「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」タグアーカイブ

アドセンスから2回目のポリシー違反メールが届いた!

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

先日2021年7月12日朝起きてメールを確認すると「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」という長いタイトルのメールが届いていました。

次は、2021年7月14日の朝起きてメールの確認をするとまた「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」という長いタイトルのメールが届いていました。

AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート

私って アドセンスから目を付けられているの?

って思いました。

そこでまたアドセンスの管理画面にアクセスして「アカウント」の「ポリシーセンター」を確認すると先日と同じく「部分的に影響を受けたサイト 1」となっています。

AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート

しかし先日と違う点は、先日は、要修正が「はい」でしたが、今回は、要修正が「いいえ」となっている点です。

この「いいえ」というのは、どういう意味になるのか?

[修正が必要] 列に「いいえ」と表示されている場合は、Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限コンテンツに該当するコンテンツがサイトに含まれています。このタイプのコンテンツを収益化しても問題はありませんが、一部の広告のソースは入札できなくなるため、広告配信が減る可能性があります。

ということで別に 修正する必要は無いという事です。

とりあえずどのブログのどのページなのかを調べてみました。

【▼記事は、下記に続く】

スポンサーリンク


【▲上記の記事からの続き▼】

すると今あなたが読まれているこのブログの「犬に噛み切られた指がアルミホイルで再生!」の記事でした。

AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート

問題は、「衝撃的なコンテンツ」となっていました。

「衝撃的なコンテンツ」は、次のようなコンテンツでは、広告の供給が制限されます。
陰惨な、生々しい、または不快感を与える記述や画像を含むコンテンツ 暴力行為を描写するコンテンツ

となっていました。

AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート

そこでブログ記事の内容を確認すると「犬に噛み切られた指がアルミホイルで再生!」の記事に載せている治療前と治療後の比較写真で「噛み切られた指」の写真が、原因だと私は思いました。

さてどうしようかな?

いちおうこの案件は、保留にしておきます。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク