「安藤百福」タグアーカイブ

インスタントラーメンの元祖争いは実際にあったんだ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

NHKの朝ドラ「まんぷく」を見られている方ならインスタントラーメンの元祖争いは、ドラマで見られたと思いますが、あのエピソードは、フィクションじゃなくて実際にあった出来事のようです。

ドラマのまんぷくラーメンは、日清食品の創業者の安藤百福氏がモデルとなっていまいます。

実は、安藤百福の他にもインスタントラーメンを作っていた人が居たという事でした。

東名商行の張国文(ちょう・こくぶん)という人です。

張国文 は、日本統治下の台湾で日本国籍を持つ台湾人として生まれ戦前は、歯科技工士として日本に来て戦後は、大阪アベノで中華料理店を作ったそうです。

そして 張国文 は、 中華そばを家庭で簡単に食べられる様にインスタントラーメン味付け乾麺製法を作り「長寿面」として昭和33年(1958年)の春頃に発売しそれと同時に大和通称の陳栄泰が、鶏糸麺を出したそうです。

そのあと数か月後 昭和33年(1958年) 8月25日「まんぷく」のモデルの安藤百福が、「チキンラーメン」を発売したことでインスタントラーメンの3社による元祖争いが起きたという事です。

「まんぷく」のドラマの中でのインスタントラーメンの元祖争いが描かれましたが、その時に安藤百福の役の万平が、元祖を主張する社長に対して「この自信はどこからくるのか?」というセリフを言っています。

この事を知ってるとその自信は、 張国文 もまたインスタントラーメン「長寿麺」を独自に作っていたということだったんですね。

ドラマの中では、まんぷラーメンをスパイして作った事になていましたが、安藤百福が 「長寿麺」 ヒントにしてインスタントラーメンを作ったという話もあるようです。

スポンサーリンク

第1次 南極観測隊に 張国文の作ったインスタントラーメン「長寿麺」を提供していたという事です。

その後 張国文 は、大規模な投資をして工場を拡張する冒険心がなかったので安藤百福は、 張国文 を説得して昭和36年(1961年)に2300万円(約3億円)で味付け乾麺製法を安藤百福に売却したという事です。

これで安藤百福が持っている「即席麺製造法」と 張国文 から購入した「味付け乾麺製造法」2特許を確定させました。

このことで日清食品の安藤百福と 大和通称の陳栄泰が、激しく対立しますが、食糧庁の和解勧告を受け和解します。

こうして 安藤百福は、 日本ラーメン(国際特許管理)特許を設立して特許を1本かし日本ラーメン協会を設立して理事長に就任しました。

そして昭和46年(1971年)にカップヌードルを開発するのだあります。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「まんぷく」の夫・萬平は台湾人だったんだ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


今NHKで放送されている朝ドラの「まんぷく」毎朝欠かさず観ています。

この「まんぷく」は、インスタントラーメン「チキンラーメン」、カップ麺「カップヌードル」の開発者として知られる日清食品(株)創業者の安藤百福あんどう ももふく氏をモデルにしたドラマで その妻・仁子をモデルとするヒロインと実業家の夫・萬平(安藤百福)の夫婦の成功物語です。

「まんぷく」が、放送される以前から日清食品(株)創業者の安藤百福氏の事は、インスタントラーメンの開発者という事はテレビなどを見て知っていました。

それまでは、安藤百福氏を日本人だと思っていましたが、今回ネットの記事を見て日本統治時代に台湾人の両親の元に生まれた台湾出身者である事を知りました。

そこでウィキペディアでも確認してみるとやはり台湾出身であると記載されていました。

そして1966年(昭和41年)に日本国籍を再取得したという事です。

台湾出身だからどうだという事ではなく今まで日本人だと思っていたので「そうだったんだ!」と思っただけです。

朝ドラの「まんぷく」の中でのエピソードなどもウィキペディアを読むと実際に安藤百福氏が、体験された事をドラマ化しているんですね。

ドラマの中で 太平洋戦争開戦後、軍需工場の経営に携わりそのために憲兵の拷問を受けることになったシーンがありましたが、安藤は、国から支給された資材の横流しに気付き憲兵隊に訴えましたが、却って自身が横流しした疑いをかけられ、棍棒で殴られ正座した足の間に竹の棒を挟まれる、といった拷問を受けたという事です。

憲兵隊の中に横流しをしたと思しき者の親戚がいたことが後に判明したと自著の中で書いています。自白を強要されたが調書への署名を拒否し、拷問はエスカレートしていったという事です。まさにドラマでのエピソードと一緒ですね。

スポンサーリンク

安藤は留置場で知り合った人物を通じて知人の元陸軍将校に助けを求め、解放されたが留置生活の影響から深刻な内臓疾患を抱えることになり、後に2度の開腹手術を受けたとウィキペディアで紹介されていました。

朝ドラの「まんぷく」では、萬平(安藤百福あんどう ももふく)は、台湾出身であるという設定にはなっていないようですね。

もし日本が、台湾を統治していなかったら安藤百福氏の運命は、今とは、違うものだったんだろうかなぁ?なんて思ってみました。

安藤百福氏は、能力のある人ですから台湾で台湾人として やはりインスタントラーメンを開発していたんでしょうかね?

そんな事を思うとあの人達の運命も違っていたのだろうかなどと思ってみました。

ロッテの会長重光 武雄しげみつ たけお氏は、日本統治時代の朝鮮出身の在日韓国人一世ですしまた力道山も 日本統治時代の朝鮮人の両親のもとに生まれて日本でプロレスラーとして大活躍しました。
他には、極真会館大山 倍達おおやま ますたつも 日本統治下の朝鮮半島で生まれ朝鮮半島出身の武道家(極真空手)の創始者です。

この人達も もし日本が朝鮮を統治していなかったら違った道を歩んだんでしょうかね?

いずれも能力のある人ばかりですから違う道に進んでも名を残す人となっていたのかもしれませんね。

そんな事を思う今日この頃です。

LINEで送る
Pocket


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク