「お世辞を言う」タグアーカイブ

「おきんたまかき」が「お世辞を言う」という理由?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

宇和島の方言

宇和島の方言でおきんたまかきが、テレビで紹介された事で話題になっていますが、「おきんたまかき」が、何故「お世辞を言う」意味なんでしょか?

宇和島の散歩道のブログで「宇和島の方言」を 紹介していますが、今話題の「おきんたまかき」も以前紹介していました。

その時は、なぜ「おきんたまかき」が、「お世辞を言う」事なのかという事に関して考えてもみませんでした。

そこで ちょっと調べてみたのですが、まったく手がかりがありません。

取り合えず自分なりの仮説を立ててみました。

まず最初は、「おきんたまかき」の言葉を 切分けてその意味を考えてみました。

これを 分けるとしたら「おきんたま」と「かき」で分けることは、誰でも想像がつくと思います。

「おきんたま」の「お」は、丁寧にいう時に付けるので これを除けると「きんたま」となります。

「お」+「きんたま」+「かき」=「おきんたまかき」

ですね。

これに 漢字を当てはめて意味を探ります。

「御」+「金玉」+「き」=「御金玉掻き」

これは、誰でも思いつくと思います。

「御」は、敬語に使います。

「金玉」は、睾丸こうがんをさします。

「掻き」は、かゆい時にく動作です。

これで意味を探ると「御金玉掻き」は、「股間を掻いている」しぐさになります。

スポンサーリンク

この「股間を掻いている」しぐさと「お世辞を言う」事に何か関連性があるでしょうか?

いかがですか? 何か想像できますか?

私は、まったく想像する事ができません!

「掻く」というしぐさで 思いつく事は、「頭を掻く」しぐさですね。

「頭を掻く」しぐさは、「恥ずかしく思ったり」「てれたりした時のしぐさ」です。

「おきんたまかき」という言葉は、この「頭を掻く」しぐさに当てはめて使った方言なのかなとふと思いましたが、やはり「股間を掻いている」しぐさで「お世辞を言う」事には、私の頭の中ではどうして結び付きません。

「お世辞を言う」時のしぐさとして 誰もが思いつくのは、「ゴマを擦っているしぐさ」だと思います。

よく「お世辞を言って媚びへつらう」人を指して 「ゴマを擦る」と言いますね。

この「ゴマを擦る」の語源は、ゴマを擦り鉢の中で擦ると、あちらこちらにくっついてしまいます。
このようにあちらこちらに くっついてしまう様子と、人間関係でベタベタ媚びへつらう様子とが重なって、
「ゴマを擦る」と言われるようになったと言われています。

さてさて 本題に返ります。

「おきんたまかき」から「股間を掻いている」しぐさを導き出しましたが、このしぐさから「お世辞を言う」という意味に繋げるにはどう解釈し想像すればいいのでしょうか?

私は、吉本新喜劇の間寛平はざま かんぺいさんが、股間を掻いた手を 鼻に持って行って「臭っさ~」って言っている場面を想像してしまいました(^^;)a

「おきんたまかき」は、お世辞を言う事を 臭い事を言っているという意味なんでしょかね?

それとも

御金玉おきんたまを 御輿みこしに乗せてかく」という事で「大切なモノを持ち上げる」という事で「お世辞を言う」という意味を表しているんでしょうかね?

これはあくまでも私の仮説でしかありません!

(※宇和島では、かつぐ事を「かく」といいます!)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク