「大阪万博」タグアーカイブ

「ボクは五才」の映画を観て!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

正月に観ようと3本のDVDを年末にAmazonで購入したうちの一つが、「ボクは五才」でした。

DVDボクは五才 [DVD]

この「ボクは五才」は、小学生の頃に学校から見に行った映画で1970年公開の映画で2本立てでもう1本は、「ママいつまでも生きてね」でした。

1970年といえば大阪万博の年ですね。

なので「ボクは五才」の中でも大阪万博の事がでます。

この「ボクは五才」の映画は、実際にあった事をモチーフに作られた映画だと映画の冒頭でナレーションで紹介さていました。

「ボクは五才」は、高知に住む5歳の園児が、大阪で出稼ぎ中の父に逢うためにたった一人で以前自分が父親と一緒に大阪へ行った時に描いたスケッチを頼りに無銭旅行をする物語です。

小学生の頃に観て覚えていた内容は、お父さんを訪ねて一人で高知から大阪までスケッチをたよりに旅をするという事とテーマ曲を覚えていましたが、映画の内容のシーンは覚えていませんでした。

この映画に出ている俳優さんは、主人公の奥村太郎(5才)に 岡本健、主人公太郎の父役に宇津井健、太郎の祖父役に左卜全、タバコ屋のおばちゃん役にミヤコ蝶々が、出演されていました。

そして監督が、ガメラシリーズを撮られた湯浅憲明監督です。

テレビシリーズでは、東京警備指令 ザ・ガードマン(1965年)おくさまは18歳(1970年)アイアンキング(1972年)GO!GOスカイヤー(1973年)電人ザボーガー(1974年)家なき子(1974年)コメットさん(1978年)などがあります。

スポンサーリンク

この「ボクは五才」は、実際にあったことだということで5才の子が、一人で高知から大阪までよく行けたなと感心します。

映画を観ていると思いだされたシーンがありました。

それは、太郎が夢の中で虹を渡るシーンです。

このシーンは、記憶に残っていたようです。

そしてもう一つ思い出したのが、ペプシコーラの看板が画面いっぱいに映るシーンです。

そして1回しか見てなかった映画なのにこの映画の主題歌をよく覚えていたなと不思議に思っていましたが、あらためてDVDでこの映画を観て理由がわかりました。

この主題歌は、映画の色んな場面で使われていて何回も聞いていたから記憶にこの曲が刷り込まれていたんですね。

そして1970年代の高知や高松や大阪の風景が、映画として残っていますのでこれは貴重ですね。

ボクは五才ボクは五才 [DVD]

この「ボクは五才」は、日本版の「母を訪ねて三千里」と言われた作品です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク