「仮想通貨」タグアーカイブ

仮想通貨リップル希望が出てきました!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

2017年12月31日にXRP(リップル)を200円台の時に10,361円分を購入しました。

リップル

それが、結果高買となってしまいました。

10,361円購入したリップルが、10分の1の価格にまで下がり 私の資産が900円台まで下がってしまいました。

そしてリップルを作ってる会社もリップルは、通貨としてはみとめられなXRPが有価証券として認められれば、規制上の問題からアメリカ国内の暗号資産交換業者で取り扱いができなくなる可能性があるという問題がおこりリップルの存続も危ぶまれる始末です。

なのでもうリップルは、買ったときの価格に戻ることは無いだろうと諦めていました。

スポンサーリンク

すると昨日、コインチェックで私のリップルの資産を見てみると4000円にまでなっていました。

リップルの価格が100円台まで上がっています。

リップル

まだ私がリップルを買ったときの価格までは、戻っていませんがここまで上がるとは思っていませんでしたのでなんか希望がでてきました。

資産が、元に戻ると良いのですがね(^^;)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨リップルも上がり始めた!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

仮想通貨ビットコインは、ブログのネタにパチンコ感覚で購入してみました。

パチンコは、やりませんが!

2017年年末にビットコインがその年の最高価格に達成しましたので その時にビットコインを売って元金を回収して利益分で代わの仮想通貨のリップルを36XRP購入しました。

しかし翌年段々と値を下げなんと購入したリップルの価格が、10分1になり今に至っています。

その仮想通貨のリップルが、昨日から値を上げ始めました。

スポンサーリンク

1000円以下となっていた資産が、1500円になっていました。

ただこれが、購入した価格まで戻るとは、とうてい思えませんが戻って欲しいと願っています。

リップルの上がり方をグラフで見てるととても急な上昇で 急落しそうな感じの上がり方なのが気になりますが、このままリップルもビットコインと同じくステージを上げて行ってくれると良いのですが、どこまで上がるかは想像もつきません!
リップル

まあ利益分で購入しているので0になっても 損はありませんのでその点は、落ち着いて成り行きを見守る事ができます。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年はビットコインは、どこまで上がるのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

今では、ビットコインも騒がれなくなりましたが、ビットコインが、また上昇を始めました。

8月2日(日)午前8時48分には、125万円まで上がっています。

ビットコインを知って購入した2017年には、東京オリンピックの年には、1000万円になると言われていました。

しかし それもはずれましたね。

1000万円には、ほど遠いまだ100万円台です。

本当なら今年東京オリンピックも開催されていたはずでしたが、コロナウイするのせいで東京オリンピックも来年に延期となり来年も開催できるかどうか危ぶまれれいる状況です。

スポンサーリンク

前回ビットコインは、240万円まで上がりましたが、今回はどこまで上がるのでしょうか?

この記事は、昨日8月2日(日)に書いて居ますので8月3日(月)になったら125万円からかなり落ちてるかもしれませんが、今年に入って落ちては上がりという感じで上がっていますので どこまで上がるかが楽しみです。

以前ビットコインを売って 他の仮想通貨のリップルを1万円分購入したのですが、高買いしましてそのリップルが1000円を下回るところまで下がってしまいましたので せめてまた元の1万円に戻るくらいになるまでビットコインに牽引して欲しいものです(^^;)

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨含み益7割溶ける!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ビットコイン

昨日ビットコインのレートを見てビックリ!

なんと1,0642,46円に大暴落です。

去年は、230万円まで値上がりしていたモノが、半分以下です。

そして去年ビットコインから他の仮想通貨リップルに鞍替えしたリップルも 暴落していました!

スポンサーリンク

1万円あった含み益が、3千円台までに利益が溶けてしまってました。

ゾンビの如くまた蘇って欲しいモノです!

ビットコインをはじめこの仮想通貨の暴落は、アジアを中心とする複数国の「規制」に関する情報によるもののようです。

【中国】「中国の人民銀行(PBoC)副総裁パン・ゴンシェン氏が、個人間の取引やOTC提供プラットフォーム、更にはウォレットまで禁止するように政府に要請した」ということが記載されています! 【インドネシア】中銀が「仮想通貨の売買しないように」と注意喚起!【ドイツ】世界規模で規制を行うべき! 【アメリカ】メトロポリタンバンクが仮想通貨関連の送金を停止! 【韓国】韓国では、取引所をや仮想通貨を禁止するというデマ情報が流れて韓国市場が一時パニック状態になりました! 【日本】麻生財務相「何でも規制すればいいとは思わない」

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインに価値が生まれた切っ掛け!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

ビットコインは、2008年10月に、ナカモトサトシ(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文によって、提唱されました。

名前は、いかにも日本人の様な名前ですが、どこの国の人であるかもわかっていないという事です。

今やビットコインは、世界で流通するどこの国の政府も関与していない暗号通貨です。

本来ビットコインそのものにはなんの価値も持たない仮想通貨でしたが、現実世界で初めて使われたのは、2010年5月の事でした。

当時1ビットが1セント以下のレートだった時、Laszlo Hanyeczという名前のプログラマーが2枚のピザを 1万ビットコインで取引を成立させたのが最初でした。

この取引は、ほんのお遊びでの取引だったようですが、今やビットコインは、ビットコインの将来を信じている人達や一攫千金を狙う人達の需要と供給で価格が決まり世界で通用する仮想通貨でありどこの国の政府からの補償も無い自己責任の暗号通貨となりました。

ビットコイン自体が有限で2100万枚しかありませんので金の性質をデジタル化したようなものなので、「デジタルゴールド」とよばれることもあります。

ビットコインは、ブロックチェーンシステムで安全性が保たれ「分散型通貨」でもあり1個のサーバーが潰れたからなくなるお金でもありませんし「暗号通貨」なのでコピーが出来ない技術で作られているのでセキュリティ面もしっかりした暗号通貨でもあります。

英国の調査によると 大企業の56%がこのブロックチェーンの活用を検討いているという信頼性の高いシステムでもあるようです。

スポンサーリンク

今や ビットコインをはじめ いろんな仮想通貨が、仮想通貨取引所で取引されています。

東京オリンピックの年には、1ビットが、1千万円になるという情報もあります。

またそれ以上に値上がりするという情報もあります。

あなたは、信じますか?

信じる信じないは、あなた次第です!

ビットコインをはじめ仮想通貨は、自己責任の通貨でありますから購入される際は、自分でよく調べてから購入して下さい。

仮想通貨

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク