「NHK吉田達裕 ディレクター」タグアーカイブ

京アニNHKの取材がなければ事態は変わっていたのかもしれない?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

7月18日午前10時半ごろ 京都市伏見区の京都アニメーションのスタジオで爆発音が起きて火災が発生した放火事件で また昨日1名が亡くなられ死者数が35名となりました。

放火した犯人は、青葉真司容疑者(41) で犯行の動機は、「小説を盗まれたから」という一方的な思い込みで犯行に至ったと 言われています。

青葉真司容疑者 も この火災により重症を負い警察は未だ事情聴取もできる状態ではないという事です。

どうにか 青葉真司容疑者 の容態を 事情聴取 ができる状態にまで回復させてしっかりと事件の真相を明らかにして貰いたいものです。

この犯行の日に不幸な偶然が重なっていたよです。

青葉真司容疑者は、なぜこの日を犯行日に選んだのか?

NHKの取材日は、なぜ犯行日と重なったのか?

京都アニメーション の八田英明社長によると、第1スタジオは普段、専用カードを使って出入りするセキュリティーがとられているが、この日は朝から打ち合わせがあり、来客のためシステムを解除していたという。

NHKの木田幸紀放送局長はこうした経緯を説明し いる。

事件当日の7月18日、NHKは午前11時から京都アニメーション(以下、京アニ)への取材を予定していたという。パラリンピックを題材にしたアニメ『アニ×パラ』を共同で制作しており、関連した取材だった。ただし、事件が発生したのは午前10時半頃であり、NHKのディレクターが到着した時はすでに火災が発生していた。一部ネット上で「取材に向かっていたディレクターと容疑者には面識があった」との情報が広まっていることについて、「一切ない」と否定した。

今回被害を受けた 京都アニメーションのスタジオ は、通常は玄関をロックしていて部外者は、勝手にスタジオに入る事はできないということですが、この日はNHKの取材があるという事でロックを解除していたということです。

そのロックが解除されている玄関に NHK取材班クルーよりも早く 京都アニメーションのスタジオ 内に犯人である 青葉真司容疑者 がガソリンを持って入る事ができ犯行に及んだという事になります。

そのあとでNHKの ディレクター が、 京都アニメーションのスタジオ に訪れると既に火災が起きていて 「 NHKの ディレクターが犯人確保の様子を撮影」 できたという事です。

スポンサーリンク

もしこの日にNHKの取材がなければ玄関もロックされていて 犯人である 青葉真司容疑者 は、 京都アニメーションのスタジオ 内 に入る事ができず その状況でガソリンに火を付けたとしても外部からの放火となり今回の様な悲惨な被害は防げたのではないかと思ったりします。

果たして 犯人である 青葉真司容疑者 は、 京都アニメーションのスタジオ を どのように放火をしようと計画していたのかなと思ってしまいます。

前もって現場を下見をしていたとしたら 京都アニメーションのスタジオ の玄関はロックされて部外者以外入れない事は、わかっていたのではないかと思います。

そのためもしスタジオ内に入ってガソリンを巻こうという計画を立てていたとしたらどうやってロックを解除してスタジオ内に入ろうと考えていたのか?という疑問もわきます。

その日にNHKの取材がある事をどこからか情報を入手していて 玄関のロックが解除されている事を前もって知っていたのでその日のその時間に犯行を決行したのか?

もしそうだとしたらNHKの取材日情報をどこから入手したのか?

またなぜ京アニのスタッフは、スタジオ屋上の出口の扉を開ける事ができなかったのかも疑問です。

このNHKの 京都アニメーションへ の取材日と 青葉真司容疑者 の犯行予定日は、ただの不幸な偶然だったのでしょうか?

もし 青葉真司容疑者 が、NHKの取材情報を掴んでいたとしたらそれは、不幸な偶然ではなく必然だったという事になります。

早く青葉真司容疑者 の口から犯行動機を語って貰いたいと思います。

これは、被害に遭われた方々も同じ気持ちではないでしょうか。

京都アニメーション

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク