「Siri」タグアーカイブ

Siriを使うとiPhoneが、こんなにも便利になる!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

はい、こんにちはセイコウです。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は、iPhoneのSiriの便利機能を紹介します。

iPhoneを使われている人でSiriを利用している人ってどのくらい居るのでしょうか?

私の娘は、使っていないようです。

iPhoneのSiri機能は、とても便利で私はよく使っています。

但し私のiPhoneは、まだ6なんですよね(^^;)

どんなに便利なのかというと秘書のような役目をしてくれます。

Siriに命令をすると普通は、私が手で操作するiPhoneの操作をSiriがしてくれますので操作がめっちゃ早いです。

それでは、まずSiriをまだ使っていない人のためにSiriの初期設定から紹介します。

iPhoneの設定を開きます。

Siri

「Siriと検索」をタップします。

Siri

「ホームボタンを押してSiriを使用」をONにします。

Siri

あとSiriの言語も選ぶことができますしSiriの音声を男性か女性かも選ぶことができます。

私は、日本語で女性の設定にして音声フィードバックは「常に」にしています。

これでホームボタンを長押しするとSiriが使えます。(iPhone6のようにホームボタンのある機種の場合)

ホームボタンの無い場合は、サイドボタンを押して使います。

そして「Hey Siriを聞き取る」をONにしておくとホームボタンを長押しすることなく「Hey Siri」と声をかけるだけでSiriが反応してくれます。

これを使うには、設定で自分の声を2回か3回Siriに覚えさす作業をすれば使えるようになります。

ただし「Hey Siri」は、iPhone6では、電源コードを繋いでいるときでないと使えません。

あとiPhoneのロック中にSiriを「許可する」、「許可しない」の設定が選べます。

但しこれを「許可」していないと「Hey Siri」が使えません。

それでは、Siriはどんな事ができるか?

Siriに「どんな事ができる」と聞いてみて下さい。

どんなことができるか一覧が、表示されてその使いかたの説明も紹介されます。

Siri

では、実際にSiriを使うとどんな使い方ができるのかを紹介します。

アラームの設定ができます。

siriに「明日、6時に起こして」というと明日の6時にアラームをセットしてくれます。手動で設定するより早いです。

Siri

自分の希望する時間を言うとその時間にセットしてくれますので手動でするより早いです。

天気予報を知りたい場合は、「今日の天気は?」または「明日の天気は?」と聞くと天気予報を教えてくれます。

Siri

株をされてる人なら「今日の株価は?」と聞くと最新の日経平均株価の終値を教えてくれます。

Siri

ビットコインをしている人なら「今のビットコインの価格は?」ときくと今現在の価格を教えてくれます。

Siri

為替も「今1ドルは、何円?」と聞くと今のドル円レートを答てくれます。

Siri

電話をかける時は、「○○さんに電話をかけて」というとその相手に電話をかけてくれます。

Siri

但しアドレス帳にその人の電話番号が登録されてる必要があります。

siriに「しなくてはいけない事」を告げるとリマインダーに登録してくれます。

例えば「午後1時からラジオを聴くとリマインドして!」というとリマインドしてくれます。

スポンサーリンク

Siri

 

マップを使った経路検索もできます。

例えば「宇和島JR駅から伊達博物館への道を教えて」と言うとその経路の地図を表示してくれます。

Siri

コースもどのコースを通れば早いかという表示が、3パターン表示されコースごとの所要時間も表示されます。

カレンダーにスケジュール登録もやってくれます。

「カレンダーに予定を入れて」というと「予定の日時はいつですか?」と聞いてくるので時間と予定の名前を言います。

例えば「予定の日時はいつですか?」と聞かれたら

「6月7日の9時から11時まで養老院の散髪」というとカレンダーにそのように予定を入れてくれます。

Siri

 

Siri

飲み会での割り勘の計算もやってくれます。

例えば「32,800円を5人で割るといくらになる?」とsiriに訊くと

「1人あたり6,560円です。」と答えてくれます。

Siri

iPhoneにインストールしてあるアプリの名前を言ってオープンと告げるとちゃんとアプリを開いてくれます。

音楽を聞かせて「この曲は何?」と訊くと曲名を答えてくれます。

Siri

実は、私がピアノでアラベスクを弾いてYouTubeにアップしている曲を聞かせてみました。

 

アルバムに保存している写真を 年月日を言うとその日に撮影した写真を開いてくれることもできます。

2014年1月1日の写真

旅行に行って撮った写真を 開くのに場所を指定するとそこの場所で撮った写真も開いてくれます。

北海道で撮影した写真

また「花」の写真とか「山」の写真を開いてというとそれらの写真を集めて開いてくれます。

花の写真

山の写真

あとiPhoneのメモにタイトルを付けてメモしておくとそのタイトルでメモを開く事もできます。

例えば「メモの買い物リストを開いて」というとメモの買い物リストを開いてくれます。

メモには、先頭の行に「買い物リスト」とタイトルを付けておけば良いです。

Siri

Web検索もしてくれます。

例えば「ブログ、宇和島の散歩道を検索」というと関連リストを表示してくれます。

Siri

とまぁ こんな感じでとても便利な機能でしょう。

最後に家の中でiPhoneをどこかに置き忘れて探す場合ですが、これは、iPhone6では、できないのですが電源コードを繋がなくても「Hey Siri」が、使える機種であれば「Hey Siri どこ?」って言って探すとSiriが、「ここです!」と音声で反応してくれますのでその音声をたよりに探す事ができます。

今日は、Siriの便利な機能についてご紹介しました。

はい、という事で今日のブログは以上となります。

いかがでしたでそしょうか?

もし良かったという方は、「いいね」や「シェア」を宜しくお願いします。

コメントも頂けると嬉しいです。

それでは、バイバイ!

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Siriに曲を聞かせて曲名を訊ねてみたらゾッとする回答が!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

昨日、私のiPhone6のSiriに曲を聞かせて曲名が、答えられるか試してみました。

何年か前もやった事が有りましたが、CDとかで発売されてるような曲でないとSiriは、その曲名がわかりませんでした。

なのでYouTubeで 「歌ってみた」や「演奏してみた」の動画の音楽を聞かせても答えられませんでした。

あれから何年かたってますのでSiriの性能も上がってるのかなと 今回は、私が演奏してYouTubeにアップしている曲を Siriに聴かせて曲名を 答えられるかを試してみました。

まず最初に「ヤマトより愛をこめて」を聞かせてみました。

以前は、沢田研二が歌ってる曲を聞かせたらちゃんと答えられました。

が、今回私が、弾いた「ヤマトより愛をこめて」のイントロ曲では、「わかりません」でした!

次に「あんたのバラード」のイントロを 試してみましたが、これも「わかりません」でした。

次は、私がYouTubeに一番最初にアップした「ショパンの夜想曲作品9の2」を聞かせるとわかったのか画面表示されました。

スポンサーリンク

表示されたのは、良いのですがなんとハングル文字で書かれています。

Siri

ハングル文字の中に英語で「Nocturne ln E Flat Major Op.9-2」と書かれているので曲名は、当たっています。

そしてアーティスト名も ハングル文字で書かれていますので韓国人のピアノストが、弾かれてる「ショパンの夜想曲作品9の2」のようです。

でもなぜSiriは、この韓国人のピアニストの曲を選んだんだろうとちょっとゾッとしました。

なぜゾッとしたかというと 以前私が、弾いたこの「ショパンの夜想曲作品9の2」の動画に対して韓国のレコード協会が、著作権の主張をして来た事がありました。

私は、それに対してこのように異議申し立てをしました。

この動画の演奏は、私が所有するデジタルピアノを使って私自信が「Chopin_ Nocturne Op.9 No.2」を演奏したモノを
私のビデオカメラで撮影して2007/03/29 にYouTubeにアップロードした動画であり その際他人の音源は、一切使用していません。
演奏している曲は、クラシックのショパン曲で既に保護期間が経過していますから著作権の影響は受けないはずです。
既に保護期間が経過している曲を 私自身が演奏していますのでこの動画の著作権は私にあると確信しています。

最終的には、私の言い分が通り韓国のレコード協会は、訴えを取り下げました。

異議申し立て回答メール

こんな事が、ありましたのでちょっとゾッとした訳です。

著作権の申し立てを受けたのは、これで3件目でしたので少しは、異議申し立ての対応はなれていました。

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

siriに英語で話かけiPhone6を操作してみた!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

siriに英語で話かけiPhone6で遊んでみました。

iPhone6のsiriの言語を英語にする設定ですが、iPhone6の「設定」を開き「siriと検索」をタップします。

その中より「言語」を選び「英語(アメリカ合衆国)」を選択します。

そしてその下に「siriの声」の選択もできますので「男性」か「女性」を選択します。

これで siriは、英語で会話が出来る様になります。

ここからsiriに英語で話しかけ iPhone6の操作のお願いをするのですが、私は、英語が全く駄目なので Googleの翻訳アプリの助けを借りてiPhone6で操作したい事を 日本語から英語に変換してもらい変換した英語のスピーカーの音声を聞いて それをマネしてsiriに話しかけます。

まずは、「今の時間」を尋ねてみました。

私:「What time is it now?」

と あまり英語の発音を気にする事なく日本語的に言ってみるとけっこう通じるモノですね。

siri:「It’s 21:28 Good evening」

とsiriから返事が返って来て画面に時間を表示してくれました。

siri

時間を表示してくれるので時間は、すぐにわかりますが画面をみずにsiriの発音だけを聞くとすぐには、時間が理解できず 少し考えないとダメですね。

次は、曜日を訊ねてみました。

私:「What day is it today?」

するとsiriは、

siri:「It’s Monday,February 12,2018.」

スポンサーリンク

と 返事が返ってきました。

siri

「It’s Monday,」は、すぐに月曜日とピンと来ましたが、月日は、考えてしまいます。

何回か聞いてると慣れては来ますが、「2018」の「20」の発音が、何回聞いても聞き取れず「20」が、「チダース」に聞こえ「2018」は、「チダース エイティーン」に聞こえてしまいます。

Googleの翻訳アプリのスピーカーでは、「2018年」は、「トゥエニィ エイティーン」と聞こえるのですがね。

次は、天気を聞いてみました。

私:「How’s the weather tomorrow?」

これも単語を並べる様な言い方でも通じる様です。

siriから返事が、返ってきてもスピーチが、早いので知ってる単語しか聞き取れません!

siri:「Some bad weather coming up tomorrow …down to -4℃ snowing:」

siri

とまあちょっと遊んでみました。

これをしてるとiPhone6のバッテリーの減りが、物凄く早いですね!

iPhone6も上手く使うと英語の勉強の手助けをしてくれるアイテムになりそうですね!

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語を聞き流すだけで英語が習得できるのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

前々から思っていた疑問なんですが、「スピードラーニング」という英語教材で石川遼は、ホントに英語を話せるようになったのか?という疑問です。

石川遼君も愛用のスピードラーニングはCDを聞き流す英会話教材。英会話の習得には 英語特有の音が聞き取れることが大切。単語や文法の暗記も要らない。リスニングを 続けて自然に英語が話せるようになった人が続出中。

テレビコマーシャルでこの様に宣伝していました。

でもホントに聞き流すだけで 英語が話せる様になるものなんでしょうかね?

それならやってみようかなぁという人も居るでしょうね!

私の場合は、話せなくても英語が聞き取れて意味がわかれば良いなぁと思っていました。

洋画が好きなので字幕を見ずに洋画が楽しめられたら良いなぁという思いがありましたので。

だからと言って 英語の勉強をしようという気には、なりませんでしたけどね(^^;)

 

「スピードラーニング」で聞き流すだけで英語が、わかる様になるならこんな良い事はないですよね。

たぶん私が、「スピードラーニング」をしても途中で飽きてしまいやめてしまいそうな気がします。

 

以前ブログ「独学でピアノに挑戦」で「独学でピアノが弾ける様になるか?」というテーマでショパンの夜想曲第2番(ノクターンOp9-2)を1年かけてマスターした事が、有りましたので そのブログの第2弾として「独学で英会話に挑戦」というタイトルで「独学で英会話で話せる様になるか?」を テーマにブログを書いてみようかなと思った時期がありましたが、英語教材代もけっこう高くつくしマスターできる自信もなかったのでお蔵入りさせてしまいました。

もし「スピードラーニング」のように聞き流すだけで英語がわかる様になるなら「スピードラーニング」に頼らずとも今なら動画サイトで英語の勉強の仕方の解説やスピードラーニングの様な動画が、アップされてますからそれらを利用すればマスターできるという事になりますよね。

それらを 参考に色々と自分でアイデアを出して工夫すれば独学でマスター出来そうな気がします。

以前私が考えていたのは、iPhoneを利用する事でした。

iPhoneには、siriという機能が付いています。

siriとは、日本語で話かけると それを理解して返答を返したりiPhoneの操作をしてくれます。

スポンサーリンク

これを利用すれば英語の勉強もできるなと考えていました。

siriの設定を英語設定にすれば 英語で話しかけると英語で返答が返ってきたりiPhoneの操作をしてくれます。もし英語の発音が、悪ければsiriは、理解できず反応してくれない場合もありますので発音の勉強ができます。

iPhoneなら毎日利用するモノですから英語を使ってsiriに命令してiPhoneの操作などをすれば飽きる事無く続けられそうです。

まずやり方としてGoogleの翻訳アプリを使って 英語で話したい事を日本語で入力して それを英語に翻訳し翻訳アプリに英語でスピーチをさせて発音を聞きその発音をマネて英語で siriに話しかければ英会話の練習ができます。

これなら何回でも同じ英文を 繰り返し発音練習ができます。

ただ心配なのが、翻訳された英文の文法が合っているのかが、不安ですけどsiriが、理解できれば有っているという事ですよね!

そこで ためしに実際にsiriに私のつたない英語で話しかけてみました。

「今日は、何曜日ですか?」を Googleの翻訳アプリに入力して英語に翻訳してその英語を 一度Googleの翻訳アプリでスピーチさせてその発音を マネて私が、siriに話しかけます。

siri

すると「おっ!」私の発音が通じた様で siriから今日の曜日と年月日が英語で返ってきました。

しかしsiriから返って来た英語の発音が、聞き取れません!

これを 何回も繰り替えし聞いていたら 聞き取れる様になるんでしょうかね?

聞き取れる様になるには、まずはそのフレーズを自分で話せるようにならないと聞き取れる様になれないそうです。

将来独学で英語がマスター出来そうな方法があれば「独学で英会話に挑戦」というブログを書く日が来るかも!

 

 

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

siriってこんな事もできるんだ!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

iPhoneには、siriという機能があります。

ホームボタンを長押しするとsiriが、起動します。

siriに 話しかけると音声で答えてくれる機能です。

最近 そのsiriの新しい使い方に 気が付きました。

iPhoneを お使いの方は、もう既にご存じの方も居られるかもしれませんが!

それは、iPhone6で撮影した写真の検索方法です。

今までは、目的の写真を探すのに カメラロールを 指で指紋が擦り切れるくらいスクロールさせながら探していましたが、siriにお願いすると簡単に検索できました。

まず日付で検索する事ができます。

「2014年1月1日の写真をオープン」とsiriに お願いすると その日付の写真を表示してくれます。

2014年1月1日の写真

また 写真を撮影した場所で検索する事も出来ます。

スポンサーリンク

「北海道で撮影した写真をオープン」 とsiriに お願いすると その場所で撮影した写真を表示してくれます。

北海道で撮影した写真

あとは、「花の写真をオープン」とか「建物の写真をオープン」とか「山の写真をオープン」とお願いするとそれらの写真を 集めて表示してくれます。

花の写真

建物の写真

山の写真

 

スゴイと思ったのが、siriは、ちゃんと「花」や「山」や「建物」の画像を認識してるという事です。

私は、毎日iPhone6で撮影してますので保存している写真の枚数が、けっこうな枚数となっています。

これから写真を探す時は、siriにお願いすると早く探せそうです。(^^)

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ にほんブログ村 美容ブログ 理容室・床屋へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク