「宇和島市公会堂」タグアーカイブ

宇和島市公会堂建設に巨額の寄附をした大宮庫吉とは!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

大宮庫吉おおみやくらきちってご存じでしょうか?

私と同年代または、上の方ならご存じだと思いますが、

現在の南予文化会館が、建つ前には宇和島市公会堂がありました。

その左隣に宇和島市役所がありました。

宇和島公会堂 大宮ホール
写真提供:まあくんさん(宇和島市公会堂昭和33年11月)

この公会堂は、1957年(昭和32年)に建設されその際に 大宮庫吉おおみやくらきちが巨額の寄附をされていました。

なので公会堂は、市民からは大宮ホールとも呼ばれていましたが、1985年(昭和60年)に閉館しました。

今回は、この大宮庫吉おおみやくらきちという人は、どういう人物だったのかをご紹介します。

生まれは、1886年(明治19年)4月1日、宇和島市内竪新町の井上宇兵衛(卯平)の三男として生まれ、市内丸穂の大宮家の養子となります。

竪新町 名称碑アップ
新町の愛媛銀行宇和島支店宇和島新町出張所前

明治40(1907)年、地元のサツマイモを原料として酒精(アルコール)を製造する目的で福井春水、長瀧嘉三郎、高辻重太郎などの有力者によって北宇和郡八幡村(現・宇和島市)に「日本酒精」が設立されました。

その「日本酒精」の後身会社「日本酒類醸造」は、明治43(1910)年、無臭焼酎(甲類焼酎)に在来の焼酎「粕取焼酎」を混和してわが国初の新式(甲類)焼酎「日の本焼酎」を売り出し、爆発的な売れ行きを記録しました。

そして同時に社名を「日の本焼酎」に改称しました。

この新式焼酎「日の本焼酎」を開発したのが、天才技師・大宮庫吉おおみやくらきちでした。

大宮庫吉の開発した「日の本焼酎」は、味と香りで一世を風靡し、品質・価格とも他社の粕取焼酎を凌駕りょうがして圧倒的な評判を得ました。

その後、社名を「日本酒類醸造」に再度改称します。

しかし、その後の焼酎業界の乱立により経営不振に陥った「日本酒類醸造」は、地元宇和島出身の山下亀三郎に救いを求め、山下の仲介により鈴木商店に買収を持ち込みます。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

大正3(1914)年、九州大里(門司)に「大里酒精製造所」を設立して焼酎事業に進出した鈴木商店としても、「日の本焼酎」の品質を熟知しており工場長・大宮庫吉と共に「日本酒類醸造」を引き受けることになります。

鈴木商店の買収の狙いは、新式焼酎と大宮庫吉本人であったと言われているようです。

「日本酒類醸造」を吸収した「大里酒精製造所」は、えて社名を 「日本酒類醸造」とし、大正6年(1917)本社を鈴木商店下関支店内に置きます。

鈴木商店による買収を快しとしない大宮庫吉は、部下17名と共に日本酒類醸造を離れ、1916年(大正5年)、京都伏見の四方合名会社(後の宝酒造)に招かれて入社します。

1925年(大正14年)、四方合名は株式会社に改組、社名は商標を冠し、たから酒造株式会社となります。

1945年(昭和20年)、大宮庫吉は、社長に就任します。

そして1951年(昭和26年)には、会長に就任し1969年(昭和44年)、宇和島市名誉市民称号を受章します。

1953年(昭和28年)、愛媛県青果連からの要請で「タカラポンジュース」を発売、これが宝酒造が手がけた最初の飲料でありました。

1972年(昭和47年)1月19日、京都の自宅にて逝去しました。

享年86歳でした。

宇和島市内の和霊公園には大宮庫吉の銅像が立てられています。

大宮庫吉

昭和36年11月には和霊神社境内に寿像が建立され、池田勇人が揮ごうしています。

大宮庫吉は、一流の政治家事業家との交際が多く、三笠宮御夫妻が彼の私邸に来ておられ「大宮浩堂翁を偲ぶ」の追悼録には愛知揆一・大平正芳・塩見俊二・塩崎潤・福田赳夫・星野直樹・前尾繁三郎・山際正道その他の名士が執筆しているという事です。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク