「仮想通貨」カテゴリーアーカイブ

仮想通貨バブル崩壊?!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

仮想通貨軒並み下落トレンドになってしまいました。

ビットコインが、下落するとそれに引きずられて他の仮想通貨も下落してまいます。

先日暴落した時にイーサリアムをレート20万円から23万円で買い戻そうと注文を入れていたのですが、間に合わずそのまま注文が、予約状態になってしまいました。

キャンセルしようにも 取引所のトレードツールが、ダウンしてしまいどうする事もできませんでした。

翌日iPhoneから取引所のトレードツールを見るとiPhoneからは、操作できそうでしたが、キャンセルはせずにそのまま注文を置いていました。

イーサリアムのレートは、上がっていっていましたが、また下がって来るかもという自分の描くイメージにかけてみました。

すると昨日の早朝にその注文が通っていました。

思った通りレートが、下がってくれました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

レートは、233,000円で注文を出していましたのが、今回は上手く刺さってくれました。

自分のイメージでは、21万円が底でこれからは、上昇していくのではという思いがありました。

イーサリアム

YouTubeで仮想通貨を解説しているYouTuberは、まだ下がるのではと言っていますので安心はできません。

はたして仮想通貨バブルは終焉を迎えてしまったのでしょうか?

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨大暴落そして取引所がダウン!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨夜は、ビットコインをはじめその他の仮想通貨が大暴落をしました。

ビットコインは、365万円まで下がりイーサリアムは、20.8万円までさがりました。

イーサリアム20.8万 ビットコイン

ビットコインは、だいぶ前に売っていたのですが、イーサリアムが、下がってきてましたので17日にイーサリアムを売ってビットコインを買い戻していたのですが、昨日なんかビットコインは、まだ下がりそうな予感がしてビットコインをまた手放しました。

そして夜ビットコインやイーサリアムが、更にさがりだしてきましたので 売っておいて良かったなと安堵していました。

イーサリアムの下げが止まったら 買い戻そうと思ってイーサリアムの値動きを見ていました。

レートが、20.8万円まで下がったところで価格が上がりだしたので 買い戻そうと注文を入れるのですが、なかなか反応せず233000円のレートで買い注文を入れたのですが、受け付けられたかどうかもわからない状態です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そこでiPhoneで見るとイーサリアムのレートが、233000円より上がっているではありませんか!

その後予約注文は、受け付けられたようですが、レートがあたってしまったのでまた価格が、この価格に下がらないと注文が通ることはありません。

せっかくのチャンスを逃してしまいました。

そして画面が「ただいまメンテナンス中です。」となり何もできなくなってしまいました。

世界中の取引所使えなくなっている様です!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨お金の育て方の選択

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

もしあなたが、数量0.02btcのビットコインしか持っていなかったとします。

新たにビットコインの買い増しはしません。

あなたならこのまま0.02btcの数量のビットコインを持ち続けますか?

それとも0.02btcの数量のビットコインを売って他の仮想通貨に乗り換えますか?

例えば今のビットコインのレートが、535万円だとします。

ビットコインを0.02btc持っていれば含み益が107,000円という事になります。

535万円×0.02btc=107,000円

このまま持っていてビットコインのレートが、600万円に上がれば含み益が、120,000円になります。

600万円×0.02btc=120,000円

例えばレートが、535万円の時にビットコイン0.02btcを売ったとします。

すると107,000円の法定通貨に換金できます。

この金額で他の仮想通貨イーサリアムを買ったとします。

イーサリアムのレートが、431,000円だとします。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

ビットコインを売った107,000円分でレートが、431,000円のイーサリアムを購入すると0.248ethの数量のイーサリアムが買えます。

107,000円÷431,000円=0.248eth(少数て4位以下は省いています)

ビットコインでは、小数点2位以下の数量しか持っていませんでしたが、イーサリアムだとまだビットコインよりレートが低く40万円台なので小数点1位以下の数量が持てます。

レートが、431,000円のイーサリアムが、500,000万円になった場合、数量0.248eth持っていたら含み益は、124,000円となります。

さらにイーサリアムが、今のビットコインの価格535万円になった場合は、数量0.248eth持っていたら含み益は、1,326,800円となります。

535万円×0.248eth=1,326,800円

しかしビットコインを数量0.02btcのまま持ち続けたのでは、ビットコインのレートが、3千万円になったとしても数量0.02btcのままだと60万円にしかなりません。

3千万円×0.02btc=60万円

イーサリアムが、今のビットコインの価格535万円まで上がる保証はありませんが、上がれば1,326,800円になります。

もしあなただったら数量0.02btcのビットコインをそのまま持ちつづけますか?

それともイーサリアムか他のまだ安い仮想通貨に乗り換えますか?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコイン暴落!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日、ビットコインが510万円まで大きく下落しました。

ビットコイン

この下落の原因は、ファンダメンタルが原因で 米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、Twitterで暗号資産(仮想通貨)ビットコインでのテスラ車購入を停止したとツイートした事が原因のようです。

なぜこういう発言をしたのかというとビットコインのマイニング(採掘)で使用される化石燃料に関する懸念が理由のようです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

どういう事かというとビットコインのマイニングに 大量の電気を使うため環境に良くないという事で ビットコインのように大量の電気を必要としないアルトコインを探すということです。

イーロン・マスクってスゴイですね。

この人の発言でビットコインに このような影響を与えるのですからね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

たられば話

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近、仮想通貨で あの仮想通貨を買っておけば良かったと思う事がありました。

イーサクラシックという仮想通貨です。

ビットコインからイーサリアムという仮想通貨に乗り換えた話は、以前このブログでしていましたが、イーサクラシックというのは、イーサリアムから分裂してできた仮想通貨です。

そのイーサクラシックが、3千円台の時に買おうかなと迷っていました。

それも今月に入ってからの話しです。

迷っているうちに5千円になりそして1万円を突破して今現在では、約1万6千円になっています。

イーサリアム

迷った理由なんですが、私が使っている仮想通貨取引所では、イーサクラシックは、販売所でしか売ったり買ったりできません。

そしてイーサクラシックは、51%攻撃を3回も受けているというネット情報を読んだ事がありセキュリティ面で不安がありましたので買う決断が、できませんでした。

もし3千円のときに5万円分かっておけば今頃約26万5千円になっていたのですがね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

仮想通貨の数量の求め方は、

購入資金÷購入する仮想通貨のレート=仮想通貨の数量

となりますので もしイーサクラシックを3千円のときに5万円分買っておけば 上記の式で求めると

5万円÷3千円=16.6ETC

約16.6ETCの数量を得る事ができましたので 今のレート約1万6千円で計算すると約26万5千円の含み益となっていました。

約1万6千円×16.6ETC=約26万5千円

いつも後悔するたらればのお話でした。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク