「悠仁親王」タグアーカイブ

新天皇即位後の疑問

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

今年の5月には、平成の天皇陛下が退位され皇位継承順位1位の皇太子徳仁親王こうたいしなるひとしんのう (1960年2月23日(昭和35年)58歳) が新天皇に即位されます。

そして皇太子徳仁親王こうたいしなるひとしんのうが、天皇に即位されることで皇位継承順位が変わります。

天皇は、皇統の男系男子が継承することになっていますので 新天皇陛下の長女愛子内親王あいこないしんのうは継承者とはなれません。

新しい皇位継承順位は、

皇位継承順位 1位は、新天皇の弟の秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのう

(1965年11月30日 (昭和40年) 53歳 )

皇位継承順位 2位は、 秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのう第1男子 悠仁親王 ひさひとしんのう

(2006年9月6日 (平成18年) 12歳 )

この様になるようです。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

そして皇太子が、無くなり 秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのう皇嗣こうしになられるという事です。

そこで疑問があります。

もし今回のように新天皇も30年で生前退位(譲位じょうい)されたとしたら皇位継承順位第1位の秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのうが、次の天皇に即位されることになります。

しかし30年後となると秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのうの年齢は、83歳となられているので現実的では無いような気もします。

果たして高齢を理由に即位を辞退し 皇位継承順位第2位の悠仁親王 ひさひとしんのうに譲ることはできるのでしょうか?

ただそうなると皇太子殿下がされていた仕事は、篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのうが、 されているでしょうから その仕事を経験せずに天皇の地位につかれる事になるので 悠仁親王 ひさひとしんのうも不安を感じられるのではないかと思ったりもします。

それとも篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひとしんのうが、高齢で即位されれば悠仁親王 ひさひとしんのうは、皇太子となられる事になり「皇太子」が復活する事になりますね。

宮内庁や政府は、新天皇即位後の事はどう考えているのでしょうね?

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生前退位と皇太子と悠仁親王!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket


昨日の愛媛新聞に「天皇陛下生前退位特措法先行案が浮上」という記事が掲載されていました。

政府内で天皇の生前退位を巡り、現在の天皇陛下一代に限り認める特別措置法の制定を先行させ、恒久的な退位制度や「女性宮家」創設などを含む皇室典範の抜本改正は、その後に議論する「2段階論」が浮上しているということです。

当初から典範の抜本改正を視野に置けば、皇室制度全般に検討が及んで長期化しかねず、陛下の生前退位を実現する法整備が遅れるとの判断によるものだそうです。

やはりこの問題を 議論してると小田原評定になってしまうので 天皇陛下のお気持ちには直ぐには、添えそうもないという事になるようですね。

そして一番無難な特措法を制定して 皇室典範の付則に陛下一代限りとする趣旨を書き込み、追加する案で決まりそうな気がします。

そして特措法を制定され皇太子が、天皇陛下になられたら 皇太子が、不在という事になるようです。

テレビで言ってましたが、天皇陛下の宮中祭祀では、皇太子も重要な役割があるそうです。

時期皇太子は、どうするんでしょうね。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

悠仁親王ひさひとしんのうを 養子に迎えて皇太子にする事は、できるのでしょうか?

昨日6日は、秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁親王ひさひとしんのうが、10歳の誕生日を迎えられたそうです。

悠仁親王ひさひとしんのうが、成人になられたら多分宮内庁は、悠仁親王ひさひとしんのうの結婚を急ぐんじゃないですかね。

今の皇室典範でいくと将来天皇陛下になられる悠仁親王ひさひとしんのうのお妃になられる方は、物凄いプレッシャーを背負われる事になりますね。

男子が、生まれなければ今まで続いてきた男系天皇が途切れてしまうというプレッシャーが、そのプレッシャーを 軽減できる様にするにはどうすればいいかと言う事も今から考えて上げておかないと 悠仁親王ひさひとしんのうのお妃も雅子さまの様に身体を壊される事もあるのではと心配します。

懐妊も精神面で大きく左右されるでしょうから そういう環境づくりも大切でしょうね。

今まで天皇陛下は、男系で続いていますから 出来るとこまでは、男系で繋いで欲しいと思います。

今までの天皇家の歴史の中では、男系女性天皇もおられたそうですので それも認めても良いと思います。(但し 男系でつなげられる可能性があれば そのお子様は、天皇にはなれないということで)

LINEで送る
Pocket


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク