「Myブーム・独学でピアノに挑戦」タグアーカイブ

自分の目標を人に公言する事で目標達成できた話

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

あなたは、自分の目標を人に公言して何か目標を達成できたという経験はありますか?

人に公言せずとも目標を立てて達成できたという人もいると思います。

これからお話する事は、2003年に私がブログに掲げた目標を読者に公言して目標を達成できたというお話です。

私は、子供の頃からピアノに興味をもっていて最初にピアノが弾けたらいいなと思ったのが、小学6年生の時だったような気がします。

それから中学生になりその思いがだんだんと強くなっていきました。

しかしその反面自分には、ピアノを両手で弾くなんて無理だというあきらめの思いもありましたしうちには、ピアノもなく かと言ってあんな高いモノ親が買ってくれるわけもありませんので最初からあきらめていました。

私が、まだ幼稚園の頃に 母の里に行くとオルガンがあり私は、母の里へ行くたびにそのオルガンのある部屋へ行って オルガンを弾いて遊んでいました。

オルガンを習っていたわけでなかったので 曲なんて弾けませんでしたので ただ音を鳴らして遊んでいるだけでした。

そんな私を見ていた母は、この子はオルガンに興味があるようだからオルガンを習わせようという気には、はならなかったようです。(^^;)

普通の親ならそんな我が子の光景を目にしたら習わせてみようかという気になりそうなものですが私の母は、そうは思わなかったんですね!

私が、小学生の頃のある日我が家にオルガンが届きました。

親は、私のためにではなく妹のために買ったようです。

というか叔父が、ブラザーへ行っていたのでお付き合いで買わされたのかもしれません。

その証拠に従兄の家にも同じオルガンがありましたので!

うちの親は、オルガンを買っても妹にオルガンを習いに行かせるような事はしませんでしたので 私は、2人の妹がそのオルガンを弾いてる姿の記憶はありません。

私が中学生になると周りの友達が、フォークギターを 弾くようになり私もその影響を受けて中学2年生の時にバイトしたお金で2万円のYAMAHAのフォークギターを購入して独学で練習していました。

まあギターというのは、みな独学で練習して弾けるようになっていったと思います。

練習してもFコード(ハイコード)で 挫折してやめる人もいるようですが、私はそれを乗り越え一応 知ってる曲ならコードを見れば弾き語りができるようになっていました。

スポンサーリンク

そこで当時思った事が、ピアノも独学で弾けるようになるのかなと そんな事を思った次第です。

家にあった雑誌の明星や平凡についていた歌本の中に掲載されていたピアノコードを覚えようと試みました。

ギターをやっていたんでコードを覚えればピアノも弾き語りが出来るようになると思ったのです。

この頃ピアノなんて女の子の弾くモノだという考えが、私にはありましたんでオルガンでピアノの曲を練習しているなんて恥ずかしい気持ちがあり友達にも言わずにこっそりと練習していました。

練習はしたもののギターのようにコードを覚える事ができずに中学生のときに途中で挫折してしまいました。

その後、高校生になった時にまた練習をはじめ 中村雅俊の「ふれあい」のソロピアノを オルガンで左手でアルペジオを弾きながら右手でメロディーを弾いて練習していて両手で弾けたときは、たったワンフレーズでしたが両手で弾けた事に感動しました。

またその時も読譜力が無かったので楽譜を読む事に疲れて練習は進まず中途半端のまま高校生でも終わってしまいました。

そして社会人になり 平成元年のときに自分のお金でデジタルピアノを購入してまたピアノの練習を始めましたが、やはり楽譜を読むという事に疲れソロピアノではなく弾き語りを練習するようになりました。

YAMAHAPF1500デジタルピアノ

そして結婚して2人の子供にも恵まれ2003年に「Myブーム・独学でピアノに挑戦」というブログを書きはじめます。

このブログのテーマは、独学でピアノは、弾けるようになるかという事でショパンの夜想曲第2番9の2を選んで練習の様子をブログに書いてアップしていました。

最初は、楽譜にカナを振る作業から始め半年で仕上げようと思っていましたが、この時は途中で挫折することなく最終的には約1年かかってやっと弾けるようになりました。

ブログにピアノの練習の様子を書いてアップしたことで ブログを読んで頂いた読者から沢山の応援メールを頂き励みになり自分の目標を人に公言する事で目標が達成できたたという今日はそんなお話でした。

Myブーム・独学でピアノに挑戦

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私が、YouTubeに最初に動画をアップしたのは2007年3月だった!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

YouTubeは、2005年2月14日に PayPalの従業員であったチャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリム らが、アメリカのカリフォルニア州サンマテオで、YouTubeを設立しました。

その年にアメリカの人気番組がアップロードされて話題になり、その後、映画会社との提携で、映画の予告編が配信されたこともあり、企業や団体もYouTubeを利用するようになってきました。

2006年にはYouTubeの動画を、ホームページやブログに貼りつけることができるようになりYouTubeの存在が多くの人に知られるようになりました。

そしてその年2006年10月にGoogleに買収されました。

2007年3月には、日本国内の利用者が1,000万人を超えたと発表されました。 ( ネットレイティングス社の調査 )

私が、初めて動画をYouTubeにアップしたのもその年の 2007年3月 でした。

私が、YouTubeに動画をアップするきっかけは、ブログで「Myブーム・独学でピアノに挑戦」というブログを書いていました。

そのブログのテーマは、「独学でピアノは、弾けるようになるのか?」という事で 私自身が実際にショパンの夜想曲第2番作品9の2を1年かけて練習して弾けるようになった証を ブログの読者に紹介するためにインターネット上で動画を公開できる便利なツールを探していてYouTubeを知る事になりました。

それまでは、音声だけをアップしていました。

他のブログでも自分の演奏をアップされている人が、いましたが、コメントで「ホントにあなたが、演奏しているのですか?」というような事を書かれている人もいましたので やはり音だけではなく本人が、弾いている映像も必要なんだなと思いました。

当時YouTubeへアップした時のようすを知りたくて 「Myブーム・独学でピアノに挑戦」 の当時2007年3月30日(金)のブログを読み返してみるとYouTubeは、まだ日本語に対応していなかったので翻訳ソフトを使いながら登録したようでした。

そんなこと全然覚えていませんでした(^^;)

ちなみに 日本で本格的に始動したのは、2007年6月からで日本を含めた9カ国語に対応するようになったようです。

私がYouTubeに登録して3ヶ月後に日本語対応になったんですね!

スポンサーリンク

そしてHPのブログに動画をアップするのにサイトの容量が残り少なくなて動画をアップする容量が無いためにYouTubeにアップしている動画を HPに埋め込む形でサイトのわずかな容量維持しながらブログで動画を公開するという手法を取っていたようです。

この事も記憶になかったですね(^^;)

ブログって備忘録になりますね(^^)

当時まだ我が家のインターネット環境は、ISDNでしたので動画の画質をわざと落としてアップしてました。

当時は、そうしないと動画が、重たくて動画を上手う再生する事ができませんでした。

なので今見ると荒い画像となっています。

以前動画のマスタービデオテープを探して再アップロードしてみよと試み探したのですが、そのビデオテープが見つからずもう処分してしまったようです。

ちなみにヒカキンも2007年にYouTubeに初の動画をアップしていたようです。

同じ年に動画をアップしてだいぶな違いですね(^^;)

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

資産ブログと不労所得

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


Amazon

Amazon アソシエイト・プログラムってご存じですか?

知らない!

そしたら アフィリエイトって知っていますか?

たぶんこの単語は、どこかで聞いた事があると思います。

以前テレビでも 主婦が、アフィリエイトで月30万円儲けてるってワイドショーでやってましたしね!

まあこんなに稼げる人ってのは、ほんの一握りの人達なんでしょうけどね!

「Amazon アソシエイト・プログラム」というのは、Amazonがやっているアフィリエイトです。

このAmazon アソシエイト・プログラムというのは、自分のホームページとかブログに Amazonの広告を貼って ホームページやブログを観に来られた人が、その広告から商品を購入すると広告を貼っているホームページとかブログの管理者に 紹介料が、入る仕組になっています。

その紹介料は、こちらが指定した銀行口座に振り込まれるのですが、1ヶ月で最低5000円の金額に達成していないと 来月に持ち越しとなり累計が、最低5000円になると銀行口座に振り込まれます。

ただし振込み手数料は、しっかりと引かれて入金されますが(^^;)

私も2008年頃に Amazon アソシエイト・プログラムというモノがあるという事を知って それに登録して自分の趣味でやっているホームページMyブーム・独学でピアノに挑戦に Amazonの広告を試しに貼ってみました。

2008と言えば 私が、このブログを始めた年でブログを書き始めてから この趣味でやっているMyブーム・独学でピアノに挑戦のホームページの更新が、ストップしてしまいました。

ブログをしながら ホームページの更新は、ちょっとしんどくなったので。(^^;)

スポンサーリンク

Amazon アソシエイト・プログラムを始めたのですからホントは、ここからMyブーム・独学でピアノに挑戦のホームページの更新に力を入れて行かないといけなかったんですけどね。(^^;)

そして 先月久しぶりにAmazon アソシエイト・プログラムから紹介料が、振り込まれていました。

累計で5000円貯まったんですね!

前回振り込まれてからどのくらいになるのか調べてみたら前回は2014年3月30日でした。

という事は、2年6ヶ月ぶりに 5000円を振り込んで頂いた事になります。

5000円稼ぐのに2年半とはね!

まあ全然ホームページも更新していませんからしょうがないですけどね!

これがいわゆる不労所得というやつになるんでしょうか!

考えようによったら銀行金利よりかはマシかな!

小額でもお金を産んでくれるので Myブーム・独学でピアノに挑戦のホームページは、資産ブログいや資産ホームページ!と言えるのかなぁ!

でも2年半で5000円では、そんな事いうのは、おこがましいですね(^^;)a

最初は、このMyブーム・独学でピアノに挑戦のホームページも 一所懸命更新していましたので不労所得ということは、ないんですけど 今は、何も更新してなくても 少しは、訪問者が見てくれているという事なんですね。

次また紹介料が頂けるのは、2年半先かなぁ!(^^;)

また忘れた頃に振り込まれる事を期待して待ってます!

LINEで送る
Pocket


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

My・ブログ/My・ホームページ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


自分のサイトっていくつあるのかちょっと勘定してみました。

まずは、サロンのホームページ「Family Salon セイコウ」でしょう。

Family Salon セイコウ

そして今書いているこのブログ「理容室/Family Salon セイコウから」でしょう。

理容室/Family Salon セイコウから

今年1月1日から始めた「宇和島の散歩道」でしょう。

宇和島の散歩道

旧「Myブーム・独学でピアノに挑戦」を 

旧・独学でピアノに挑戦

スポンサーリンク

WordPressでリニューアルした

新「Myブーム・独学でピアノに挑戦」でしょう。

新・独学でピアノに挑戦

そして家を建て替える様子を日記形式で記録して紹介していたホームページ
積水ハウスのジオ・トリステージで店舗兼住宅建て替え計画

店舗兼住宅建て替え計画

あと父の収集していた鑑賞石を紹介したホームページで OCNサイト今年2月で終了するという事で自分のレンタルサーバーに引越しした

夢石の館」でしょう。

夢石の館

新旧合わせると合計7つのMyサイトがありました。

まあ日々更新してるのは、2つのサイトだけですけどね。(^^;)a

LINEで送る
Pocket


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

趣味のサイトをリニューアル!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


趣味のサイトを WordPressでリニューアルすることにしました。

Myブーム・独学でピアノに挑戦

その趣味のサイトとは、「Myブーム・独学でピアノに挑戦」という2003/01/15に立ち上げたサイトです。

スポンサーリンク

もう今は、まったく更新していませんので休眠サイトとなっていますが、ほんのわずかではありますが、アフィリエイトで 稼いでくれているサイトです。

これが、完成するとWordPressのサイトが、3サイトとなります。

LINEで送る
Pocket


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク