「五十肩」タグアーカイブ

五十肩にシップをしてみた!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今日の話に入る前に昨日のブログで帯状疱疹かな?と思いましたが、薬をつけたら湿疹も治ったようで痛みもなくなりましたので病院へは行きませんでした。

取り合えず帯状疱疹じゃなかったみたいなので良かったです。

今日の話は、五十肩についてです。

40歳代から五十肩で50歳代になっても続いています。

今までは、軽い痛みだけでしたが、突発性難聴を治すためのステロイド剤を飲んでから その五十肩の痛みが無くなったので喜んでいましたが、そのステロイド剤も処方されなくなってから また五十肩の痛みが、ぶり返してその痛みがいままでよりも強くなってしまいました。

そこで 昔、母が家庭用高圧電位治療器 コスモドクターを購入していて今は使われなくなっていたコスモドクターを試してみましたが 五十肩の痛みを取る効果はありませんでした。

こうなると今まで五十肩の痛みでシップを使ったことはありませんでしたが、今回初めて使ってみることにしました。

今までは、寝てる時に寝がえりをした時に軽い痛みがあった程度でしたのでシップをするまでもなかったのですが、最近は朝起きると右肩が痛くて 肩を上げるのも大変な状態で それから慣れてくると仕事するまでには、肩もあげられるようになるのですが、最近シップをして寝れば朝楽かなと思うようになり一度シップを試してみることにしました。

昨日嫁さんを迎えに行った帰りにコスモスに寄って五十肩に効くシップを薬剤師に選んで頂きました。

スポンサーリンク

病院でも使われているタイプのシップがあるという事で2つの商品を紹介され一つは、千円台、もう一つは、九百円台の商品でした。その値段の違いは、両方シップの成分は、同じという事で安い方はジェネリックタイプという事で安いという事でした。

成分が、同じなら安い方が良いかなと思っていると薬剤師さんもこだわりが無いようでしたら ジェネリックタイプ でもいいですよと勧められましたので ジェネリックタイプ のシップ「パスタイムZX」を選びました。

パスタイムZX

早速今日風呂上がり寝る前に貼ってみました。

少しするとスーっとしてきて腕を回してもあまり痛みも感じずに回せます。

いつも朝起きると肩が痛いのですが、さて明日の朝起きての肩の具合は如何に?

そして朝の状況ですが、痛みはあるもののその痛みで「あいたたたた」と言いながら肩が、動かしにくいという事はありません。

朝、起きたそうそう腕を動かせますのでシップの方が、効果に即効性がありますね。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビックリ!突発性難聴の薬に思わぬ効果が

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

突発性難聴になってから耳鼻咽喉科から薬を処方されてそれを飲んでいます。

すると ケガの功名というか副産物というか その 突発性難聴の薬に思わぬ効果がありました!

私が、40代の頃から五十肩いや40代なら四十肩というのか 夜寝る時にベットに横になって腕を動かすと肩が痛くてこれが四十肩なのかなと思っていました。

夜寝る時以外は、日常生活や仕事には痛みの影響はなく四十肩、五十肩は、ほっておいたら自然と治ると聞いていましたのでほおって置いたのですが、40歳から50歳になりそして今まで全然治る事なく寝る時には痛みが続いてました。

そして 突発性難聴の薬にドーピング検査に引っかかるというステロイド剤が、入った薬を飲みだしてから気が付くと寝る時に痛かった肩の痛みが無くなったことに気が付きました。

その時に思ったのが、今の飲んでいる薬の影響かなと思いました。

薬ケース

これってステロイド剤の効果なのかなと思いネットでキーワードに「五十肩」「ステロイド剤」で検索してみました。

スポンサーリンク

すると五十肩の治療に 「非ステロイド消炎鎮痛薬ののみ薬」や「貼り薬」などを使い、痛みが強い場合は、患部に「ステロイド薬を注射」しますと紹介されていました。

という事で 五十肩の治療には、「ステロイド剤」が使われているんですね。

私のステロイド剤は飲み薬です。

まだ 突発性難聴 のは、改善しませんが五十肩の痛みが取れ事は、得した気分です(笑)

ただ朝起きて腕を上に上げると痛みがありますので薬を飲んで薬の効果がある時だけの効果かもしれません。

なのでステロイド剤の薬を止めるとまた寝る時にも五十肩の痛みがでてくるのかなという思いもあります。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク