「小説 / 書籍」カテゴリーアーカイブ

「絶歌」が、新たな犯罪を!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

日本中を震撼させた「神戸連続児童殺傷事件」当時中学生で14歳だった酒鬼薔薇聖斗さかきばらせいとこと元少年Aが、32歳となり手記を出版した事で話題となり物議が起こってます。

その手記「絶歌」は、初版10万部出版されましたが、物凄い売れ行きでまた5万部が増刷されるそうです。

書店で買えない人は、ネットオークションで購入されている人もある様です。

これにより 元少年Aが、受け取る印税額は、初版10万部で 1500万円で 増刷分も合わすと合計2000万円近くにもなるとか。

ネット情報によると 昔、元少年Aの母親が出版した手記「「少年A」この子を生んで……父と母悔恨の手記 」は、180万部も売れたそうで 印税が。7000万円〜8000万円あったとか!

今回の「絶歌」の影響で母親の手記がまた売れているそうです!

スポンサーリンク

この話を聞いて心配になる事があります

世の中色んな考えをお持ちの方がいますので手記を書くことで印税が入るのであれば それをマネて 凶悪な犯罪を犯し出所してから本を出版して一儲けを考える様な輩が現れないかと心配です。

アメリカでは、「サムの息子法」という法律があり 犯罪者が自らの事件を商業的に利用して得た金銭を奪うことにより、犯罪の収益性を除去するため、また、犯罪者が自分の罪の悪評を活用できないように作られ書籍出版や映画化などから得た収入は犯罪被害者への補償となる。法律だそうです。

今、日本でも同様の法律を望む声が上がっているようです。

将来印税目当ての犯罪の抑止の為にもこの法律を早く作っておいて欲しいモノです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「酒鬼薔薇聖斗」が手記出版

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

酒鬼薔薇聖斗

酒鬼薔薇聖斗さかきばらせいととは、1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で 神戸市須磨区の中学校正門に、切断された男児の頭部が放置されるというセンセーショナルな事件で当時14歳だった犯人の中学生が使っていた名前です。

その中学生も今では社会復帰し32歳となっています。

その加害男性が、「元少年A」の名で手記「絶歌」価格1500円(太田出版)を出すという事で話題となっているようです。

酒鬼薔薇聖斗

報道では、初版は10万部を出版すという事で彼に入る印税は、8%で計算すると1200万円になると紹介していました。

酒鬼薔薇聖斗

手記の内容は、犯行に至った経緯事件後の生活現在の心境などをつづっているそうです。

スポンサーリンク

彼に大事な息子さんの命を奪われた被害者遺族は、以前から彼が事件のことをメディアに出すような事はしてほしくないと伝えていたそうですが、遺族の願いは完全に無視されたようです。

 

事件を起こした当時 彼は
「さあ、ゲームの始まりです。・・・・」
という 犯行声明文を残しています。

 

彼は、少年院を出て社会復帰したことで 過去に犯した罪のことは、ゲームの様に彼の中では、もうリセットされてしまったのかもしれませんね。


酒鬼薔薇聖斗

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フランケンシュタイン

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

NHKの番組で「100分de名著」という一つのテーマを1回25分全4回の100分で紹介する番組を観ています。

フランケンシュタイン

その番組で今回「フランケンシュタイン」が取り上げられていました。

その番組を観て初めて知ったんですが、 なんと作者はメアリ・シェリーという19歳の女性が書いた小説だったんですね。

メアリー・シェリー

メアリー・ウルストンクラフト・ゴドウィン・シェリー(1797年8月30日 – 1851年2月1日)は、イギリスの小説家で この時代女性が、本を出版する事ははばかられていた時代だったので匿名で出版されていたそうです。

でもこの時代にSF的というかホラー的というか「フランケンシュタイン」想像し世に送り出した女性がいたなんてスゴイと思いました。 

スポンサーリンク

ストーリーの始まりは、天才的な科学者ヴィクター・フランケンシュタインは科学の粋を集め人造人間の製造に成功します。しかし誕生したのは見るにたえない醜い怪物でヴィクターはそのおぞましさに耐えられず逃げ出します。一人うち捨てられた怪物は、はじめは善良な存在でしたが、いわれない迫害を受け人類への復讐を決意しヴィクターを取り巻く人々の殺戮さつりくを開始します。

手塚治虫の鉄腕アトムフランケンシュタインの影響を受けたのかもしれませんね。

「フランケンシュタイン」とは、人造人間を作った「ヴィクター・フランケンシュタイン博士」の名字で、人造人間には「怪物」という呼び名しか小説のなかでは与えられていませんでした。

私もそうなんですが、世間ではこの「怪物」「フランケンシュタイン」だとかなり誤認されていたようですね。

このフランケンシュタインは、ただのSFホラーのような娯楽作品ではなく「科学の功罪」「人間存在の意味」鋭く問う奥の深い作品となっています。

この番組を観て「フランケンシュタイン」を 読んでみたくなりました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハッカー ケビン・ミトニックvs下村努

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日のブログ本を探していた事を書きましたが、以前テレビで 「FBIがかなわなかった世界一危険なハッカー ケビン・ミトニックvs下村努 」というのを紹介していました。

FBIがかなわなかった世界一危険なハッカー ケビン・ミトニックを 日本人の天才ハッカー下村努が、追い込むとう実際に有った事件です。

それを観て 「あっ!そうだ。この本昔購入していた」事を思いだしそれを探していました。

そして やっと見つかりました。(^^)

スポンサーリンク

また読み替えしてみよう!

テイクダウン上下

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花子とアン

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

画像3点:Yahoo画像集より
花子

花子

NHKの朝ドラ「あまちゃん」を途中から見だして 朝ドラにハマり仕事前に見るようになりました。

「あまちゃん」「ごちそうさん」そして今放送している「花子とアン」と続けて見ています。

「花子とアン」は、原案『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』が、原作で ヒロイン安東はな(後の村岡花子:吉高由里子)は、「赤毛のアン」翻訳した翻訳家の物語ですが、この花子の友人に波瀾万丈の人生を送った「大正三美人」のひとりである歌人・柳原白蓮が、出てくる事が、またストーリーを 面白くしていると思います。

蓮子(柳原白蓮)は14歳で結婚しましたが、結婚生活に耐えかねて実家に戻り、24歳で女学校に編入し、8歳年下の花子と出会うのでした。

葉山蓮子「白蓮」役には、仲間由紀恵が演じています。

なんと白蓮は大正天皇の従姉にあたるそうです。

スポンサーリンク

白蓮

実は、この柳原白蓮を題材にした映画も何本か作られているくらいです。

白蓮事件をモデルとした原節子主演の映画・『麗人』が公開され 大正時代に書かれた小説『真珠夫人』は白蓮がモデルとされ、戦前戦後と何度か映画・ドラマ化されています。

白蓮は、華族出身ながら家の事情で成り上がりの富豪と結婚させられ、結婚後、大胆にも年下の社会運動家の男性と駆け落ちします。

当時姦通罪が施行されていた時代夫への絶縁状を新聞紙面で公開し、「白蓮事件」と呼ばれる一大スキャンダルを巻き起こす大胆な女性でした。

主人公・はなのモデルである翻訳家・村岡花子以上に白蓮は、ドラマティックな人生を送った人物なのです。

「花子とアン」では、主人公の 村岡花子を描きながら 柳原白蓮をどこまで描くのかも楽しみです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク