「チコちゃんに叱られる」タグアーカイブ

自分の妻の正しい呼び方

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

あなたは、自分の妻をどういう呼び方していますか?

NHKで放送している先週の「チコちゃんに叱られる」が、これをテーマにして放送していました。

私は、ブログに書く時は、「妻」のことを「嫁さん」と書いています。

実は、この「嫁さん」という呼び方は、正しくない事はわかっていました。

この「嫁」というのは、「息子の妻」を指す呼び方なんですが、でも自分の「妻」を指す呼び方として「嫁さん」という言い方が、自分的には一番しっくりしますので あえて「嫁さん」と言う言い方をしています。(家で呼ぶときは「お母さん」と言っていますが!(^^;))

「妻」もいろんな呼び方がありますね。

 

正式な呼び方は、「妻」だという事です。

他には、「嫁」「奥さん」「家内」「カミさん」「女房」とあります。

それらの呼び方にも意味があるようです。

  • 妻……夫(自分)の配偶者
  • 嫁(嫁さん)……息子の妻
  • 奥さん(奥様)……使用人が用いる言葉
  • 家内……家の中で暮らす人、亭主の妻
  • カミさん(上さん)……目上の人をあらわす言葉
  • 女房……妻のこと、朝廷に仕える女官

日本で一番古い呼び方が、「」ということです。

日本最古の歴史書にも「妻」という呼び方の掲載があるということです。

ということで公的文書にはパートナーの事を「妻」で統一しているということです。

スポンサーリンク

そして「」は、冒頭でも紹介したように 「息子の嫁」を指します。

元々「嫁」の言葉の由来は、「息子の元へ嫁いできた良い娘」という意味で「良い女(よいめ)」が、語源だそうです。

女房」は、平安時代の言葉で当時身分の高い貴族は、妻以外に食事や身の回りの世話をする使用人の女性を屋敷に住まわせていましたが、その使用人の女性をさす用語が、「女房」だったという事です。

「女房」= 女 → 女性 房 → 住んでる部屋

意味がわかると これを使うと怒られそう(^^;)

奥さん」のルーツは、「奥方」で室町時代当時身分の高い屋敷の主人は、妻を屋敷の奥へ住まわせていたためその家の使用人は、「奥方」と呼んでいたという事で その「奥方」が、「奥様」そして「奥さん」へ変化していったという事です。

カミさん」は、元々自分より目上の人をあらわす「上さま(かみさま)」が、変化したということです。

家内」は、家の中にいる人を指す言葉だということです。
明治時代になると男は、外で仕事をして女性は、専業主婦として家を守る形ができました。

という事で「妻」を家内と呼ぶようになったということです。

あなたは、「妻」を どんなに呼んでいますか?

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鏡に映った自分があげてる手は 右手?左手?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で 「実際にリンゴを持ってる手と鏡の中の手は逆になってるよね!なんで?」とチコちゃんが、泉谷しげるに振った!が、答えられず「ボーっと生きてんじゃねぇーよ!」と叱られてしまっていました!

鏡に写った自分を見ると、上下は同じだが左右は反対に見える。

あなたは、この原理について考えたことがありますか?

なんとこの答えは、「わからい!」という事がわっかっているという事です。

古代の哲学者であるプラトンも研究を重ねたが、全くわからなかったようです。つまり、2000年以上答えが分かっていない問題であるという事です。

 

これは、頭の良い人ほどわからなくなるんだそうです!

この番組を 家族で見ていて 右手にリンゴを持った女性が、鏡の前に立って鏡の中の女性はリンゴをどちらに持っているかというシーンで 次女が、「右手でしょ!」と答えた!

私と嫁さんは、同時に次女に視線を浴びせました!

嫁さんは、次女に「左でしょ!」と説目していましたが、次女は、「えっ!なんで、なんで」と嫁さんに問い返していました。

スポンサーリンク

番組の担当ディレクターさんが、言うには統計的に3割から4割が右手と回答したという事でした。

という事で次女もその3割から4割に入るようですね。

この現象については、心理学的にも検証できていないということです。

私が考えるには、次女は鏡の中の人は、自分から向かって右にリンゴを持っているという単純な認識なんだと思います!

だから右手という答えになるんでしょうね!

そして左に持っていると答える人は、頭の中で複雑に現実の自分自身を反転させて鏡の中の自分と並べてイメージして考えるから左手という答えになるんだと思います!

こういう説目では駄目なんでしょうか?

このような鏡の現象は、人によって単純に考えるか複雑に考えるかで全く捉え方が変わってしまうということですね。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク