「尖閣諸島」タグアーカイブ

日本は、アメリカから尖閣の事で「中国を刺激してはならない」と言われてる!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

以前安倍総裁が、選挙のときに言っていた「尖閣に船溜まりを作って公務員を駐在させる」と公言していました。

そして「実現できない事は、言いません!」とまで言っていましたが実現されませんでした。

それは、アメリカ政府が日本政府に中国を刺激するような行動をとらないことを支持している状態が続いているという事なんでしょうね。

アメリカ海軍は、沖縄返還(1972年5月15日)以前より、尖閣諸島の黄尾嶼(こうびしょ)と赤尾嶼(せきびしょ)を射爆撃場に指定し、かつては砲爆撃訓練などに使用していましたが、沖縄返還後は、1978年8月12日に日中平和友好条約が締結されると、アメリカ政府は尖閣諸島での砲爆撃訓練を実施することによって中国側を刺激することを差し控える方針に転換しました。

そして、中国の海洋戦力が飛躍的に強化されてきたのに対抗して、日米海洋戦力の結束をアピールするために、尖閣諸島周辺海域での日米合同軍事訓練を実施すべきであるという声が、米海兵隊や米海軍の対中強硬派から上がっても、アメリカ政府はそのような中国側を刺激する行動を許可することがない状態が続いているようです。

もし日本が、尖閣に船溜まりを作って公務員を駐在させるようなことをすれば、中国は今回のウクライナ侵攻をしたプーチンを見習って核をチラつかせて来るんでしょうね!

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

またアメリカより尖閣の事で「中国を刺激してはならない」と言われてる手前アメリカへの心象も悪くなりますね!

もし日本が、中国に対抗できる軍事力を持っているのならアメリカのご機嫌をうかがう必要はないですけど日本は、アメリカ頼みですからね。

情けないかな核を持った国に喧嘩を売るような事は避けるべきということになりますね。

もし相手から手を出して来たらその時は、降りかかる火の粉は払わなくてはなりませんけどね!

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国家間の力なき対話は成立しない!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

最近いろんなテレビで引っ張りだこの日本の軍事評論家の小泉悠さんが、ある番組で「国家間の力なき背景での対話は成立しない!」と言われていました。

私も以前からそうだなぁと思っていました。

もし日本も軍隊を持ち核を持っていたら 北朝鮮との拉致問題の解決も今とは違っていたのではないだろうかとそんな事を思ったりすることがあります。

北朝鮮としたら日本を怒らせても何の脅威も感じないから拉致問題は、北朝鮮の気分しだいですからね。

小泉総理の時は、たまたま北朝鮮が、その気になったことで拉致された人を取り戻すことができたという事ですよね。

そして北方領土問題にしても 日本はロシア側に対してなんのプレッシャーもかけることができませんので ロシア側にいいようにあしらわれてしまうばかりですよね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そして尖閣諸島も中国は、日本に対してなんの軍事的プレシャーが、ないので毎日のように中国海警局に所属する船舶等が嫌がらせのようにやってきています。

それに対して日本は、遺憾砲しか発射することしかできません。

今回のプーチンによるウクライナ侵攻を受けてわかったことは、核を持ってる国とは直接戦争はしないという事です。

日本も領土問題が、ある以上将来の戦争になりうる火種を持っているということです。

今回のウクライナ侵攻が、成功してしまうと今度は、中国が台湾へ侵攻する野心を持ってるので そうならないためにもウクライナには、頑張ってもらい世界もウクライナを応援して そして中国が台湾侵攻を諦めさせられるように釘を刺せる形での決着となって欲しいものです。

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岸田文雄首相が尖閣諸島「石垣市の上陸申請を認めなかったワケ」

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

岸田文雄首相は12日の衆院代表質問で、沖縄県石垣市が尖閣諸島の字名「登野城」から「登野城尖閣」に変更に伴う行政標柱ぎょうせいひょうちゅう設置のため上陸許可を求めた申請を、政府が不許可としたことに関し「総合的に勘案した結果、上陸を認めないこととしている」と説明したそうです。

岸田文雄首相も首相の立場としては、中国と問題を起こしたくないでしょうからね!

「触らぬ神に祟りなし」とも言いますからね。

でももう祟られていますけどね。

日本国民からすると政府に対して弱腰と言いたくなりますよね。

でも許可して中国が、強硬に出てきた場合、日本は現行の防備で中国からの侵攻を自力で防げるのですか?

という事になりますよね。

もし日本政府が、尖閣諸島の字名変更に伴う行政標柱設置のため上陸許可を求めた申請を、許可したら中国は、黙ってはいないと思います。

今まで以上に日本に対してプレッシャーをかけてくるでしょうね。

日本に中国からのプレッシャーを 跳ね返す力はないという岸田文雄首相は考えたんでしょうね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そりゃそうですよね。日本は、軍隊もないし憲法9条もあるしアメリカ抜きでは、日本は自力で中国に対して対抗できるのか?と考えたら無理っぽいと考えますよね。

中国は日本と違って他国へ侵攻する法整備も軍備も整っていますからね。

アメリカとしても日本から尖閣の事で中国を刺激するような事はするなという事を言われているのかもしれませんしね。

いや絶対に言われてるんでしょうね!

そんな事を考えると岸田文雄首相も許可は出せないという考えになりますよね。

もしこの状況を打開したいのであれば憲法9条を破棄して日本も世界が持つよな普通の軍隊をもち自分の国は自分で守れるようにするんだというように日本国民も腹をくくらないと政府の弱腰は、続くでしょうね!

良い例が、竹島ですね。

竹島は、戦後日本は軍隊を解体され自国を守れない状況のときに竹島は、韓国に奪われてしまいましたから軍隊が、無いという事は、領土を奪われるという良い例となっています。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク