氏(39)が解雇された事が明らかになりました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

このニュースを聞いたみんなが、最初フェイクじゃないと思ったくらい意外なニュースでした。

米スポーツ専門局ESPNによると 水原氏がスポーツ賭博が認められていない米カリフォルニア州のブックメーカー(賭け業者)に多額の借金を作っていた事が明らかになったという事です。

大谷氏の銀行口座から少なくとも450万ドル(約6億8000万円)が賭博の胴元に送金されていたという事で 大谷氏の広報担当は当初、同氏が水原氏のギャンブルでの借金を肩代わりするために資金を振り込んだとESPNに話していましたがしかしその後、その説明を撤回しました。

もしそれが事実なら 大谷選手にも害が及ぶという事の様です。

水原氏も説明を変えたと報じられています。

現在では大谷氏について、水原氏のギャンブルでの借金については知らされておらず、送金もしていなかったと述べているという事です。

という事で大谷翔平選手も 信頼をしていた通訳の水原一平氏に裏切られた形となっています。

通訳の水原一平氏は、ギャンブル依存症だという事です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇和島の「第八しんこう丸」の船体が見つかった!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

2020年に愛媛県宇和島市の活魚運搬船「第八しんこう丸」は、乗組員6人を乗せたまま消息を絶ち なかなか手がかりも掴めませんでしたが、和歌山県すさみ町の沖合の1500メートルの海底で見つかったという事です。

「第八しんこう丸」は、2020年の12月22日、養殖のブリを運搬するため愛媛県愛南町の漁港を出港し、三重県に向かう途中に消息を断ち、船長の戸田源二さんら6人が行方不明となっています。

2月17日、和歌山県すさみ町から南西30キロの沖合を 第五管区海上保安本部の遠隔操作無人探査機(ROV)で調査したところ、深さ1500メートルの海底に「第八しんこう丸」がみつかったということです。

ただ乗組員の6人については行方はわかっていないという事です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

船体の状態から沈没の原因は今のところわかっていないということですが、今回撮影した映像を細かく分析し引き続き調査するということです。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いきなり車のナビに事故情報!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

日曜日の昼頃に吉田町に向って走っているときに ナビから聞きなれない音が、鳴り画面に事故情報が、表示されました。

運転をしていたので ハッキリとは読めなかったのですが、天山交差点で事故があった様でした。

今までこういう事故情報などの知らせをナビで受けたことが有りませんでしたので システムが新しくなったのかなぁと思いましたが、うちの車のナビは、もう結構前のナビになりますので 前々からこういう機能もそなわっていたのかなとも思いました。

最初、宇和島の事故かと思いましたが、宇和島で天山交差点って聞いた事ありませんし 天山交差点ってもしかして松山じゃないのと思いました。

でも松山情報が、宇和島に居ても知らせられるんですね。

その夜は、飲み会がありその店のオーナーも昼に車を運転していて ナビが鳴りその情報を見たと話していました。

吟鶴

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

 

昨日、新聞を見てみると天山交差点の事故の記事が載っていまいした。

救急車と車が衝突をして6人がけが

「救急車と車が衝突をして6人がけが」という事でした。

25日午前11時20分ごろ松山市天山3丁目の国道33号天山交差点で松山市の65歳の男性が運転する乗用車が、久万高原町の80代男性患者の搬送で救急走行中の同町の消防本部の救急車と出合い頭に衝突して救急車は横転し患者と同乗していた親族は、近くの病院に搬送され救急隊員3人を合わせた計6名がけがをおったということでした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽田空港の滑走路で日本航空と海上保安庁の航空機が衝突した事故

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

元日の石川県での最大震度7の地震の翌日に 今度は、正月2日に羽田空港の滑走路で日本航空と海上保安庁の航空機が衝突する事故起こりました。

大変の事が、2日続けて起こった事で昔起きた「ホテルニュージャパン火災」と「日航羽田沖墜落事故」を思い出しました。

2日の日に偶然テレビを見ると羽田空港の滑走路で日本航空と海上保安庁の航空機が衝突した事故のニュースをライブでしていたので そのニュースに釘付けになりました。

報道では、旅客機の火災の状況ばかりを報道していて 乗客の安否については、何も報道しないことに私としては、報道を聞いてイラダチました。

なんで乗客の事を言わないんだ?

その後、旅客機が着陸したとたん火だるまになってる映像が映されあれで乗客は、大丈夫なのかと心配しました。

その後、乗客は全員脱出できたという事で安心しました。

そして海上保安庁の航空機は、機長は脱出でき残り5名も見つかっているそうですが、容態は不明だということでしたが、翌日のニュースで5名は、死亡ということでした。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

翌日のニュースでは、海保の男性機長は、「管制官から離陸許可が出ていた」と話していたそうですが、その後国交省が、管制官の交信記録を公表したことで 海保機には、滑走路進入許可が出てなかった事が明らかになったようで海保の男性機長に過失があったようです。

海保の男性機長が、管制官の指示を 無視することは無いと思うのですが、聞き間違いをしていたという事なんでしょうか?

それとも管制官の指示の仕方に何か問題でもあったのでしょうか?

もし昼間だったら日本航空の機長も海保機の存在に気が付いて機長の判断でゴーアラウンドできたのかもしれませんね。

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク