「防災」カテゴリーアーカイブ

性被害に合わない為に「被災したら女を捨てろ!」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

太陽

ちょっと想像もしていなかった話を聞きました。

自治会で防災部長をしていまして防災の打合せのときに自治会長から被災地では性犯罪も起きていると聞かされました。

テレビでは、あまりそんな報道はされていないので知らなかった話で驚きました。

1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災時などの大規模災害が起きた時など避難所などで耳を疑いたくなるような性被害が起きていたそうです。

そういう時の犯罪って空き巣窃盗を想像していましたが、性被害については、まったく想像もしていませんでした。

震災の年、病院での相談は、レイプがらみの相談が特に多いそうです。

そこでネットで調べてみると 事例として学校の校舎の階段で男女が性行為しているところを見かけ見て見ぬふりをして通りすごしたら実は、それは、レイプ現場だったという事です。

そのような性被害を防ぐために防災アドバイザーの岡部梨恵子先生が、ブログで注意喚起を呼びかけていました。

今日のブログのタイトルにもなっている「被災したら女を捨てろ!」と呼びかけています。

どういう事かというと 被災した場合女性は、出来るだけ女性である事をアピールするような恰好は、してはいけないという事です。

着るモノもピンクや赤の色は避けて出来るだけ男性が着る様な服を着ると良いということです。

そしてニット帽をかぶり髪を隠せという事です。

極端な話被災した時は、女性は男性の格好をしておく方が良いという事です。

これは、もう終戦後直後外地にいた日本女性が実際に男性の格好をしていた様な話です。

被災後女性や女子が注意する点が挙げられてます。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

①外出するときは防犯ブザーを携帯する

②日中でもできるだけ複数で行動すること

③暗くなったらなおさら、外出を控えましょう

④トイレは常に一人では行かず、必ず大人と行く

⑤使用する前に不審なところはないか確認する

⑥避難所で子供のいるところには、大人の見張りをおく

⑦被災した自宅には、女性だけでは絶対行かない
複数の人数集めて、グループで行動する。

*被災した家の中に犯罪者がいる場合があるため

だから 女を捨てろって!被災時に知らないといけないこと より引用

とは言っても 災害はいつ何時起こるかわかりませからね!

外出していて 家に帰れずどこかに非難しなくてはいけない場合もありますから なかなか男物の服なんかも用意できない場合もありますから日頃から自分でもしもの場合の事を考えておかないといけない様ですね。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

避難訓練放送の呼びかけを考える!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

訓練放送

明日9月3日(日)長堀自治会の避難訓練があります。

毎月資源ゴミの放送をしている私が、避難を知らせる放送をする事になりました。

そこで どういう内容で放送しようかなと考えてみました。

今回の避難訓練は、津波を想定した避難訓練です。

なので実際に津波が、来た時の事を想定した放送じゃないといけないでしょう!

前々から思っていた事ですが、実際の避難の放送って あまり緊迫感が感じられない放送だなと感じていました。

やはり 避難を促す放送は、もっと緊迫感を出す放送の方が良い様な気がします。

あと放送の中に忘れずに入れる事は、「訓練の放送」である事と「避難するときに家の戸締り」も知らせなくはなりません。

そこで 放送内容を考えてみました。

長堀町内の皆さんへお伝えします!

大津波警報が出ました!

大津波が来ます!大津波が来ます!

命を守るために 火の始末戸締りをして

一刻も早く三島神社へ逃げて下さい。

決して立ち止まったり

引き返したりしない事!

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

これは、訓練放送です。

繰り返します。

 

長堀町内の皆さんへお伝えします!

大津波警報が出ました!

大津波が来ます!大津波が来ます!

命を守るために 火の始末戸締りをして

一刻も早く三島神社へ逃げて下さい。

決して立ち止まったり

引き返したりしない事!

これで訓練放送を終わり私も避難します。

 

こんな感じでいいかな!

放送は、2回繰り返して放送後は、私も津波に巻き込まれない様に速やかに避難場所へ向かうということで!

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

防災用ソーラー発電システム

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

私が、住んでる町内の長堀自治会では、津波などで町内の住民が非難を余儀なくされた場合 一次避難場所で困らない様に自治会で 水や食料やその他災害時に役立ちそうな備品を順次揃え備蓄する様にしています。

その中の一つで 防災用ソーラー発電システムが、最近届きました。

ソーラー発電システム

これが、有れば長時間一次避難場所に留まらなくてはならなくなった時に防災ラジオの電池切れで情報が入らなくなる心配も無くなります。

また携帯電話もソーラー発電システムで充電も出来ます。

説明書によると以下の様になっています。

外部機器 消費電量と使用可能時間
LED照明 10W 20時間
小型ラジオ 15W 15時間
ノートパソコン 40W 6.5時間
DVDレコーダー 50W 5.5時間
液晶テレビ(32型) 100W 2.5時間

ただ太陽光で充電する場合、電池残量が、ほとんど無い状態からの場合は、満充電になるまで12時間かかる様です。

また天候も悪ければ時間もそれ以上かかります。

ソーラー発電システム

説明書を読んでいて気になった事がありました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

説明書によると「本機のAC出力は、100/50Hz固定です。60Hz専用の機器は、ご使用になれません。」と書かれていました。

ソーラー発電システム

でも今の機器って だいたい50Hzと60Hzは、自動で切り替わって使えますよね!

ソーラー発電システム

今時、60Hz固定になっている機器ってどんなものがあるんでしょうね?

そういう機器が、あるのであればそれらも 把握しておかなくてはなりませんからね!

ソーラー発電システム

 

ソーラー発電システム

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自主防災組織のベスト

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

自主防災組織でベストを作ることになってパトロールベスト注文していました。そのベストが、届いたと昨日自治会長が持って来てくれました。

パトロールベスト

自主防災組織には、班がありその班によってベストの色分けをするという案もありましたが、組織全体で色を揃えて置く方が良いという事になり一つの色で統一することになりました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そして 5色あるベストの中から赤が一番目立つということで レッドオレンジメッシュのベストになりました。

実物は、カタログで見た赤色よりかなり目立つオレンジ系の強い色でした。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

防災研修会

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

昨日午前10時に 番城小学校へ自治会長と二人で防災研修会へ行ってきました。

消防自衛隊も協力しての規模の大きな研修会でした。

自衛隊

 

救急車

 

けっこういろんな体験が、出来るようになっていました。

研修内容

初めて地震体験車で 震度7の地震を体験してみました。

地震体験車

 

地震体験車

実際に体験してみると こんだけ揺れたらその場から動く事は、できません。

地震体験車

ただ揺れがおさまるのを その場で待つしかできませんね!

あと煙の体験もしてみました。

煙体験

テントの近くからは、煙が外へ少し漏れていて甘い香りの煙です。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

黄色いテントの中に煙が充満していてその中を通って向こう側から外へ出るというモノですが、中へ入ると全く見えません。

もし実際にこの様な状況の中で出口を探すのは、無理だなと感じました。

自衛隊

 

焚き出し

途中で焼きそばを頂きそのあとで 防災の講演会をお聞きしました。

焚き出し

災害時に人は、何故逃げないのか!

防災講演会

人間は、自分に取って都合の悪い情報は、無視したり過小評価都合のいい事は、過大評価するという事です。

そして 行動を起こしていない自分を「正当化」しようとするんだそうです。

また宇和島が、大津波で被害を受けても 自衛隊は、宇和島には来れないという事です。

前にもこのブログで書きましたが、ヘリが宇和島まで飛んでも航続距離の問題とか帰りの燃料の補給の問題があるからだそうです。

だから宇和島市民は、行政をあてにせずに自分の命は、自分で守るという気構えで もしもの時の為の準備をしておかなければならないというこでした!

やはり航続距離の長いオスプレーは、災害時には必要不可欠な飛行機ですね。

色々ととても為になる話を聞く事ができまいした。


防災講演会

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク