「ウクライナ侵攻」タグアーカイブ

プーチンは、織田信長のような人

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

テレビ朝日政治部の前官邸キャップで、歴代最長となる3000日以上に及んだ安倍政権を取材してきた吉野真太郎デスが、安部元総理に「安倍さん“プーチンさんはどんな人なのか?」と聞いてみたそうだ。

すると「戦国武将みたいな人で織田信長が生きていたら、ああいう感じなんじゃないかな」と言っていたそうだ。

なんかわかるような気がします。

テレビでもプーチンに上げる情報は、良い情報しか上げず悪い情報は、プーチンには上げないそうですね。

それは、「怖くて真実を伝えられないからだ」そうです。

プーチン大統領は、裸の王様となっているようですね。

「裸の王様」とは、高い地位にあって周囲からの批判や反対を受け入れないために、真実が見えなくなっている人のたとえ。を言います。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

こんな状態だとまともな判断もできませんね。

この先どうなるんでしょうね?

こんなんじゃ ウクライナとの停戦交渉も上手くいかないような気もします。

停戦交渉が重ねられているロシアとウクライナですが、日本にできることはないのだろうかと。そこで度々名前が挙がるのが、安倍晋三元総理大臣ですね。

在任中はプーチン大統領と27回もの首脳会談を重ね、互いにファーストネームで呼び合う様子が報じられるなど、両者の間には信頼関係が構築されているといわれてきたからそんな声も上がるんでしょうね。

でも安部元総理は、北方領土問題交渉を進めるためにしていたことですから今回のウクライナ侵攻の件でプーチンに何か言える立場ではないですよね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

地政学リスクを背負ってる日本

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

考えてみれば日本って 問題のある国とばかり接してますよね。

まず中国とは、尖閣問題があります。

ロシアとは、北方領土問題があります。

北朝鮮とは、拉致問題があります。

韓国とは、竹島問題があります。

地政学リスク地図

ロシア、中国、韓国この三カ国は、戦争の火種となりうる領土問題があります。

日本国憲法の前文には、「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼してわれわれの安全と生存を保持しようと決意した。」って書かれていますけど すぐそばにこのような国が、あると信頼できませんよね。

そしてロシア、中国、北朝鮮この三カ国は、核を持っている国です。

そんな国が、近くにあるのに日本は、憲法9条を掲、非核三原則があり専守防衛の自衛隊があるだけで軍隊はもっていません。

敵基地攻撃でさへ 議論しないとならない国ですからね!

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

これでは、抑止力もありませんよね。

最近、知ったのですが、ロシアに侵攻されているウクライナも日本と同じように非核三原則があり専守防衛の国だという事です。

日本と違う点は、軍隊を持ちクリミアが併合されてからまた徴兵制を復活させた点と同盟国を持っていないといという点です。

ウクライナもロシアにクリミアを盗られる前までは、平和ボケの国だったといわれています。

なのでロシア軍が、クリミアに攻めてきたときにウクライナ軍兵士は、ロシア側に寝返ったという経緯もあったようです。

そんな事もあり今回のウクライナ侵攻もプーチンは、早く片が付くと楽観視して侵攻したのかもしれません。

しかしウクライナは、クリミアを併合されてから徴兵制を復活させて軍隊を鍛えなおしたことで プーチンの思惑とは、違う結果となり今もウクライナ軍は、持ちこたえています。

もちろんアメリカの後方支援もありますが、ウクライナの大統領のゼレンスキー大統領は、自分の国は、自分達でを守り抜くという強い意志の元ウクライナ軍兵士の士気も上がってるのだと思います。

今回のロシアによるウクライナ侵攻を見て他国に攻撃されたときは、アメリカに守ってもらえると思ってる日本人に対して「そんな甘い話はない」と警告されてるような気もしました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もし話し合いで北方領土が返還されていたとしたら!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今回ロシアがウクライナ侵攻したことで日本もロシアに対して制裁をすることになりそのためロシアからは、非友好国とされ日本とロシアによる平和条約締結交渉の中断を余儀なくされました。

ここからは、もしもの話になります。

もし話し合いで北方領土が日本に返還されていたとしたらの話です。

日本は、ロシアと北方領土の返還交渉をしていますが、もし返還された場合政府は、今現在北方領土に住んでいるロシア人は、どうする考えなんでしょうね?

そのまま住まわせる考えでしょうか?

なかなか追い出すというわけにもいかないでしょうから住みたい人は、そのまま住んでもいいという事になりそうですね。

そして話し合いで北方領土が返還されてロシア人が、そのまま住むことになっていたとしたら 今のウクライナの現状を見るとプーチンは、北方領土に住んでるロシア民族が虐殺に遭っていると因縁をつけて今のプーチンならロシア人を守るためだとして北方領土に再侵攻してくるのではないかと想像してしまいました。

もしそうなったとしたらアメリカは、どんな対応を取るのでしょうね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

日本は、ウクライナと違いアメリカと同盟関係だから抑止力が働きプーチンは、そんな考えは起こさないでしょうかね?

今回、ロシアがウクライナへ侵攻したことでプーチンは、北方領土を返す気は全然ないなという事が実感できました。

ウクライナは、ロシアにとって緩衝地帯なら北方領土もロシアにとって緩衝地帯になりますからね。

そんな北方領土を返還するわけないですよね。

そしてロシアは法律でも「領土の割譲禁止」が明記されましたから交渉しても北方領土が、返還されることはないでしょうね!

米国務省当局者は3月22日、共同通信の取材に「米政府は北方領土に対する日本の主権を認めている」と述べ米政府は北方領土問題で日本の立場を以前から支持しているとのことです。

そして日本とロシアによる平和条約締結交渉の中断後に当局者が主権認定を明言したのは初めてだという事です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

制裁でISS落下の恐れ ロシア国営宇宙開発企業

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ロシアのウクライナ侵攻に対する経済制裁を各国が強化する中、ロシアは宇宙開発を人質に取った対抗措置を繰り出しているそうです。

私もロシアがウクライナに侵攻したときに国際宇宙ステーション(ISS)へは、ロシアのロケットを使っていたのでどうするんだろうと心配していました。 

ロシア国営宇宙企業ロスコスモスのドミトリー・ロゴジン総裁は「我々との協力関係を遮断した場合、制御不能な軌道からのISSの降下や、米国領土への落下を誰が防ぐのか」と、脅しとも取れるツイートを投稿してるということです。

日本や米国、ロシアが参加する国際宇宙ステーション(ISS)に向かうロシアの補給船の運用が西側諸国の制裁で阻害されれば、ISSが落下する恐れがあると警告し、制裁の解除を求めているということです。

前澤友作さんは、良い時に国際宇宙ステーション行けましたね。

ISSは米国、ロシア、日本、欧州、カナダの計15カ国で運営されており、現在、米国、ロシア、ドイツの宇宙飛行士計7人が滞在しています。

ISSに滞在している7人の宇宙飛行士も心配でしょうね。

ISSは主にロシアと米国のモジュール(構成パーツ)から成るため、ロシアが協力を拒否する影響は大きいようです。

地上から約400キロ上空を周回するISSの高度維持や姿勢制御は、ロシアが打ち上げるISSへの補給船とロシアのモジュールが担っています。

米国の補給船でも高度を維持し得るという事ですが、米航空宇宙局(NASA)の有人宇宙飛行部門の責任者は「我々だけで運用するのは難しい」とロシアとの協力を続ける姿勢を示しているとか。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

 ロゴジン氏は、欧州宇宙機関が利用するフランス領ギアナのギアナ宇宙センターから技術者を撤退させて、現地でのロケットの打ち上げに支障が出ているということで さらに米国が運用するロケット「アトラスV」に使われているロシア製のエンジンについても納入を停止する方針を示すなど、影響が広がっているそうです。

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地の発射台に設置されたロシア製ロケットでは、作業員が「日の丸」をシートで覆い隠しているとのことです。

日本の他に、アメリカとイギリスの国旗も同様に隠しています。

描かれている国旗は、このロケットで通信衛星を打ち上げる企業の出資者の国籍を示しているといいます。

いずれも、ウクライナ侵攻を批判して、ロシアに経済制裁を発動している国です。

SNSに動画を投稿したロシア国営宇宙機関のロゴジン長官は、次のようにツイッターに投稿しています。

「私たちのロケットは、いくつかの国の旗がなければ、より美しく見えるだろうと判断しました」

ロケットは、当初4日に打ち上げられる予定でしたが、ロゴジン長官は打ち上げを拒否しているということです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイデン氏、ウクライナへの米軍派遣「検討する」と言っていたらロシアはどうしただろうか?

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ロシアが、ウクライナに侵攻する前にバイデン大統領が「もしウクライナへ侵攻すれば米軍派遣をする」言っていたらロシアは、ウクライナへの侵攻は、しなかったのだろうか?

とそんな事を考えてしまします。

アメリカとしては、ウクライナと同盟関係ではないしNATO加盟国でもないので米軍を派遣する義務はありません。

但しウクライナが、核を放棄する際に交わしたブタペスト覚書には、アメリカ、イギリス、ロシアは、ウクライナの安全を保障する事が書かれてありました。

なのでウクライナとしたら米軍を派遣してくれるものだと思っていたようです。

この事で 朝鮮戦争の事を思い出しました。

1950年1月12日、アメリカ政府のディーン・アチソン国務長官が、「アメリカが責任を持つ防衛ラインは、フィリピン – 沖縄 – 日本 – アリューシャン列島までである。それ以外の地域は責任を持たない」と発言しました。

台湾、インドシナそして朝鮮半島には言及がありませんでした。

このディーン・アチソン国務長官の発言が、朝鮮戦争を引き起こすきっかけとなりました。

今回のバイデン大統領と同じですね。

これは、台湾や朝鮮半島は地政学上大陸と大洋の境界に位置していることや、長く日本の統治下にあったこともあって、判断が難しい地域でもありまたアチソンは、広く知られる上記の発言のあと「アメリカの安全保障に関するかぎり」(ここでアチソンが台湾と韓国を明らかに考えていた)「これらの地域への軍事的攻撃について何らかの保障ができる者はいない。そのような攻撃が行われた際には、最初は攻撃された人々に頼るしかないのだ。」と続け、彼らが断固として戦うならば国連憲章に基づき国連の裁定に訴えることができるだろうと、最後を曖昧に結んだようです。

中国大陸が共産化しても台湾不介入声明まで出したトルーマン政権の対中政策を観察していた金日成は、朝鮮半島にもこれを当てはめて「アメリカによる西側陣営の南半部(韓国)放棄」を推察したという事です。

これらの状況の変化を受け、1949年3月にソ連を訪問して改めて開戦許可を求めた金日成と朴憲永は、韓国への侵攻をはやり、「南朝鮮には今もアメリカ軍がいます。ソビエトの援助が必要です」と支援を要請します。

しかし、スターリンは「援助はできる。だが今は、用心する必要がある」と慎重な姿勢を見せました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

スターリンは、当時唯一の核保有国だったアメリカとの全面戦争を恐れていました。

しかし、諦めきれない金日成は「もし今、攻撃を行わなければ、私は朝鮮人民の信頼と支持を失うばかりか、祖国統一のチャンスまで逃してしまいます。我が軍は2週間、長くても2か月以内に朝鮮全土を制圧することができます」とソ連に繰り返し支援を要請し続けました。

金日成の要求に応じなかったスターリンでしたが、会談の1年後に態度が豹変し、戦争に前のめりとなるスターリンの電報には「このような大事業には、大がかりな準備が必要だ。助ける用意はできている」とありました。

スターリンが戦争に前のめりとなった理由は、ソ連が1949年8月に原子爆弾の開発に成功し、核保有国となったことで、アメリカに対抗する自信を深めたことが大きかった様です。

もしソ連が、原子爆弾の開発ができていなければ朝鮮戦争は、起こらなったかもしれませんね。

今回のロシアによるウクライナ侵攻で 米国や北大西洋条約機構(NATO)がウクライナに直接介入しない姿勢を表明していることに、日本とウクライナをだぶらせて見ている日本人も多いのではないでしょうか。

もし日本へ核を持った何処かの国から攻撃を受けたらアメリカは、本当に助けてくれるのだろか?

今回のウクライナの様子を見てそういう心配の現われが、核共有論の話となっているのだと思います。

今回のロシアのウクライナ侵攻でわかった事は、核を持ってる国は、核を持っていない国としか戦争をしない!

と言う事ですね!

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク