「マイナンバーカード」タグアーカイブ

免許証と連携に加えマイナンバーカードとスマホ 連携検討 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

最近マイナンバーカードのバージョンアップ構想が目白押しですね。

来年3月からは、マイナンバーカードと健康保険証が連携されます。

そんな中マイナンバーカードと運転免許証が連携され更にスマホと連携させるという構想が進められているようです。

もしそうなると運転中に警察に止められて免許証の提示を求められた時にスマホの充電が切れてたらどうなるんだろうと思ってしまいます。

充電ケーブルの携帯も必須になるなりますね。

スポンサーリンク

そして今ガラケーの人は、スマホに買い替えなければならないですね。

そしてみんなスマホ持たなくてはならなくなります。

将来は車に乗る時に 免許証をAIに見せると本人確認されて車が動くようになるんでしょうね。

ついでにクレジットカード機能もついたら 交通違反したら罰金がクレジットカードから払われたりして!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月25日でマイナンバー通知カード廃止!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

マイナンバーカードを持って居る人って 国民全体のたった16%ほどしかまだ持っていないということです。

残りの国民は、紙でできたマイナンバー通知カードのままということです。

そんな中で令和2年5月25日で法律の改正により、マイナンバー通知カード廃止となることが1年前の2019年5月にすでに決定されていました。

なので2019年の5月から2020年5月25日までに マイナンバー通知カードからマイナンバーカードに移行しましょうという期間だったんですね!

それでは、マイナンバー通知カードが廃止されたらどうなるのか?

廃止されると、通知カードの再交付申請及び住所・氏名等券面変更等の手続きができなくなります。

ということで廃止といっても 住所の変更が無い!とか氏名の変更が無い!というこの条件にあてはまらなければ これからも通知カードは使えるという事ですね!

あと新しく生まれた子には、マインバーだけが送られるということです。

あと、マイナンバーカードの申請は引き続き可能です。

スポンサーリンク

通知カード廃止後であっても、通知カードに同封された交付申請書を持っている場合は、スマホやパソコンでマイナンバーカードのオンライン交付申請が可能です。(改姓や転居等で通知カードの記載事項に変更がある場合でも可能です。)

それでは、これからのマイナンバー通知カードのデメリットとしてはどんなことがあるのでしょうか?

住所など変更があった場合は、通知カードをマイナンバーを証明する書類として利用できなくなります。

なので住所が変わればマイナンバーと住所が紐づけられないのでこれを使ったサービスが受けられなくなります。

ということは、今回のような10万円の給付が受けられなくなるという事ですね!

令和2年5月25日以降 もし住所が変わる場合はマイナンバーカードを早く作っておく方が良いですね!

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の法律のせいでマイナンバーカードによるオンライン申請で役所が混乱!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

全国すべての人に一律10万円を配る「特別定額給付金」のマイナンバーカードを使ってのオンライン申請をめぐって市区町村の窓口で混乱が起きているというニュースをみました。

なんとマイナンバーカードでのオンライン申請の処理の方が、郵送で送られてきた申請書の処理より時間がかかるということなんだそうです。

なぜそんな事が起こるのか?

これは、誰も想定していなかったということでマイナンバーカードと国民基本台帳を照らし合わせて確認するという膨大な作業に役所の職員が追われているためだということです。

最初このニュースを聞いたときにどういう事?

と思いました。

マインナンバーカードは、国民基本台帳を基に作られているのに 何の確認がいるのかと疑問に思った次第です。

私は、マインナンバーカードと国民基本台帳が、システムで繋がっていて 機械的に確認できるものだと思っていました。

だからマイナンバーカードを使っている方が役所の作業も早いと思っていました。

それが、なんとマイナンバーカードと国民基本台帳は、システム的に繋がっていなくて その理由は、日本の法律のせいでマイナンバーカードと国民基本台帳を 繋げることができないという事がわかりました。

マイナンバーは、法律的に「社会保障」「税」「災害」にのみ限定されているため今回のウイルスによる給付に関しては、規定がないのでマイナンバーは使わないことになっているという事です。

今回のようなウイルスは、想定してなかったのでという事のようです。

でたー! 想定外!

スポンサーリンク

そのため自治体トップからは、政府は郵送よりオンラインでの申請を推奨しているが、「郵送申請よりかえって手間がかかり、本末転倒だ」との声も上がっているということです。

ということで役所としては、郵送での申請の方が、申請書の処理が早いということです。

このような事情から市役所は、郵送でお願いと言ってるとこもありオンラインでの申請が殺到したら市役所は手が回らなくなってお手上げ状態になるようです!

マイナンバーカードを使っての今のオンライン申請の現状は、1コマ漫画で表すと 自動販売機の中に人が、入っていてお金を入れて貰ったら 人がそのお金を確認して人の手でジュースを出しているような感じですね。

そういえばマイナンバーカードを使って内閣府が運営する「マイナポータル」サイト内にある給付金用の申請ページを通じてオンライン申請したときに、世帯主以外の家族の名前は申請者が直接入力するようになっていました。

私の情報は、入力せずに先に入っていましたので 家族の情報も入っているモノだと思っていましたがそうではありませんでした。

今回の「特別定額給付金」申請で マイナンバーカードもいろいろと問題も出てきているようですが、ネットから申請すれば申請書を各家庭に送ってまた送り返すための送料を使わずにすみますからこれはメリットなんですけど かといってネット申請が集中すると回線が混雑して繋がらないというのも問題ですからどうにかしないといけませんよね!

とにかくマイナンバーカードについては、今回のような非常事態に 国民全員にメリットが発揮できないと意味がないですね。

今回のような混乱が、役所でおきないように法律とシステムを改良しないといけませんね!

マイナンバーが書かれた「通知カード」については、今月5月25日で廃止されるということです。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日13日に「10万円特別定額給付金」が振り込まれました!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日13日に「10万円特別定額給付金」が振り込まれました!

私の場合13日に振り込まれる事がわかっていましたので なんか待ちきれずに まだ銀行が営業していない朝8時30にネットから口座を確認してみました。

こういう時は、ネットバンキングが便利ですね。

わざわざ銀行まで足を運ばなくても家から銀行口座の残高確認ができますからね!

ネットバンキングで口座を確認するともうすでに「ウ ソウムカ」から家族分の「10万円特別定額給付金」が振り込まれました!

早っ!宇和島市、良い仕事してますね(^^)

「ウ ソウムカ」最初見た時は、何?と思いましたが、すぐに想像がつきました。

「ウ ソウムカ」というのは、「宇和島市総務課」の略なんでしょうね。

私の場合マイナンバーカードでの申請開始初日の5月1日に マイナンバーカードを使ってパソコンから10万円の「特別定額給付金」の申請を行いましたから 振り込まれるとしたら振込み予定日の13日に振り込まれるはずですからね。

スポンサーリンク

ネット申請が、終了したあとには、受け付けたというメールも届いていましたしその後何のメールも届かなかったので不備はなかったという事です。

私が「10万円特別定額給付金」のネットからの申請をしたのは、5月1日の13時前くらいにパソコンからオンライン申請をしました。特別定額給付金

時間帯がよかったのか運が良かったのかすんなりとアクセスできて申請することができました。

時間が経つにつれて アクセスが増えてなかなか申請できなかった人もおられたようです。

マイナンバーカードは、e-Taxでのネット申告に必要だったので仕方なく作ったので ネットから申告ができるというだけで他にメリットを感じたことがありませんでしたが、今回はマイナンバーカードを作っていて良かったと思いました。

このマイナンバーカードは、全国的にはまだ15%ほどしか作っている人がいないそうです。

今回の「10万円特別定額給付金」で マイナンバーカードを作る人が、今増えているそうです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

森永卓郎氏の「国民1人に10万円ずつ配れば良い!」発言が本当に!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

3月17日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」で 経済評論家の森永卓郎氏(68)は、新型コロナウイルスの影響で戦後最悪のマイナス成長になる可能性あると問題提起し その対策として森永卓郎氏は、「国民1人1人に10万円ずつ配る。とりあえず一家4人で40万円あれば、ローンとかもどうにかなる。12兆円くらいの予算でできる。
こういうのは細かいヤツを小出しにしてもダメ。ドーンとやらないと」と持論を述べていました。

その発言を聞いて 国民1人に10万円なんてそんな夢みたいな話をと思っていました。

それが、なんと瓢箪から駒みたいにホントに実現してしまいました!

そしてその特別定額給付金10万円が、今日13日に入金されます。

宇和島は、マイナンバーカードを使ってネット申請をした人は、5月13日から10万円を指定口座に入金するようになっています。

特別定額給付金の申請書から申請する場合は、宇和島市は20日から申請書を郵送するそうです。

申請書の配送や振込みの期日は、その市によってバラバラのようですね。

今までマイナンバーカードといったら年に1回ネット申告に使うくらいで他に使う事がありませんでした。

そのネット申告していた事が、今回マイナンバーカードを使ってネットから定額給付金を申請する事もできました。

ネット申告をするためにマイナンバーカード対応のカードリーダーを購入していましたので!

スポンサーリンク

今回初めて マイナンバーカードを作っていて良かったと思いまいました(^^)

そして次は、マイナンバーカードを作っていたら 9月にマイナポイントで最高5千円または、1万円を貰えるかもしれません。

マイナポイントとは、〇〇Payに2万円チャージすることで最高5千円がプラスされるサービスです。

その5千円が、1万円になる話も出ています。

なので今からマイナンバーカードを作られている人は、マイナポイントなら間に合いますね。

マイナポイントを受けるには、7月から予約が必要です。

そしてスマホに〇〇Payをインストールしておく必要があります。

そして来年からは、マインナンバーカードを健康保険証の機能も付けて利用できるようにするという事です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク