「政治関係」カテゴリーアーカイブ

ゼレンスキー大統領 の国会演説を聞いて!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ウクライナのゼレンスキー大統領は、3月23日午後6時から日本の国会でオンライン形式で演説し、ウクライナの惨状を訴えました。

「日本はアジアで初めてロシアに圧力をかけた」と述べ、日本の対応を評価したうえで、ロシアに対する制裁の継続を呼びかけました。

 ゼレンスキー氏は2019年のウクライナ大統領選で当選するまでは、コメディアンで政治経験はなく2015年からウクライナで放送されていた、さえない教師がちょっとしたきっかけで大統領にのぼりつめる『国民のしもべ』というドラマで大人気となり、そのまま現実の大統領選に当選してしまったという大統領です。

日本で言ったら そのまんま東が、首相になったという感じですね!

所属する政党名はドラマのタイトルそのままの『国民の僕』で当初は政権運営に難渋していたようですが、ロシアの侵攻を受けてからは、危険を顧みずにキエフにとどまって支援を訴えかける姿勢に対して、日に日に支持が広がっていったようです。

そのゼレンスキー大統領ですが、日本での演説をする前にアメリカでした演説に対して日本ではちょっとした騒動となっていました。

アメリカの議会での演説で『真珠湾攻撃』の事が例えに持ち出されアメリカの9.11テロと同等に扱われた事が、日本では不快に感じた人もありました。

私もアメリカでの演説を聞いていて『真珠湾攻撃』という単語が発せられた時はドキッとしました。

そんなことで日本でのゼレンスキー大統領の演説では、広島・長崎への原爆投下や旧ソ連による満州侵攻、シベリア抑留、北方領土について述べるのかといろいろと憶測が飛び交いまいた。

ゼレンスキー大統領が、アメリカでの演説に対しての日本の反応をリサーチしていればアメリカを刺激するような事は、言わないだろうなと思いました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

実際の演説では、そういった話には、触れず間接的に津波や原発のキーワードを散りばめウクライナの現状を訴えられて、内容としてはソフトな感じの内容に聞こえました。

ゼレンスキー大統領の日本への要求をまとめてみると下記の4つでした。

●対露経済制裁の継続
●国連改革
●復興支援
●安全を保障するためのツール作り

ゼレンスキー大統領も日本の事情がわかっておられるので武器に関しての要求はなく戦争後の復興支援を望んでいるようですね。

そして一番考えなくてはならないのが、国連の常任理事国が持つ拒否権です。

この拒否権を無くさないと今回のように拒否権を持つ国が、戦争を起こした場合国連は何の機能もしません。

なので拒否権が発動されても、他の10カ国以上の賛成で再可決・成立できるよう、議決方法を変更できればと思ったりもします。

そして一番大事なのが、安全を保障するためのツール作りだと思います。

今回の戦争は、台湾侵攻を狙う中国に対して釘を刺せる形での終結が、日本にとって国益になると思います。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北朝鮮が「新型のICBM級ミサイル」を日本のEEZ内に落下させる!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

Facebookのお友達が、「北朝鮮が弾道ミサイル撃ったから相撲中継がとんだ前代未聞 言語断道」とFacebookに投稿し怒りをあらわにされていました!

私は、いつものことだと思い「坂上二郎さんもびっくり!飛びますっ!飛びます」とコメントしてテレビのニュースを見るとなんと日本のEEZ(排他的経済水域)内しかも領海ギリギリの場所に落下させていたことを知りました。

北朝鮮ミサイル

そういえば前回発射したミサイルは、失敗したといっていましたね。

今回は、そのミサイルの再発射だったのでしょうかね?

鬼木防衛副大臣は記者団に対し「3月24日14時33分ごろ、北朝鮮の西岸付近から1発の弾道ミサイルが発射された。71分間飛行し、15時44分頃、北海道渡島半島の西方150キロの日本海、わが国の排他的経済水域に落下したものと推定される。飛行距離は1100キロ、最高高度6000キロを超えると推定される。2017年11月のICBM級火星15号を大きく超える高度で飛翔したことを踏まえれば、今回発射されたものは新型のICBM級であると考えられる」とのことでした。

北朝鮮ミサイル

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

なんと宇宙ステーションの高度の15倍の高さまで打ち上げてるんですね。

そして「今般のような、事態をさらに緊迫化させる弾道ミサイル発射を含め、一連の北朝鮮の行動は、我が国・地域及び国際社会の平和と安全を脅かすものだ」とし、「国際社会がロシアによるウクライナ侵略に対応している中にあっても、国際社会に対する挑発を一方的にエスカレートさせるような発射を強行しており、断じて容認できない。関連する安保理決議に違反し、国際社会に背を向ける行為にほかならず、強く非難する。北朝鮮に対して、大使館ルートを通じて抗議を行った」という事です。

これが、もし領海内に入っていればJアラートが鳴ったようですね。

領海内に落ちることが分かっても迎撃しないのでしょうかね?

やっぱり領土内に落ちてこないと迎撃しないのかなぁ?

もし領土内に落ちてきた北朝鮮のミサイルを迎撃したら、北朝鮮側は宣戦布告と言いそうですね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

橋下徹氏のウクライナに対しての発言に「なぜ?」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

橋下徹氏は、ロシアに侵攻されてるウクライナに対して早く降伏して国民の命を救うべきだという事を言っているのをテレビで聞きました。

そしてウクライナ国民が、生き残っていれば何十年か後に国を取り戻すこともできる的なそんな発言もされていました。

本気でそんな事思っているのかと耳を疑いました。

盗られてしまった領土は、戻ってきません。

日本でいうなら北方領土と そして竹島です。

アメリかから沖縄が、返ってきたのは奇跡です。

なぜ橋下徹氏は、ウクライナに早く降伏を勧めるのかを考えたときに もしかしたら日本の戦後の成功体験からそのような発言をしているんだろうなと思いまいした。

第二次世界大戦で日本は、アメリカによって広島と長崎に原子爆弾を落とされその後、無条件降伏をしました。

もし日本が早く降参していれば原子爆弾も落とされることもなく沢山の命が助かったのにという考えが橋下徹氏にはあるのだと思います。

そしてアメリカのマッカーサー率いるGHQによって日本は占領された経験を経て今に至っています。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

戦後、焦土と化した日本は、ご存じのように経済大国として復活しました。

そのような日本の歴史観から橋下徹氏は、早く降伏をしろという考えに至っているのだろうなと私は想像しました。

ただこれは、アメリカに占領されたから今の日本があるのであって もしソ連に占領されていたら今の日本はあったでしょうか?

ソ連に占領されていたら今の日本とはほど遠い北朝鮮のような日本になっていたかもしれません。

早く降伏すれば戦争で死ぬ人は、無くなるでしょうが、ロシアに全土を占領されたら結局のところ その後ウクライナ国民はひどい目にあう可能性もあるかもしれません。

なので祖国を守ろうとして戦っているウクライナの国民に対して早く降伏をしろというそんな事を 外野である者が軽々しく言うべき事じゃないと私は思います。

そして日本の国益のためにも今回の戦争は、台湾侵攻を狙う中国に対して釘をさせる形での終結を願っています。

ということで日本は、日本のできる範囲でそうなるような協力をするべきだと私は考えます。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国家間の力なき対話は成立しない!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近いろんなテレビで引っ張りだこの日本の軍事評論家の小泉悠さんが、ある番組で「国家間の力なき背景での対話は成立しない!」と言われていました。

私も以前からそうだなぁと思っていました。

もし日本も軍隊を持ち核を持っていたら 北朝鮮との拉致問題の解決も今とは違っていたのではないだろうかとそんな事を思ったりすることがあります。

北朝鮮としたら日本を怒らせても何の脅威も感じないから拉致問題は、北朝鮮の気分しだいですからね。

小泉総理の時は、たまたま北朝鮮が、その気になったことで拉致された人を取り戻すことができたという事ですよね。

そして北方領土問題にしても 日本はロシア側に対してなんのプレッシャーもかけることができませんので ロシア側にいいようにあしらわれてしまうばかりですよね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そして尖閣諸島も中国は、日本に対してなんの軍事的プレシャーが、ないので毎日のように中国海警局に所属する船舶等が嫌がらせのようにやってきています。

それに対して日本は、遺憾砲しか発射することしかできません。

今回のプーチンによるウクライナ侵攻を受けてわかったことは、核を持ってる国とは直接戦争はしないという事です。

日本も領土問題が、ある以上将来の戦争になりうる火種を持っているということです。

今回のウクライナ侵攻が、成功してしまうと今度は、中国が台湾へ侵攻する野心を持ってるので そうならないためにもウクライナには、頑張ってもらい世界もウクライナを応援して そして中国が台湾侵攻を諦めさせられるように釘を刺せる形での決着となって欲しいものです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

制裁でISS落下の恐れ ロシア国営宇宙開発企業

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ロシアのウクライナ侵攻に対する経済制裁を各国が強化する中、ロシアは宇宙開発を人質に取った対抗措置を繰り出しているそうです。

私もロシアがウクライナに侵攻したときに国際宇宙ステーション(ISS)へは、ロシアのロケットを使っていたのでどうするんだろうと心配していました。 

ロシア国営宇宙企業ロスコスモスのドミトリー・ロゴジン総裁は「我々との協力関係を遮断した場合、制御不能な軌道からのISSの降下や、米国領土への落下を誰が防ぐのか」と、脅しとも取れるツイートを投稿してるということです。

日本や米国、ロシアが参加する国際宇宙ステーション(ISS)に向かうロシアの補給船の運用が西側諸国の制裁で阻害されれば、ISSが落下する恐れがあると警告し、制裁の解除を求めているということです。

前澤友作さんは、良い時に国際宇宙ステーション行けましたね。

ISSは米国、ロシア、日本、欧州、カナダの計15カ国で運営されており、現在、米国、ロシア、ドイツの宇宙飛行士計7人が滞在しています。

ISSに滞在している7人の宇宙飛行士も心配でしょうね。

ISSは主にロシアと米国のモジュール(構成パーツ)から成るため、ロシアが協力を拒否する影響は大きいようです。

地上から約400キロ上空を周回するISSの高度維持や姿勢制御は、ロシアが打ち上げるISSへの補給船とロシアのモジュールが担っています。

米国の補給船でも高度を維持し得るという事ですが、米航空宇宙局(NASA)の有人宇宙飛行部門の責任者は「我々だけで運用するのは難しい」とロシアとの協力を続ける姿勢を示しているとか。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

 ロゴジン氏は、欧州宇宙機関が利用するフランス領ギアナのギアナ宇宙センターから技術者を撤退させて、現地でのロケットの打ち上げに支障が出ているということで さらに米国が運用するロケット「アトラスV」に使われているロシア製のエンジンについても納入を停止する方針を示すなど、影響が広がっているそうです。

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地の発射台に設置されたロシア製ロケットでは、作業員が「日の丸」をシートで覆い隠しているとのことです。

日本の他に、アメリカとイギリスの国旗も同様に隠しています。

描かれている国旗は、このロケットで通信衛星を打ち上げる企業の出資者の国籍を示しているといいます。

いずれも、ウクライナ侵攻を批判して、ロシアに経済制裁を発動している国です。

SNSに動画を投稿したロシア国営宇宙機関のロゴジン長官は、次のようにツイッターに投稿しています。

「私たちのロケットは、いくつかの国の旗がなければ、より美しく見えるだろうと判断しました」

ロケットは、当初4日に打ち上げられる予定でしたが、ロゴジン長官は打ち上げを拒否しているということです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク