「尖閣諸島」カテゴリーアーカイブ

尖閣に船溜まり

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

集団的自衛権で反対する人達は、「戦争に巻き込まれる」と言って反対されています。

それを 受けてふと思ったのですが、選挙の時に安倍総理は、尖閣に船溜まりを作り公務員を常駐させると言っていました。

安倍総裁

また「実現しない事は、言わない!」とまで言っていました。

日本の国民は、尖閣は日本の領土だと認識しています。

しかし中国を刺激しない様に 日本政府は国民を尖閣に上陸させる事はしていません。

もし安倍総理が、次は「尖閣に船溜まりを作ります」と宣言したら国民は、どんな反応をするんだろう。

賛成派、反対派どちらが多いんだろう。

もしそうなれば中国から左翼に反対デモの資金が、かなりつぎ込まれるのではないだろうか!

「集団的自衛権の時の反対デモ」を見てると きっと「尖閣船溜まり反対デモ」が、起きるのではないかと心配です。

もしこんなデモが、起きて世界に配信されたら 「日本国民の尖閣に対する覚悟」を見透かされてしまいますね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

「尖閣に船溜まり」を 実行すれば中国は、黙っていないのは確かでしょう。

これをもし実行すれば武力衝突が、起きると多くの日本人が、想像しているから反対する人もいるでしょう。

集団的自衛権よりも武力衝突が起きる確率は、かなり高くなるのは確かです。

日本の領土で有りながら日本が、中国に気を使って自由に出来なといのはホントに自国の領土と言えるのだろうか。

もし中国に尖閣を占拠されてしまったら反対していた国民は、きっと日本政府に対して「何をしていたんだ!」となじるんでしょうね。

尖閣上陸される!

果たして日本国民は、尖閣に手を付ける覚悟はあるのだろうか?

それとも現状維持の状態を続ける事を選ぶのだろうか?

領土問題が、有る限り戦争になるリスクは、永遠に続くのは確かですね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国軍機の動画撮影検討!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近中国の戦闘機による自衛隊機への異常接近が、問題となっていますが、ついこの間逆に自衛隊機が、中国機に異常接近したと中国が、いつ撮ったか分からない映像を持ち出して来て抗議してきました!

画像:yahooニュースより
自衛隊機

ネットを見ていて中国軍機の動画撮影検討=飛行実態記録、反論へ―防衛省というタイトルに目がとまりました。

私は、今まで自衛隊機は、スクランブルをした時に中国機の様子を動画撮影しているものだと思っていました。

が、

なんとニュースのタイトルを見ると動画の撮影は、していなかったということです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

もしかして これって自衛隊のフェイック!と 思ったくらいです。

今、自家用車で際 事故が起きた時に証拠になる様にと ドライブレコーダーを装備している車が、増えてる時代なのに 自衛隊機には、動画を撮れる機材が設置されていなかったなんてビックリです。

日本の技術ならボタン一押せば狙った被写体を自動撮影できるくらいの撮影機を作って搭載する事くらいはできるでしょうに!

集団的自衛権も必要でしょうけどその前に 中国の横暴を撮影して 世界に知らしめ抑止しないと駄目でしょう!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「自衛隊機が接近」と中国反論

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

自衛隊
画像:Yahooニュースより

今日は、中国関連記事以外の記事を書こうと思ってましたのに またまた中国がネタを提供してくれました。
これは、昨日の記事にも関連しますので中国関連記事を書くことにしました。

昨日は、中国軍機が、自衛隊機に異常接近したというニュースでしたが、今回は、中国側から逆に 中国機に対して自衛隊機が、30メートルまで接近・追跡し、「中国側の飛行の安全に重大な影響を与えた」と反論し国防省はウェブサイト上で談話とともに、52秒のビデオ映像と写真も公開中国機から撮影したとみられる映像では自衛隊のF15戦闘機が2機接近してきたと示唆しているようです。

この映像いつの映像?

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

海上自衛隊のOP3C画像情報収集機航空自衛隊のYS11EB電子情報収集機映像は、なぜ出してこないの?

その上「国際社会を欺き、わが軍のイメージをおとしめ、地域の緊張をつくり出した」として日本側を批判「中国側はさらなる措置を取る権利を留保する」とも言っているようです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また中国機が自衛隊機に!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

画像:Yahooニュースより
su27

またまた昨日に続き 中国関連記事となりました。

東シナ海上空中国軍機Su27戦闘機2機が、また自衛隊機海上自衛隊のOP3C画像情報収集機航空自衛隊のYS11EB電子情報収集機30メートルの近さまで異常接近したそうです。

もう中国は、こんな危ない行為は、止めて欲しいですね。

Su27戦闘機のパイロットの操縦技量は、大丈夫なんでしょうかね?

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

もし操縦ミスでもやらかして接触事故が起きSu27戦闘機が、墜落でもしたら中国は、また日本が先にやったといいがかり付けてくるのは、火を見るより明らかですからね。

そうなったら中国で 働いている日本人が、心配です。

尖閣衝突事件で 藤田の社員を人質にするような国なのでまた日本人を人質に取り交渉を有利に進めようとしてくるでしょうからね。 

中国は、どうしても日本と事を起こしたいようにしか見えません!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

防空識別圏

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

防空識別圏
画像:Yahooニュースより
中国は、いきなり防空識別圏を日本の領土である尖閣諸島を含む日本の領空域まで設定してきました。
防空識別圏とは、他国の航空機が、領空内に侵入する前にスクランブル発進するための目安となる空域です。
領空に侵入されてからスクランブル発進していたのでは、遅いですからね。
中国国民は、この防空識別圏を 領空と勘違いしているようですね。
防空識別圏に事前通告なく入ってきた航空機には、実弾射撃しても構わないという意見が6割あるそうです。
このニュースを 聞いたときに直ぐ思いあたったのが、韓国が、勝手に決めた李承晩ラインです。
李承晩ラインは、日本が戦争に負け軍隊を解体され自国を守ることのできない隙を狙い韓国の李承晩が、竹島を含む海域までをも勝手にラインを引き日本の領土であった竹島を不法占拠してしまい今に至っています。
この時沢山の日本の漁師さんが、韓国に拿捕されたり射殺されたりされました。
中国が、勝手に防空識別圏を 設定して一番迷惑してるのが、航空会社です。
大勢のお客様を乗せて飛ぶのですからお客様の安全を一番に考えなくてはなりませんからね。
そうすると一番無難な方法を選択して飛びたいと思うのが、人情でしょうけど日本政府から中国へ対しての飛行の事前通知は、しなくて良いというお達しを受けたようですね。
それに先駆けてアメリカのB-52戦略爆撃機2機が、中国が設定した防空識別圏、尖閣諸島空域を飛んだそうです。
それに対して中国は、スクランブルは、かけてこなかったようです。
相手が、アメリカでは相手が悪いですかね(笑)
はたして日本の航空機なら中国は、どういう対応をとろのでしょうか?
アメリカには、スクランブルはかけず日本ならスクランブルをかけてくるんでしょうか?
今までの中国の動きから中国は、日本と事を起こしたい様ですね。
中国は、国内でテロまで起こるようになったので 日本と事を構え中国国内の不満を外に向けたいみたいですね。
そしてちょうどこのタイミングで中国大使館は、日本に滞在する中国人に対して緊急事態に備えて連絡先を登録するようにホームページで呼びかけているそうです。
中国には、国防動員法という法律があり中国政府が有事の宣言を発した際は中国人は、戦闘員として行動する様に義務付けられているそうです。
有事の際は、中国大使館は、在日中国人に武器でも渡すんでしょうかね!

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク