ショパンの【夜想曲op.9-2】に挑戦

【スポンサーリンク】

LINEで送る
Pocket

ショパンの【夜想曲op.9-2】の楽譜は、昔購入していましたのでまずは、音符にカナをふっていく作業から始めました。(読譜力が無いので)

カナをふっているうちに早くも解らない記号【S】が横に寝ていて♭とナチュラルがその記号をサンドイッチしている記号が、出てきました。
エリーゼの為にでも出てきたので弾き方の感じとしては、イメージ出来るんですが、どの音をどの様に弾くのかが解りません。記号の上には、指の番号だけが書かれているだけです。
早速この記号の弾き方を調べてみました。

この【S】を寝かせた記号は、【ターン】という記号で 演奏方法は、2度上の音に行って戻り2度下の音に戻る様に演奏するそうだ。この記号の逆向きの場合は、それの逆の演奏になるとも書いてありました。

そして次に この曲をいつ迄に仕上げるかの目標ですが、最初は、1年でと思っていたのですが、ちょっとプレッシャーを付けるために半年に設定して7月末日としました。

【練習方法の流れ】
●【準 備】
※弾きたい曲の楽譜を用意して楽譜の音符にカナをふっていく。
 (この段間で記号の意味や演奏方法など解らない場合は、それについて  本などで調べる)
※CDなどでその曲を譜面を見ながら聴いてみる。
【ピアノで練習開始】
●【その1】1小節目から5小節目までのメロディーを暗譜して弾く。
   (メロディーの きりがいいところまで上記は、夜想曲op.9-2の場合)
●【その2】その1が、出来たら左手の伴奏を1小節ずつ暗譜して弾く。
        (1小節のみ)
●【その3】その2が、出来たら1小節を右手と左手を合わせて弾く。

●【その4】その3が出来たら次の小節目へと練習を進め【その1】から【その4】までを繰り返し最終小節まで進む。【その3】では、必ず1小節目より弾く様にして最終小節まで練習を進めていく。

実は、【エリーゼの為に】の練習方法もこの方法でした。

さあやるぞと練習を始めたところ デジタルピアノの黒鍵が、2カ所ほど押さえた鍵盤が、戻って来ない箇所を発見。

これでは、駄目なので早速修理に出すことに決めました。
修理から帰る迄は、電子キーボードが、あるのでそれで練習を進めていくことにしました。

まずは、メロディーラインにカナを振っていく作業から入った。
次に 5小節までのメロディーの暗譜の開始だ。
その前に CDで曲を聴いて弾いてみることにした。

なかなかメロディーが、おぼえられない。
弾いていると4年生の長女が、寄ってきて 私にも弾かせてとピアノを子供に占領されてしまった。

スポンサーリンク

子供も カナを振っている楽譜を見て 弾きだした。
子供の方が、おぼえが良いようだ。
やはりピアノを ならいに行っているので 階名もおぼえている。

私の場合は、階名は全くおぼえていない。
指と視覚で覚え込んでいるので 頭から階名を記憶しようとは思っていない。

ようやく5小節までのメロディーをおぼえたので 次に左手の演奏を暗譜する事にした。

昔から 和音の音符を読むのは、嫌いだったが、カナを見て弾く位置を確認していった。
こんなにぴょんぴょん跳びはねているが、弾けるようになるのかなと心配になってきた。

たった1小節なのになかなかおぼえられない。

ようやく1小節をおぼえたので 右手と左手を合わせて見ることにした。
ゆっくり弾くとどうにか弾けるが、最初の3連符を弾いて次の3連符を弾こうとすると次の3連符を忘れてしまっている。

こんな調子で5小節まで練習していった。

◀プロローグへ2003年2月へ▶

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

(独学初心者のための)ピアノ弾き語り編

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。