「「紀州のドン・ファン」不審死事件」カテゴリーアーカイブ

坂上忍、「紀州のドン・ファン」妻にTV初インタビュー「覚せい剤編」

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

坂上忍のお昼の番組「バイキング」で 紀州のドン・ファン の妻(22)が、テレビインタビューに答えていました。

野崎幸助さん(77)の死因について、警察は「急性覚醒剤中毒」と特定された事で 坂上忍が、野崎さんは覚醒剤を常用していたかについて聴いたところ 妻は「覚醒剤を常用していたとは思えない」と常用について否定をしました。

それを受けて野崎さんの机の引き出しから覚醒剤が出てきたという報道がありましたがこれは、本当ですかと妻に訊ねると 妻は、嘘ですとこれも否定をしました。

この証言は、最初に家政婦さんにインタービューをした時に 家政婦さんが、証言したものでこのインタビューは、私もテレビを見て聞いていました。

その時は、「前に社長が付き合っていた人が置いて行った覚醒剤を口に入れたのでは」という様な事を言っていたように記憶しています。

これについて妻は、「家政婦さんが記憶がごちゃごちゃな時に取材を受けてそう言ってしまったんだと思うんですけど」という事でした。

この点は、腑に落ちないですね。

家政婦さんの記憶が、ごちゃごちゃしていたからと言って なぜ「社長の引き出しから覚醒剤が出てきてそれを口に入れたのかな」という話になるのか?

これは、実際にマスコミのインタビューで家政婦さんが、答えられた事なのですが、妻が言うには、これは家政婦さんの勘違いだったという事になります。

家政婦さんは、言いたいといっていたそうですが、今は情報を あまり外に出さない方が良いという事でお互い黙っている事にしたという事でした。

また妻が、言うには警察もそういう事実は無いと言ったそうです。

警察は家政婦んの話の裏を既にちゃんと取ったということなのでしょうかね?

そして坂上忍が、今回インタビューを受ける事は、家政婦さんは知ってるのか訊ねると 妻は「知らないです」という答えでした。

坂上忍が、妻に野崎幸助さんは、どうやって覚醒剤を接収したと思うかについて訊ねると 妻はビールは、冷蔵庫から自分が取って自分で栓を抜いてついで飲むので それを私も見ていたのでビールに混入していたとは思えないという答えでした。

この時は、家政婦さんは出て行っていなかったので妻だけの証言となります。

スポンサーリンク

冷蔵庫のビールは、従業員が補充するということです。

社長の自宅は、いつも鍵が開いていて自由に出入りができたそうです。

それで以前妻は、「うちの自宅は、セキュリティがあまいので」という発言をされていたんですね。

愛犬のイブちゃんの話では、24日の日にはビールを飲みながらイブちゃんのお墓を見て「早く自分も死にたい」と言っていて 妻が、「そんな気はないでしょう」と言って流していたら その日に死んでしまったのでそれもあったのかなと話ていました。

普段から野崎幸助さんは、何かにつけて口癖のように死にたいという事を言っていたという事です。

その為に周りの人達は、冗談半分にとらえていたそうです。

イブちゃんの 埋葬の話では、野崎幸助さんは、愛犬の為の棺桶を玄関前に作っていてそこに入れるつもりだったそうですが、日が経ってくると異臭がして近所迷惑にもなるから従業員なども社長に火葬にするように訴えていたが、ガンとして聞き入れて貰えないという事で 妻の言うことなら聞いてもらえるのではと言う事で 妻が、野崎幸助さんに火葬を勧めたという事でしたが、世間ではイブちゃんは、妻が殺して証拠を隠滅するために火葬を勧めたように言われていたけれど実際は異臭の問題で火葬にして欲しかったという事を話していました。

結局は、野崎幸助さんも棺桶は諦めて火葬ではなく土葬にする事になったようですね。

話を聞いていると妻が火葬を主張していた理由についても筋が通りますね。

坂上忍が、妻に個人的には野崎幸助さんは、事故死なのか自殺なのか他殺なのかどう思いますかと質問すると 妻は、自殺の可能性もあると思いますという答えでした。

あと他殺だとすると 社長は、金融業もしていたので恨まれていた可能性もあるし以前実際に襲われた事もあるからという事も話ていました。

インタビューは、まだこのあとも続きますが覚醒剤については、こういう事だったようです。

結婚編に続く

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

坂上忍、「紀州のドン・ファン」妻にTV初インタビュー

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今テレビを賑わしている事件「和歌山資産家不審死事件」です。

5月24日に和歌山県田辺市の自宅で死亡した「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助さん(77)の死因について、警察は「急性覚醒剤中毒」と特定したことから他殺の疑いも出てきた様です。

そして野崎幸助さんが、可愛がっていた愛犬が、苦しみながら死んだという事で 警察は、自宅の庭に埋葬された愛犬を掘り起こして検視をして死因が麻薬によるものかを調べています。

昨日のお昼の番組「バイキング」で 紀州のドン・ファン の妻(22)が、テレビインタビューに答えていました。

奥さんの顔は、モザイクがかかり音声も少し替えられての放送でした。

インタビューは、ある部屋の一室で坂上忍さんがされていました。

 

そのインタビューの内容でわかった事は、まず野崎幸助さん(77)が、亡くなられた24日の午前中は、妻に車で送って貰って野崎幸助さんは、10時に裁判所へ行かれたという事です。

そのあとで南紀白浜空港へ寄って社長がチケットを購入してお昼くらいに自宅へ帰宅したという事で午前中は一緒に行動ていたということでした。

帰ってからは、家政婦さんを含めた3人で昼食を食べて相撲を見ていたという事です。

5時に野崎幸助さんは、「寝る」と言って2階の寝室へ

相撲が、終わった6時頃に野崎幸助さんは、妻に食事に行こうと誘われたが、下におりると家政婦さんが机の上にうどんと「出かけます。」という置手紙を置いてでかけられていたという事です。

ここで疑問に思ったのは、妻の話では、家政婦さんは4時に出かけたという事でしたが、「出かけます。」という置手紙を置いて出るという事は、声をかけずに出かけたという事でしょうからなぜ家政婦さんが、出かけた時間がわかったんだろうと思った次第です。

置手紙に出かける時間がかいていたのかもしれませんが。

それと 4時に出かけるのにうどんを作り置いていくのも 私は、なんか疑問に思いました。

普段夕食を何時に食べているのかはわかりませんが。

野崎幸助さんは、食欲が無いといって ビールとお菓子を食べられ妻は、用意されていたうどんを食べて 30分くらいで終わって一緒に2階へ上がったと言う事でした。

スポンサーリンク

すると野崎幸助さんは、またテレビを見始めたので 妻は下におりてシャワーを浴びてリビングでテレビを見ていると 7時30分に家政婦さんが帰ってきたという事です。

それで家政婦さんが、お茶を入れてくれて一緒に雑談をしていると2階でドンドンという音がしたと言う事でした。

社長が、歩く時は足が悪かったのんで 歩くと音がするのは日常茶飯事だったので「ドンドン」と音がしても気にならなかったので2階へ上がらなかったという事でした。

それから10時30分になって2階へ上がると 全裸でソファーにもたれかかって座っていたので「まだ起きていたの」と声をかけたが、無反応で遠くをぼーっと見ていた状態だったので 怖くなって下へおりて家政婦さんに「社長が動かないんだけど」と言って一緒に上にあがって来て貰って 妻が119番通報して 救急隊員の指示で「床に下ろして横に寝かせてください」と言われたけれど二人では、重くて動かなくて「ソファに横にして下さい」と言われたけれど固まていて手足も動かせなかったという事でした。

お手伝いさんも 最初のインタビューで 身体がカチカチだったと言っていましたね。

そうしていると救急隊の人が10時40分くらいに到着したので妻が呼びに行って 家政婦さんが、心臓マッサージをしてくれていたそうです。

 

このインタビューでわかった事は、家政婦さんは、午後4時から7時30分まではでかけられて家には、居なかったという事です。

そのインタビューを 聞いていて私が感じた正直な感想は、22歳の妻が、インタビューに答えている様子を聞いてると疑問点はありましたが嘘を言っているようには感じませんでした。

なので妻は、事件には無関係なのかなと思った次第です。

もし妻を犯人と考える場合、月に100万円貰えていたんだし 野崎幸助さん(77)の寿命を考えると 危ない橋を渡るだろうかという疑問もあります。

あと人を殺すのに 麻薬を使うという発想は普通はしないと思うんですよね。

番組のコメンテーターの人達は、疑いの目で聞いていた様なので人によって感じ方は人それぞれ違うんだなと思いました。

インタビューは、まだ続きますが死亡当日の状況は、こういう状況だったという事です。

覚せい剤編に続く

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

紀州のドン・ファン の死の謎!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今テレビを賑わしている事件「和歌山資産家の不審死事件」

先月24日に和歌山県田辺市の自宅で死亡した「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助さん(77)の死因について、警察は「急性覚醒剤中毒」と特定しました。

死亡推定時刻を午後9時ごろと発表されました。

その時間帯に自宅に居たのは、野崎幸助さんのほかには、妻(22)と家政婦(66)がいたという事です。

最初に このニュースを聞いた時に思ったのは、たぶんこのニュースを聞いた視聴者全員が、私と同じ事を思ったと思います。

警察もそうですが、一番疑いをかけられるのは、同じ家の中に居た妻と家政婦さんでしょうね。

そして警察は、妻の髪の毛を採取して尿検査もしてスマホも2回も押収して履歴などを調べたようですし 嘘発見器にもかけたという事です。

やっぱり妻が、一番疑われますよね。

それに55歳という年齢差もありますから世間の目からは、財産目当てだと思われてもしかたがないでしょうね。

テレビ報道によると野崎幸助さん(77)と妻(22)が、結婚するに至ったのは、野崎さんが、妻(22)に対して月100万円上げるから結婚してくれと言われて 妻は、「美味しい話だと思って結婚をした」という事でした。

するとこの結婚の動機には、愛ではなくお金ということになりますね。

妻は、テレビの取材では、無言を貫いて居ますが、週刊誌のインタビューには、答えているようです。

その中で 私も家政婦さんも野崎幸助さん(77)を殺してはいないと主張しています。

家政婦さんについてちょっと気になったのは、最初テレビのインタビューでは、モザイクをかけずに映って居たのに 今は、なぜかモザイクが、かけられたのでなぜだろうと思った次第です。

6月2日土曜日の午前中に小川氏のインタビューに 家政婦さんは、「(野崎氏から検出された)覚醒剤は、昔付き合っていた人が残していったものを口に入れた」と答えたと言う事です。

という事は、以前から自宅に麻薬は、有ったという事になりますね。

スポンサーリンク

家政婦さんは、覚醒剤を残して行ったという付き合っていた人を知っているのでしょうかね?

そして野崎幸助さん(77)が、可愛がっていた愛犬が、苦しみながら死んだという事で 警察は、自宅の庭に埋葬された愛犬を掘り起こして検視をするようです。

この愛犬の埋葬のしかたで 野崎幸助さん(77)妻(22)の間で対立があったという事です。

妻(22)は、火葬を主張していて 野崎幸助さん(77)は、土葬を主張していたということです。 結果的に妻が折れて土葬するということになったという事です。

土葬にして正解でしたね。

土葬にしたことで 腐敗の速度も遅くなり愛犬の死因も突き止めやすくなるという事です。

もし火葬にしていたら もし愛犬が、麻薬を食べさせらていても骨からの検出は、できなかったということのようです。

早く愛犬の死因が、どうだったかわかれば事件の解明に一歩迫る事ができるんでしょうね!

そして驚いた事に妻(22)の母親は、娘が、野崎幸助さん(77)と結婚した事を知らなったという事です。

そんな事ってあるんですかね!

今後のこの事件の展開が気になります。

 

坂上忍、「紀州のドン・ファン」妻にTV初インタビュー「覚せい剤編」

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク