「カスタムぼかし」タグアーカイブ

YouTube上で「顔のぼかし処理」をする方法!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

YouTubeに動画をアップしてその映像の中に映ってる人の顔をぼかしてアップしたい場合があります。

そんな時にYouTube上でぼかし加工が出来る様になっています。

それも2つの方法が用意されています。

「顔のぼかし処理」と「カスタムぼかし」です。

カスタムぼかし」は、以前紹介しましたので今回は、「顔のぼかし処理」について紹介します。

今年10月に長女の結婚式でギターの弾き語りをしまして その動画をアップする為には、その映像の中に映っているお客様の顔と新郎新婦の顔にぼかし処理をしてアップしなくてはなりませんでした。

そこで今回は、YouTubeの「顔のぼかし処理」を使ってみました。

この顔ぼかし処理は、自動で人の顔を認識して人の顔をピックアップして左側に顔写真をリストアップしてくれます。

その中でぼかしを入れたい人だけを選んでチェックを入れると チェックを入れた人物の顔だけにぼかし処理がされるようになっています。

これは、便利です。

ただ認識してくれない場合もありますので チェックを入れてリプレイして確認して認識してくれなかった人物の顔は、「カスタムぼかし」の方を使って行いました。

しかし「顔のぼかし処理」をしたあとで続けて「カスタムぼかし」処理をして保存しても「カスタムぼかし」でのぼかし処理が反映されていませんでした。

そこで「顔のぼかし処理」した動画をいったんダウンロードしてからまたアップロードしてから「カスタムぼかし」をする事でやっと反映してくれました。

これでやっと「長女の結婚披露宴でのギターの弾き語り」をYouTubeにアップする事が出来ました。

スポンサーリンク

 

「顔のぼかし処理」の手順

1.動画加工ツールをクリックします。

ぼかし処理

2.顔ぼかし処理の編集をクリックします。
ぼかし処理

3.左側に顔のリストが表示されます。

ぼかし処理

4.リストの中からぼかし処理をする顔にチェックを入れ右下の保存ボタンをクリックします。

ぼかし処理

5.そして右上の保存ボタンをクリックして完了です。

ぼかし処理

この様な感じにぼかし処理がされます。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeの動画加工ツールで動く対象に「カスタムぼかし」加工の使い方!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

YouTubeに新しいぼかし機能である「カスタムぼかし」機能が追加されました。

この機能は、動いている対象にぼかし(モザイク)を かける事ができます。

これを使うと対象が、動いていてもぼかしが、動きについていってくれますので動画では便利な機能ですね。

 

では、使い方を説明します。

(1)まずは、動画の管理より編集したい動画の編集ボタをクリックします。

YouTubeぼかし
(2)次に動画加工ツールをクリックします。
YouTubeぼかし

(3)次に「ぼかし」をクリックします。

YouTubeぼかし
(4)次に「カスタムぼかし」の編集をクリックします。

YouTubeぼかし

(5)次に「ぼかし」を入れたい範囲をマウスでドラッグして赤枠で囲みます。

YouTubeぼかし

(6)マウスを離すと囲んだ箇所に「ぼかし」処理が行われます。

スポンサーリンク

YouTubeぼかし

(7)下の「完了」ボタンをクリックします。

YouTubeぼかし

(8)そして「カスタムぼかし」の「適用済み」を確認してその上の「保存」をクリックします。

YouTubeぼかし

(9)次に表示されるメッセージの右下の保存ボタンをクリックします。

YouTubeぼかし

(10)動画が、編集中と表示されますのでこの表示が消えると完了です。

YouTubeぼかし

動いている動画にぼかしがかけられる様になったので これから新しい動画をアップ出来そうです。

こんな感じです!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク