「サトシ・ナカモト」タグアーカイブ

ビットコイン550万円にあと一歩!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日17日は、ビットコインの価格が、約548万円まで上がりました。

なので18日には、550万円になっているかもしれません。

この調子なら600万円に行くかもしれませんね。

そして700万円も夢ではないかも!

最近のビットコインは、ファンダメンタルの影響を受けて上げているような気がします。

昨日のニュースでは、かつて「ビットコインは5万ドルに達することはない」と主張したビットコイン懐疑派のピーター・シフ氏が、いまやビットコインが10万ドルに達する可能性に言及するようになっているというニュースがでていました。

2019年、CNBCでホストを務めるジョー・カーネン氏は、ビットコイン価格が2020年5月までに5万5000ドルに達するだろうと予測していた当時、シフ氏は「ビットコインが5万ドルに達することはない」と反論していました。

けっこう日本人もピーター・シフ氏と同様懐疑派が多いようです。

ビットコインを懐疑的に見ている人は、皆さん同じことを言われます。

「なぜ上がるのかが、わからないしビットコインの価値がわからない! なのでわからないモノには、投資できない!」

私も最初ビットコインを勧められたときに一応自分でビットコインについてネットで調べてみました。

スポンサーリンク

するとビットコインは、ブロックチェーンというシステムで作られているということでした。

生みの親は、サトシ・ナカモトという人で日本人かどうかもわからない匿名の人が、2008年にビットコインの基本原理を書いた論文を発表しピア・ツー・ピアの電子キャッシュとしてビットコインは、ネットワーク分散型決済システムであるということです。

サトシ・ナカモトは、あのWinny開発者「(故)金子勇」氏がビットコイン開発者「サトシナカモト」であるという説もあります。

ここで紹介されてる「ブロックチェーン」という技術が素晴らしい技術で分散型システムでは、世界中の人が監視をしているから不正ができないシステムになっているのでビットコインは、安全な資産になるということでした。

それを踏まえて私が、「ブロックチェーン」を信頼したのは、下記のニュースを見たことで「ブロックチェーン」は、信頼できるシステムなんだなと把握しました。

積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、以下:積水ハウス)と株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、以下:bitFlyer)は共同事業として、ブロックチェーン技術を利用した不動産情報管理システムの構築を開始致します。現在、産業界における次世代プラットフォームとなる可能性のあるブロックチェーン技術の検証が世界中で実施検討されていますが、積水ハウスは、ビットコイン取引所国内最大手でブロックチェーン技術を有する企業であるbitFlyerとの共同事業により、bitFlyerが開発した次世代ブロックチェーンである「miyabi」及びそのスマートコントラクトの仕組みによって日本で初めてとなる不動産情報管理システムの構築を開始します。

積水ハウスのような大企業が、ブロックチェーン技術を利用して不動産情報管理システムの構築するのならブロックチェーン技術は、信頼できる技術でその技術を利用しているビットコインも信頼できるんだなと思ってビットコインの購入を決めました。

そして私にとってのビットコインの価値は、法定通貨に換えられる事です。

ビットコイン

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインの生みの親は日本人?!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

最近ブログのネタにビットコインを 1万円分を購入してからビットコインについて色々と情報を集めています。

ビットコインの生みの親は、Satoshi Nakamoto「サトシ・ナカモト」という人が、ビットコインに関する論文を2008年10月31日に発表しその2か月後に2009/01/03  ビットコインのブロックチェーンの最初のブロックが誕生したようです。

「サトシ・ナカモト」という名前を聞くと日本人の名前を想像しますが、この「サトシ・ナカモト」という人は、どこの誰であるかわからないんだそうです。

ちょっとビットコインの歴史について調べてみました。

2008年10月31日Satoshi Nakamotoビットコインに関する論文を発表

2009/01/03 ビットコインの最初のブロックが誕生(終値 ¥0)

2009/01/12 「サトシ・ナカモト」からソフトウェア開発者であるHal Finneyへ、ビットコインの送信が世界で初めて行われたそうです。(終値 ¥0)

2009/10/05 ビットコインと法定通貨の交換レートが初めて提示されこの時の日本円で1BTC約0.07円で これは、ビットコインの採掘に必要な電気料金から計算して提示された価格なんだそうです。(終値 ¥0.07 )

2009/10/12 初めてのビットコインと法定通貨間の交換は、5,050BTCを5.02ドルで購入したという事です。(終値 ¥0.09)

2010/05/22 そしてビットコインで有名な話が、ピザ2枚(約25ドル)と10,000BTCの交換が行われ、これが実店舗での最初のビットコイン決済の例となりました。(終値 ¥0.2)

2010/07/18 日本で事件となりましたあのMt.Gox社が、ビットコイン取引所サービス開始しました。(終値 ¥7)

2013/03/16 キプロスの金融危機により、キプロス国内の銀行が閉鎖されるなど法定通貨(ユーロ)への信用が低下し、ビットコインの人気が高まりこれにより、一時1BTC266ドルとなり、過去最高の価格となりました。(終値 ¥4,597)

2013/12/04 NHKが初めてビットコインに関する特集を放送し日本の大手放送メディアで最初にビットコインが取り上げられました。(終値 ¥123,100)

スポンサーリンク

2013/12/05 この日ビットコインが史上最高価格となり、日本円-ビットコインの取引で一時127,800円/BTCを記録しました。(終値 ¥110,000)

2013/12/05 最高価格を記録した同日、中国政府が金融機関によるビットコインの取り扱いの一切を禁止することを発表しこれに伴い民間の中国取引所が自主的に一時サービスを中止するなどして、これ以後大きく価格が下落することとなりました。(終値 ¥110,000)

2015/08/01 Mt.Goxの元経営者Mark Karpelesが口座残高を不正に操作した容疑で逮捕されました。後日、業務上横領の容疑で再逮捕されることとなります。(終値 ¥34,603)

2016/03/01 通販事業やレンタル事業等を手掛ける総合サイトDMM.comでビットコイン決済の受付が開始されました。日本国内での大企業のビットコイン決済受付はこれが最初の例となります。(終値 ¥49,602)

2017/01/05 日本円-ビットコインの取引で特に取引が過熱し、円ベースでMt.Gox事件前の最高価格を超える史上最高価格をつけ主要取引所のなかではcoincheckで一時152,900円/BTCを記録することとなりました。(終値 ¥110,986)

2017/03/10 世界的にビットコインの価格が上昇し、日本円ベースでは1月5日の高値は超えなかったものの、ドルベースでこれまでで史上最高価格の約1330ドルをつけました。(終値 ¥145,790)

2017/04/01 ビットコインをはじめとする仮想通貨を日本で初めて法律内で規定した改正資金決済法等が4月1日に施行されました。本法律は主に仮想通貨取引所に対する利用者保護を目的とする規制であり、経過措置として施行日から6ヶ月間の規制適用の猶予期間が設けられることとなります。(終値 ¥121,628)

以上Bitcoin日本語情報サイトを 参考にかいつまんでビットコインの歴史を紹介しました。

歴史を見てると2015/08/01 あのMt.Gox社の事件でビットコインの価格がかなり下がっていますが、また価格が十万円台に戻ってますね。

そして今のビットコインの1BTCの価格は、33万円台になっています。

昨日の23時26分のビットコインの私の総資産額14,555円です。

なんかこの調子で行くと1万円が、2万円になるのではと期待しています(^^)

ビットコイン

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク