「地政学リスク」タグアーカイブ

地政学リスクを背負ってる日本

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

考えてみれば日本って 問題のある国とばかり接してますよね。

まず中国とは、尖閣問題があります。

ロシアとは、北方領土問題があります。

北朝鮮とは、拉致問題があります。

韓国とは、竹島問題があります。

地政学リスク地図

ロシア、中国、韓国この三カ国は、戦争の火種となりうる領土問題があります。

日本国憲法の前文には、「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼してわれわれの安全と生存を保持しようと決意した。」って書かれていますけど すぐそばにこのような国が、あると信頼できませんよね。

そしてロシア、中国、北朝鮮この三カ国は、核を持っている国です。

そんな国が、近くにあるのに日本は、憲法9条を掲、非核三原則があり専守防衛の自衛隊があるだけで軍隊はもっていません。

敵基地攻撃でさへ 議論しないとならない国ですからね!

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

これでは、抑止力もありませんよね。

最近、知ったのですが、ロシアに侵攻されているウクライナも日本と同じように非核三原則があり専守防衛の国だという事です。

日本と違う点は、軍隊を持ちクリミアが併合されてからまた徴兵制を復活させた点と同盟国を持っていないといという点です。

ウクライナもロシアにクリミアを盗られる前までは、平和ボケの国だったといわれています。

なのでロシア軍が、クリミアに攻めてきたときにウクライナ軍兵士は、ロシア側に寝返ったという経緯もあったようです。

そんな事もあり今回のウクライナ侵攻もプーチンは、早く片が付くと楽観視して侵攻したのかもしれません。

しかしウクライナは、クリミアを併合されてから徴兵制を復活させて軍隊を鍛えなおしたことで プーチンの思惑とは、違う結果となり今もウクライナ軍は、持ちこたえています。

もちろんアメリカの後方支援もありますが、ウクライナの大統領のゼレンスキー大統領は、自分の国は、自分達でを守り抜くという強い意志の元ウクライナ軍兵士の士気も上がってるのだと思います。

今回のロシアによるウクライナ侵攻を見て他国に攻撃されたときは、アメリカに守ってもらえると思ってる日本人に対して「そんな甘い話はない」と警告されてるような気もしました。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク